冬の季語

【冬の季語】クリスマスケーキ

【冬の季語=仲冬(12月)】クリスマスケーキ

【ミニ解説】

「聖菓」ともいう。


【クリスマスケーキ(上五)】
クリスマスケーキのビルが灯つてる 日野草城
クリスマスケーキの薔薇は砂糖です 日野草城
クリスマスケーキこの荷厄介なもの 桂信子
クリスマスケーキ蝋燭の垣をなす 阿波野青畝

【クリスマスケーキ(中七)】
あれを買ひこれを買ひクリスマスケーキ買ふ 三村純也

【クリスマスケーキ(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】息白し
  2. 【春の季語】春節
  3. 【冬の季語】風花
  4. 【夏の季語】ハンカチ
  5. 【夏の季語】滝
  6. 【新年の季語】春七種(春七草)
  7. 【冬の季語】春近し
  8. 【春の季語】復活祭

おすすめ記事

  1. いぬふぐり昔の恋を問はれけり 谷口摩耶【季語=いぬふぐり(春)】
  2. 【冬の季語】湯婆(たんぽ)
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」カオマンガイ
  4. 【夏の季語】蛇
  5. 初場所や昔しこ名に寒玉子 百合山羽公【季語=初場所(冬)】
  6. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年6月分】
  7. 旅いつも雲に抜かれて大花野 岩田奎【季語=大花野(秋)】
  8. 霜柱五分その下の固き土 田尾紅葉子【季語=霜柱(冬)】
  9. 蛇の衣傍にあり憩ひけり 高濱虚子【季語=蛇の衣(夏)】
  10. ビール買ふ紙幣をにぎりて人かぞへ 京極杞陽【季語=ビール(夏)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第46回】小野寺清人
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年5月分】
  3. 霜夜子は泣く父母よりはるかなものを呼び 加藤楸邨【季語=霜夜(冬)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第11回】小島 健
  5. 愛かなしつめたき目玉舐めたれば 榮猿丸【季語=冷たし(冬)】
  6. 婚約とは二人で虹を見る約束 山口優夢【季語=虹(夏)】
  7. 早乙女のもどりは眼鏡掛けてをり 鎌田恭輔【季語=早乙女(夏)】
  8. 花言葉なき一生を水中花 杉阪大和【季語=水中花(夏)】
  9. 主よ人は木の髄を切る寒い朝 成田千空【季語=寒い(冬)】
  10. 貝殻の内側光る秋思かな 山西雅子【季語=秋思(秋)】
PAGE TOP