冬の季語

【冬の季語】鼻水

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】鼻水

風邪」の一症状として、鼻から粘液が多量に分泌されること。

季語としては「水洟」という呼称のほうが古い。「鼻水」は近代的であり日常的な言い回しである。そのため、季語としては前者のほうが圧倒的に使われる現実がある。

実際、「鼻水」は「花粉症」などでも出るわけだし。


【鼻水(上五)】

【鼻水(中七)】
犀の匂いの鼻水が落ち家が落ち 坪内稔典

【鼻水(下五)】

【その他の季語と】
大仏の鼻水たらす氷柱哉 正岡子規
洟水もをさまり四十雀が啼く 臼田亞浪
鼻水も血も細胞も夏の川 三倉十月


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】ラグビー
  2. 【冬の季語】実南天
  3. 【夏の季語】小満
  4. 【冬の季語】冬立つ
  5. 【冬の季語】人参
  6. 【新年の季語】初厨
  7. 【新年の季語】七種(七草)【節句】
  8. 【冬の季語】襟巻

おすすめ記事

  1. 【春の季語】梅二月
  2. ぐじやぐじやのおじやなんどを朝餉とし何で残生が美しからう 齋藤史
  3. 五つずつ配れば四つ余る梨 箱森裕美【季語=梨(秋)】
  4. どれも椋鳥ごきげんよう文化祭 小川楓子【季語=椋鳥(秋)】
  5. うららかや帽子の入る丸い箱 茅根知子【季語=うららか(春)】
  6. ハイシノミカタ【#2】「奎」(小池康生代表)
  7. また次の薪を火が抱き星月夜 吉田哲二【季語=星月夜(秋)】
  8. 「野崎海芋のたべる歳時記」ガレット・デ・ロワ
  9. ここは敢て追はざる野菊皓かりき 飯島晴子【季語=野菊(秋)】
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第43回】 淋代海岸と山口青邨

Pickup記事

  1. 個室のやうな明るさの冬来る 廣瀬直人【季語=冬来る(冬)】
  2. 花の影寝まじ未来が恐しき 小林一茶【季語=花の影(春)】
  3. ががんぼの何が幸せ不幸せ 今井肖子【季語=ががんぼ(夏)】
  4. 【春の季語】風光る
  5. こまごまと大河のごとく蟻の列 深見けん二【季語=蟻(夏)】
  6. 裸子の尻の青あざまてまてまて 小島健【季語=裸子(夏)】
  7. 【冬の季語】早梅
  8. 【春の季語】早春
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第13回】谷口いづみ
  10. 蟷螂の怒りまろびて掃かれけり 田中王城【季語=蟷螂(秋)】
PAGE TOP