【夏の季語】ががんぼ/蚊の姥

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

【解説】蚊に似ているが、蚊よりも大きく、手脚が長い。それほど速く飛ぶわけでもなく、死骸はつつけばバラバラになってしまうほど貧弱。一般的には「大蚊」という漢字を当てるが、俳句では、ひらがな表記が一般的。「蚊の姥(うば)」と呼ぶことも。

【関連季語】蚊、蚊遣火、蝙蝠など。

【ががんぼ】
障子打つががんぼにさへ旅心      高濱虚子
ががんぼの意志の脚まで伝はらず    後藤比奈夫
ががんぼの脚の揃つてゐる不安     後藤比奈夫
ががんぼ打つ影のいのちのまた来るを  野澤節子
寺にゐてががんぼとすぐ仲良しに    波多野爽波
神々に絶えず呼ばれてががんぼは    藤田湘子
ががんぼを厨に残しフランスへ     塩谷康子
ががんぼの気持ちを百字で述べなさい  静 誠司
ががんぼのぶつかりさうな中華鍋    西村麒麟

【蚊の姥】
蚊の姥の名こそよけれと見おくりぬ   飯島晴子
蚊の姥の竹生島より来りしか     星野麥丘人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

サイト内検索はこちら↓

ピックアップ記事

2021-3-11

【特集】東日本大震災 10年を迎えて

アーカイブ

サイト内検索はこちら↓

ページ上部へ戻る