夏の季語

【夏の季語】夕立

【夏の季語=三夏(5〜7月)】夕立

夏の午後から夕方にかけてよく見られる一時的な大雨のこと。

もともとは、雨に限らず、風・波・雲などが夕方に起こり立つことを「夕立つ」と動詞で表現しており、その名詞形が「夕立」となった。

歴史的仮名遣いでは「ゆふだち」。

また、「夕立かな」、「夕立雲」、「夕立晴」のような場合には、「ゆだち」と3音で読まれる。


【夕立(上五)】
夕立や殺生石のあたりより 正岡子規
夕立が洗つていつた茄子をもぐ 種田山頭火
夕立や野に二筋の水柱 広江八重桜
夕立去るまでを中学生の中 波多野爽波
夕立の気配たちまち音となる 稲畑汀子
夕立にてんやわんやの古き樋 守屋明俊
夕立が来さうで来たり走るなり 西村麒麟

【夕立(中七)】
山羊群れて夕立あとの水ほとり  江川三昧
英彦山の夕立棒の如くなり 野見山朱鳥
朴の葉を打つ夕立のはじめの音 桂信子
さつきから夕立の端にゐるらしき 飯島晴子
風ひんやりと夕立のきつと来る 関谷恭子
はしやぎあひつつ夕立の縁へ逃ぐ 生駒大祐

【夕立(下五)】
雲を吐く三十六峯夕立晴 鈴鹿野風呂
祖母山も傾山も夕立かな 山口青邨
大地いま生み直すごと夕立来る 辻村麻乃
一滴の天王山の夕立かな 大屋達治
すぐ乾くマンハッタンの夕立かな 森田純一郎
おほぞらを剝ぎ落したる夕立かな 櫛部天思
まゐつたと言ひて楽しき夕立かな 相子智恵



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】年忘れ
  2. 【秋の季語】椎茸
  3. 【冬の季語】冬の薔薇
  4. 【春の季語】子猫
  5. 【冬の季語】雪達磨
  6. 【新年の季語】歌留多会
  7. 【夏の季語】涼し
  8. 【新年の季語】松納

おすすめ記事

  1. 横顔は子規に若くなしラフランス 広渡敬雄【季語=ラフランス(秋)】
  2. 鶏鳴の多さよ夏の旅一歩 中村草田男【季語=夏の旅(夏)】
  3. 忘年会みんなで逃がす青い鳥 塩見恵介【季語=忘年会(冬)】
  4. 【夏の季語】汗
  5. 【春の季語】雛飾る
  6. 【夏の季語】蟻地獄/あとずさり 擂鉢虫
  7. 「野崎海芋のたべる歳時記」アボカドと蟹のムース
  8. 昼酒に喉焼く天皇誕生日 石川桂郎【季語=天皇誕生日(春)】
  9. 【秋の季語】虫籠/むしご
  10. 【新年の季語】雑煮

Pickup記事

  1. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年8月分】
  2. めぐりあひやその虹七色七代まで 中村草田男【季語=虹(夏)】
  3. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#16
  4. 【第8回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:青木亮人さん)【前編】
  5. 麻服の鎖骨つめたし摩天楼 岩永佐保【季語=麻服(夏)】
  6. 漕いで漕いで郵便配達夫は蝶に 関根誠子【季語=蝶(春)】
  7. 【春の季語】初桜
  8. 幾千代も散るは美し明日は三越 攝津幸彦
  9. その朝も虹とハモンド・オルガンで 正岡豊
  10. 梅の径用ありげなる人も行く 今井つる女【季語=梅 (春)】
PAGE TOP