季語・歳時記

【夏の季語】ががんぼ/蚊の姥

【解説】蚊に似ているが、蚊よりも大きく、手脚が長い。それほど速く飛ぶわけでもなく、死骸はつつけばバラバラになってしまうほど貧弱。一般的には「大蚊」という漢字を当てるが、俳句では、ひらがな表記が一般的。「蚊の姥(うば)」と呼ぶことも。

【関連季語】蚊、蚊遣火、蝙蝠など。

【ががんぼ】
障子打つががんぼにさへ旅心      高濱虚子
ががんぼの意志の脚まで伝はらず    後藤比奈夫
ががんぼの脚の揃つてゐる不安     後藤比奈夫
ががんぼ打つ影のいのちのまた来るを  野澤節子
寺にゐてががんぼとすぐ仲良しに    波多野爽波
神々に絶えず呼ばれてががんぼは    藤田湘子
ががんぼを厨に残しフランスへ     塩谷康子
ががんぼの気持ちを百字で述べなさい  静 誠司
ががんぼのぶつかりさうな中華鍋    西村麒麟

【蚊の姥】
蚊の姥の名こそよけれと見おくりぬ   飯島晴子
蚊の姥の竹生島より来りしか     星野麥丘人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】日短
  2. 【冬の季語】雪掻く
  3. 【新年の季語】歌留多会
  4. 【春の季語】復活祭
  5. 【夏の季語】玉虫
  6. 【冬の季語】枯芝
  7. 【冬の季語】日向ぼこ
  8. 【春の季語】鳥の妻恋

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第50回】望月周
  2. 河よりもときどき深く月浴びる 森央ミモザ【季語=月(秋)】
  3. 【連載】歳時記のトリセツ(6)/岡田由季さん
  4. 【冬の季語】日脚伸ぶ
  5. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#9
  6. 【秋の季語】小鳥来る
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第52回】 新宿と福永耕二
  8. 春風にこぼれて赤し歯磨粉 正岡子規【季語=春風(春)】
  9. 【秋の季語】迎鐘/六道参 精霊迎
  10. 椿咲くたびに逢いたくなっちゃだめ 池田澄子【季語=椿(春)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第77回】小沢麻結
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【6月18日配信分】
  3. 【冬の季語】雪達磨
  4. きつかけはハンカチ借りしだけのこと 須佐薫子【季語=ハンカチ(夏)】
  5. 後輩のデートに出会ふ四月馬鹿 杉原祐之【季語=四月馬鹿(春)】
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外―4】 奥武蔵・山毛欅峠と石田波郷
  7. 行く涼し谷の向うの人も行く   原石鼎【季語=涼し(夏)】
  8. 白菜かかへみやこのなかは曇なり 飯島晴子【季語=白菜(冬)】
  9. 生きるの大好き冬のはじめが春に似て 池田澄子【季語=初冬(冬)】
  10. 遠くより風来て夏の海となる 飯田龍太【季語=夏の海(夏)】
PAGE TOP