季語・歳時記

【春の季語】蟻穴を出づ

【春の季語=仲春(3月)蟻穴を出づ

啓蟄」のころに地中に籠っていた「」たちが、巣穴から出てくること。

長い音数の季語であるため、わりあい自由なかたちで用いられることが多い。

地虫穴を出づ」や「地虫出づ」と虫を特定しない場合もある。


【蟻穴を出づ(上五)】
蟻出るやごうごうと鳴る穴の中 村上鬼城
蟻穴を出でておどろきやすきかな 山口誓子
蟻穴を出づる尻のみな傷み 皆吉爽雨
蟻穴を出でておもひおもひの道撰ぶ 福永耕二
穴出でて帰らぬ蟻もありしとふ 能村研三
穴出でし蟻大仏の膝登る 本玉秀夫
蟻穴を出て供物のにほふ處かな 中原道夫
蟻穴を出づひとつぶの影を得て 津川絵理子

【蟻穴を出づ(中七)】

【蟻穴を出づ(下五)】


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】クリスマスケーキ
  2. 【春の季語】うららか
  3. 【秋の季語】秋草
  4. 【秋の季語】秋薔薇
  5. 【夏の季語】万緑
  6. 【春の季語】春惜む(春惜しむ)
  7. 【春の季語】芹
  8. 【春の季語】蜷

おすすめ記事

  1. 【春の季語】杉の花
  2. 【新年の季語】宝船
  3. 【書評】仙田洋子 第4句集『はばたき』(角川書店、2019年)
  4. 霜柱五分その下の固き土 田尾紅葉子【季語=霜柱(冬)】
  5. 馬鈴薯の一生分が土の上 西村麒麟【季語=馬鈴薯(秋)】
  6. 秋海棠西瓜の色に咲にけり 松尾芭蕉【季語=秋海棠(秋)】
  7. 弟へ恋と湯婆ゆづります 攝津幸彦【季語=湯婆(冬)】
  8. 【新年の季語】元旦
  9. 【夏の季語】海の家
  10. 【夏の季語】サイダー

Pickup記事

  1. 麺麭摂るや夏めく卓の花蔬菜 飯田蛇笏【季語=夏めく(夏)】
  2. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#06】落語と猫と
  3. 甘き花呑みて緋鯉となりしかな 坊城俊樹【季語=緋鯉(夏)】
  4. 夏山に勅封の大扉あり 宇佐美魚目【季語=夏山(夏)】
  5. 秋思かがやくストローを嚙みながら 小川楓子【季語=秋思(秋)】
  6. 【冬の季語】冬薔薇
  7. 春は曙そろそろ帰つてくれないか 櫂未知子【季語=春(春)】
  8. 新道をきつねの風がすすんでゐる 飯島晴子【季語=狐(冬)】
  9. 【冬の季語】毛糸編む
  10. 【連載】俳人のホンダナ!#5 渡部有紀子
PAGE TOP