季語・歳時記

【春の季語】蟻穴を出づ

【春の季語=仲春(3月)蟻穴を出づ

啓蟄」のころに地中に籠っていた「」たちが、巣穴から出てくること。

長い音数の季語であるため、わりあい自由なかたちで用いられることが多い。

地虫穴を出づ」や「地虫出づ」と虫を特定しない場合もある。


【蟻穴を出づ(上五)】
蟻出るやごうごうと鳴る穴の中 村上鬼城
蟻穴を出でておどろきやすきかな 山口誓子
蟻穴を出づる尻のみな傷み 皆吉爽雨
蟻穴を出でておもひおもひの道撰ぶ 福永耕二
穴出でて帰らぬ蟻もありしとふ 能村研三
穴出でし蟻大仏の膝登る 本玉秀夫
蟻穴を出て供物のにほふ處かな 中原道夫
蟻穴を出づひとつぶの影を得て 津川絵理子

【蟻穴を出づ(中七)】

【蟻穴を出づ(下五)】


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】時雨
  2. 【冬の季語】室咲
  3. 【新年の季語】宝船
  4. 【春の季語】流氷
  5. 【春の季語】春風
  6. 【新年の季語】歌留多会
  7. 【秋の季語】秋の風
  8. 【夏の季語】涼しさ

おすすめ記事

  1. オリヲンの真下春立つ雪の宿 前田普羅【季語=春立つ(春)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第43回】 淋代海岸と山口青邨
  3. くらき瀧茅の輪の奥に落ちにけり 田中裕明【季語=茅の輪(夏)】
  4. 【冬の季語】毛糸玉
  5. 絵葉書の消印は流氷の町 大串章【季語=流氷(春)】
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第35回】英彦山と杉田久女
  7. 【秋の季語】露草/月草 ほたる草 ばうし花
  8. 卓に組む十指もの言ふ夜の秋 岡本眸【季語=夜の秋(夏)】
  9. プラタナス夜もみどりなる夏は来ぬ 石田波郷【季語=夏来る(夏)】
  10. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#02】猫を撮り始めたことについて

Pickup記事

  1. 田螺容れるほどに洗面器が古りし 加倉井秋を【季語=田螺(春)】
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」鰆のエスカルゴバター焼き
  3. 夢に夢見て蒲団の外に出す腕よ 桑原三郎【季語=蒲団(冬)】
  4. むかし吾を縛りし男の子凌霄花 中村苑子【季語=凌霄花(夏)】
  5. 米国のへそのあたりの去年今年 内村恭子【季語=去年今年(冬)】
  6. 秋鯖や上司罵るために酔ふ 草間時彦【季語=秋鯖(秋)】
  7. 直立の八月またも来りけり 小島健【季語=八月(秋)】
  8. 行秋や音たてて雨見えて雨 成瀬正俊【季語=行秋(秋)】
  9. 鶏たちにカンナは見えぬかもしれぬ 渡辺白泉【季語=カンナ(秋)】
  10. 【新年の季語】左義長
PAGE TOP