冬の季語

【冬の季語】鼻水

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】鼻水

風邪」の一症状として、鼻から粘液が多量に分泌されること。

季語としては「水洟」という呼称のほうが古い。「鼻水」は近代的であり日常的な言い回しである。そのため、季語としては前者のほうが圧倒的に使われる現実がある。

実際、「鼻水」は「花粉症」などでも出るわけだし。


【鼻水(上五)】

【鼻水(中七)】
犀の匂いの鼻水が落ち家が落ち 坪内稔典

【鼻水(下五)】

【その他の季語と】
大仏の鼻水たらす氷柱哉 正岡子規
洟水もをさまり四十雀が啼く 臼田亞浪
鼻水も血も細胞も夏の川 三倉十月


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】室咲
  2. 【冬の季語】蓮根
  3. 【冬の季語】聖菓
  4. 【冬の季語】マフラー
  5. 【春の季語】鰊
  6. 【夏の季語】サマーセーター/サマーニット
  7. 【冬の季語】マスク
  8. 【新年の季語】包丁始(庖丁始)

おすすめ記事

  1. 雨月なり後部座席に人眠らせ 榮猿丸【季語=雨月(秋)】
  2. 【秋の季語】鶏頭/鶏頭花
  3. 【冬の季語】凍蝶
  4. 而して蕃茄の酸味口にあり 嶋田青峰【季語=トマト(夏)】
  5. 寒夕焼に焼き亡ぼさん癌の身は 成田千空【季語=寒夕焼(冬)】
  6. 【冬の季語】冬の川
  7. 行く雁を見てゐる肩に手を置かれ 市村不先【季語=行く雁(春)】
  8. 流星も入れてドロップ缶に蓋 今井聖【季語=流星(秋)】
  9. 指入れてそろりと海の霧を巻く 野崎憲子【季語=海霧(夏)】
  10. 蝦夷に生まれ金木犀の香を知らず 青山酔鳴【季語=金木犀(秋)】 

Pickup記事

  1. 【連載】歳時記のトリセツ(16)/宮本佳世乃さん
  2. 【夏の季語】夏蝶
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第85回】土肥あき子
  4. 大河内伝次郎西瓜をまつぷたつ 八木忠栄【季語=西瓜(秋)】
  5. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#4】
  6. 【夏の季語】ががんぼ/蚊の姥
  7. 立春の零下二十度の吐息 三品吏紀【季語=立春(春)】 
  8. 【連載】新しい短歌をさがして【2】服部崇
  9. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年5月分】
  10. あれは伊予こちらは備後春の風 武田物外【季語=春の風(春)】
PAGE TOP