夏の季語

【夏の季語】ラベンダー

【夏の季語=三夏(5〜7月)】ラベンダー

鮮やかな紫色の花を咲かせるハーブ。

心地よい香りが魅力で、アロマなどの香料としても用いられる。

原産は、地中海地方、中東、インド。

ラベンダーは「洗う」という意味のラテン語「ラウォー」(lavo)が語源とされ、古代ローマ人やプロヴァンス地方の人々が、洗濯物やお風呂の香りづけとして用いられていたとされる花。


【ラベンダー(上五)】
ラベンダー添へたる妻の置手紙 内堀いっぽ

【ラベンダー(中七)】

【ラベンダー(下五)】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】霞
  2. 【夏の季語】梅雨の月
  3. 【新年の季語】なまはげ
  4. 【冬の季語】一月
  5. 【冬の季語】梅探る
  6. 【夏の季語】ががんぼ/蚊の姥
  7. 【冬の季語】小春
  8. 【冬の季語】短日

おすすめ記事

  1. 犬の仔のすぐにおとなや草の花 広渡敬雄【季語=草の花(秋)】
  2. 【#38】山口誓子「汽罐車」連作の学術研究とモンタージュ映画
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第58回】守屋明俊
  4. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年2月分】
  5. 【冬の季語】鯛焼
  6. ヨコハマへリバプールから渡り鳥 上野犀行【季語=渡り鳥(秋)】
  7. 【冬の季語】南天の実
  8. 【秋の季語】秋の蛇
  9. 【夏の季語】昼寝
  10. 駅蕎麦の旨くなりゆく秋の風 大牧広【季語=秋の風(秋)】

Pickup記事

  1. 大氷柱折りドンペリを冷やしをり 木暮陶句郎【季語=氷柱(冬)】
  2. 雀来て紅梅はまだこどもの木 成田千空【季語=紅梅(春)】
  3. 【連載】歳時記のトリセツ(6)/岡田由季さん
  4. 橡の実のつぶて颪や豊前坊 杉田久女【季語=橡の実(秋)】
  5. 地吹雪や蝦夷はからくれなゐの島 櫂未知子【季語=地吹雪(冬)】 
  6. 海くれて鴨のこゑほのかに白し 芭蕉【季語=鴨(冬)】
  7. 【夏の季語】雲の峰
  8. 黒鯛のけむれる方へ漕ぎ出づる 宇多喜代子【季語=黒鯛(夏)】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第53回】しなだしん
  10. 消すまじき育つるまじき火は埋む 京極杞陽【季語=埋火(冬)】
PAGE TOP