季語・歳時記

【新年の季語】七種(七草)

新年の季語(1月)】七種(七草)

七種」は、もともとは正月7日の節句のことを指すが、「春の七種」の省略形としても用いられる。

人日」とも呼ばれる1月7日の朝に「春の七種」(セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ)の入った「七種粥」を作るという風習は、室町時代にはすでに行われていた。『公事根源』に「正月七日に七種の菜羹(菜の葉の汁)を食すれば其人万病なし」と記載がある。

常用の「七草」という字を当てることも多いが、「七種」とすることも多い。

*節句としての新年の季語「七種」は、こちらのページを参照のこと。


【七種(七草)(上五)】
七草に更に嫁菜を加へけり 高浜虚子
七種のはじめの芹ぞめでたけれ 高野素十
七草の根のほそほそと混み合へり 正木ゆう子
七草の数をひもとくやうに解き 上田日差子
七草をひたして水をかがやかす 杉山久子
七種のあつといふ間に一緒くた 岡田由季
七草や光りだしたらとぶつもり 小津夜景

【七種(七草)(中七)】
母のこゑ足して七草揃ひけり あざ蓉子

【七種(七草)(下五)】
代はどれも五百八十なな七草 松意


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】返り花(帰り花)
  2. 【夏の季語】空蟬/蟬の殻 蟬の抜殻
  3. 【新年の季語】門松
  4. 【冬の季語】鬼やらう
  5. 【春の季語】梅
  6. 【冬の季語】雪掻く
  7. 【春の季語】春雪
  8. 【冬の季語】熊穴に入る

おすすめ記事

  1. スバルしずかに梢を渡りつつありと、はろばろと美し古典力学 永田和宏
  2. 【冬の季語】ラグビー
  3. 中年や遠くみのれる夜の桃 西東三鬼【季語=桃(秋)】
  4. くらき瀧茅の輪の奥に落ちにけり 田中裕明【季語=茅の輪(夏)】
  5. 【冬の季語】息白し
  6. とび・からす息合わせ鳴く小六月 城取信平【季語=小六月(冬)】
  7. 「野崎海芋のたべる歳時記」ルバーブ
  8. 祈るべき天と思えど天の病む 石牟礼道子
  9. 星空のととのふまでをバーベキュー 小山玄黙【季語=バーベキュー(夏)】
  10. 【秋の季語】草紅葉/草の錦

Pickup記事

  1. 起座し得て爽涼の風背を渡る 肥田埜勝美【季語=爽涼(秋)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第121回】堀江美州
  3. 【冬の季語】十二月
  4. 【春の季語】早春
  5. 麻服の鎖骨つめたし摩天楼 岩永佐保【季語=麻服(夏)】
  6. ハイシノミカタ【#3】「街」(今井聖主宰)
  7. 【秋の季語】秋の空
  8. 老僧の忘れかけたる茸の城 小林衹郊【季語=茸(秋)】
  9. 日本の元気なころの水着かな 安里琉太【季語=水着(夏)】
  10. 【秋の季語】秋暑し
PAGE TOP