冬の季語

【冬の季語】節分会

【冬の季語=晩冬(2月)】節分会

寺などで行われる大々的な「節分」行事を「節分会」という。


【節分会(上五)】
節分会今大般若経転読 上村占魚

【節分会(中七)】

【節分会(下五)】
闇の山奥に拡がる節分会 右城暮石
青空に堂扉を開けて節分会 皆川盤水
金星の正しきひかり節分会 星野麥丘人
西空の紅の褪せゆき節分会 鷹羽狩行
伸べし手の闇に吸はるる節分会 大石悦子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】猫の子
  2. 【冬の季語】小寒
  3. 【冬の季語】クリスマス
  4. 【春の季語】春月
  5. 【新年の季語】松の内
  6. 【冬の季語】聖夜劇
  7. 【冬の季語】寒卵(寒玉子)
  8. 【冬の季語】雪掻く

おすすめ記事

  1. 新綠を描くみどりをまぜてゐる 加倉井秋を【季語=新綠(夏)】
  2. 寝そべつてゐる分高し秋の空 若杉朋哉【季語=秋の空(秋)】
  3. 朝貌や惚れた女も二三日 夏目漱石【季語=朝貌(秋)】
  4. 「十六夜ネ」といった女と別れけり 永六輔【季語=十六夜(秋)】
  5. 旗のごとなびく冬日をふと見たり 高浜虚子【季語=冬日(冬)】
  6. 【春の季語】啓蟄
  7. 結婚は夢の続きやひな祭り 夏目雅子【季語=雛祭(春)】
  8. 【冬の季語】毛糸玉
  9. 【夏の季語】向日葵
  10. 蓮根や泪を横にこぼしあひ 飯島晴子【季語=蓮根(冬)】

Pickup記事

  1. 【#36】ベトナムの5 dong ke(ナム・ヨン・ケー)と出会った時の話
  2. いつまでもからだふるへる菜の花よ 田中裕明【季語=菜の花(春)】 
  3. マフラーの長きが散らす宇宙塵 佐怒賀正美【季語=マフラー(冬)】
  4. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【4】/津田卓(「銀漢」同人・「雛句会」幹事)
  5. 麦からを焼く火にひたと夜は来ぬ 長谷川素逝【季語=麦からを焼く?】
  6. 香水や時折キッとなる婦人 京極杞陽【季語=香水(夏)】
  7. あれは伊予こちらは備後春の風 武田物外【季語=春の風(春)】
  8. 【冬の季語】蕪
  9. 「野崎海芋のたべる歳時記」蒸し鶏の胡麻酢和え
  10. 【夏の季語】桐の花
PAGE TOP