季語・歳時記

【新年の季語】小豆粥

新年の季語(1月)】小豆粥

小正月」に「小豆粥」を食べて悪鬼を避け、疫病を払うという新春の風習が、平安時代から宮中に伝わってきたことから、いまでも1月15日に食べることがある。

小豆の赤には神秘な力があり、疫病よけのまじないとされていた。

「十五日粥」ともいう。


【小豆粥(上五)】
小豆粥母は生涯京ことば 和田順子
小豆粥大和の国に人となり 奥田可見
小豆粥すこし寝坊をしたりけり 草間時彦
小豆粥氷雨の甲斐に婿が来て 塚本邦雄

【小豆粥(中七)】

【小豆粥(下五)】
吾子が頬にしたたかつけぬ小豆粥 尾崎紅葉
明日死ぬる命めでたし小豆粥 高浜虚子
貧乏も師匠ゆづりや小豆粥 久保田万太郎
沙汰ありて二十世紀の小豆粥 宇多喜代子
そこばくのおもいの深さ小豆粥 宇多喜代子
満月のぐらりと出でぬ小豆粥 宮坂静生


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】春の月
  2. 【春の季語】薄氷
  3. 【冬の季語】雪
  4. 【冬の季語】日向ぼこ
  5. 【春の季語】春
  6. 【冬の季語】花八手
  7. 【秋の季語】秋灯下
  8. 【春の季語】蟻穴を出づ

おすすめ記事

  1. 海市あり別れて匂ふ男あり 秦夕美【季語=海市(春)】
  2. コスモスを愛づゆとりとてなきゴルフ 大橋 晄【季語=コスモス(秋)】
  3. つひに吾れも枯野のとほき樹となるか 野見山朱鳥【季語=枯野(冬)】
  4. 【夏の季語】河童忌/我鬼忌 龍之介忌
  5. 白息の駿馬かくれもなき曠野 飯田龍太【季語=白息(冬)】
  6. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第2回】
  7. 降る雪や玉のごとくにランプ拭く 飯田蛇笏【季語=雪降る(冬)】
  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【8月20日配信分】
  9. あたゝかに六日年越よき月夜 大場白水郎【季語=六日年越(新年)】
  10. 恋の句の一つとてなき葛湯かな 岩田由美【季語=葛湯(冬)】

Pickup記事

  1. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#5
  2. 【第7回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:篠崎央子さん・飯田冬眞さん)【後編】
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月23日配信分】
  4. 【冬の季語】裸木
  5. 美しき緑走れり夏料理 星野立子【季語=夏料理(夏)】
  6. 【書評】中原道夫 第13句集『彷徨』(ふらんす堂、2019年)
  7. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【番外編】
  8. たくさんのお尻の並ぶ汐干かな 杉原祐之【季語=汐干(春)】
  9. 【連載】歳時記のトリセツ(7)/大石雄鬼さん
  10. 夕立や野に二筋の水柱 広江八重桜【季語=夕立(夏)】
PAGE TOP