季語・歳時記

【新年の季語】小豆粥

新年の季語(1月)】小豆粥

小正月」に「小豆粥」を食べて悪鬼を避け、疫病を払うという新春の風習が、平安時代から宮中に伝わってきたことから、いまでも1月15日に食べることがある。

小豆の赤には神秘な力があり、疫病よけのまじないとされていた。

「十五日粥」ともいう。


【小豆粥(上五)】
小豆粥母は生涯京ことば 和田順子
小豆粥大和の国に人となり 奥田可見
小豆粥すこし寝坊をしたりけり 草間時彦
小豆粥氷雨の甲斐に婿が来て 塚本邦雄

【小豆粥(中七)】

【小豆粥(下五)】
吾子が頬にしたたかつけぬ小豆粥 尾崎紅葉
明日死ぬる命めでたし小豆粥 高浜虚子
貧乏も師匠ゆづりや小豆粥 久保田万太郎
沙汰ありて二十世紀の小豆粥 宇多喜代子
そこばくのおもいの深さ小豆粥 宇多喜代子
満月のぐらりと出でぬ小豆粥 宮坂静生


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】素魚
  2. 【冬の季語】小春日
  3. 【冬の季語】冬野
  4. 【新年の季語】福寿草
  5. 【春の季語】愛の日
  6. 【冬の季語】冴ゆ・冴え
  7. 【春の季語】春の泥
  8. 【春の季語】春の雨

おすすめ記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月22日配信分】
  2. 回廊をのむ回廊のアヴェ・マリア 豊口陽子
  3. プラタナス夜もみどりなる夏は来ぬ 石田波郷【季語=夏来る(夏)】
  4. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【7】/中島凌雲(「銀漢」同人)
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年8月分】
  6. 【夏の季語】入梅
  7. 【新連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 兎もも肉の赤ワイン煮
  8. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【5】/坂口晴子(「銀漢」同人・)
  9. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第6回】
  10. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【1】/高部務(作家)

Pickup記事

  1. 【秋の季語】秋暑し
  2. 【冬の季語】冬木立
  3. 【新連載】茶道と俳句 井上泰至【第1回】
  4. 川を見るバナナの皮は手より落ち 高濱虚子【季語=バナナ(夏)】
  5. 手袋に切符一人に戻りたる 浅川芳直【季語=手袋(冬)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第40回】青木亮人
  7. 【新年の季語】歌留多会
  8. 夏場所の終はるころ家建つらしい 堀下翔【季語=夏場所(夏)】
  9. 【連載】新しい短歌をさがして【8】服部崇
  10. 寒夕焼に焼き亡ぼさん癌の身は 成田千空【季語=寒夕焼(冬)】
PAGE TOP