冬の季語

【冬の季語】待春

【冬の季語=晩冬(1月)】待春

【解説】

日脚が伸びてきて、梅の花もほころびはじめると、まだまだ寒い時期でも、春を待つ心地がじんわりと湧いてきます。それが「待春(たいしゅん)」。

もともとは「春を待つ」という言葉で表されていたものが、漢語的にも表現されるようになった。


【待春(上五)】

待春や会ひに行きたき道の神 村越化石
待春のふくれ崩るゝ波頭 星野椿
待春のぬけ道どれも潮の香 上田日差子
待春のほとりに木々をあつめたる 田中裕明
待春やうどんに絡む卵の黄 杉山久子

【待春(中七)】

祝はるゝこと待春の心あり 高木晴子
バロックといふ待春の死語ひとつ 皆吉司
濡れてより待春の黒土となる 岩岡中正

【待春(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】歌留多会
  2. 【春の季語】愛の日
  3. 【春の季語】春風
  4. 【春の季語】二月尽
  5. 【夏の季語】夏至
  6. 【夏の季語】蓮
  7. 【春の季語】春の塵
  8. 【冬の季語】冬麗

おすすめ記事

  1. 金色の種まき赤児がささやくよ  寺田京子【季語=種蒔(春)】 
  2. 蜆汁神保町の灯が好きで 山崎祐子【季語=蜆汁(春)】
  3. 秋櫻子の足あと【第2回】谷岡健彦
  4. うつとりと人見る奈良の鹿子哉 正岡子規【季語=鹿子(夏)】
  5. 七十や釣瓶落しの離婚沙汰 文挾夫佐恵【季語=釣瓶落し(秋)】
  6. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年12月分】
  7. 【第7回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:篠崎央子さん・飯田冬眞さん)【前編】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第124回】髙坂小太郎
  9. もち古りし夫婦の箸や冷奴 久保田万太郎【季語=冷奴(夏)】
  10. 一瞬にしてみな遺品雲の峰 櫂未知子【季語=雲の峰(夏)】 

Pickup記事

  1. けふあすは誰も死なない真葛原 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】
  2. 松本実穂 第一歌集『黒い光』(角川書店、2020年)
  3. 鶏たちにカンナは見えぬかもしれぬ 渡辺白泉【季語=カンナ(秋)】
  4. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年12月分】
  5. 【冬の季語】師走
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第117回】北村皆雄
  7. 【冬の季語】海鼠/海鼠舟 海鼠突 酢海鼠 海鼠腸
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第112回】伊達浩之
  9. 【春の季語】白椿
  10. 昼の虫手紙はみんな恋に似て 細川加賀【季語=昼の虫(秋)】
PAGE TOP