季語・歳時記

【新年の季語】七種(七草)

新年の季語(1月)】七種(七草)

七種」は、もともとは正月7日の節句のことを指すが、「春の七種」の省略形としても用いられる。

人日」とも呼ばれる1月7日の朝に「春の七種」(セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ)の入った「七種粥」を作るという風習は、室町時代にはすでに行われていた。『公事根源』に「正月七日に七種の菜羹(菜の葉の汁)を食すれば其人万病なし」と記載がある。

常用の「七草」という字を当てることも多いが、「七種」とすることも多い。

*節句としての新年の季語「七種」は、こちらのページを参照のこと。


【七種(七草)(上五)】
七草に更に嫁菜を加へけり 高浜虚子
七種のはじめの芹ぞめでたけれ 高野素十
七草の根のほそほそと混み合へり 正木ゆう子
七草の数をひもとくやうに解き 上田日差子
七草をひたして水をかがやかす 杉山久子
七種のあつといふ間に一緒くた 岡田由季
七草や光りだしたらとぶつもり 小津夜景

【七種(七草)(中七)】
母のこゑ足して七草揃ひけり あざ蓉子

【七種(七草)(下五)】
代はどれも五百八十なな七草 松意


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】月涼し
  2. 【冬の季語】室の花
  3. 【冬の季語】返り花(帰り花)
  4. 【新年の季語】成人の日
  5. 【夏の季語】水中花/酒中花
  6. 【新年の季語】人の日
  7. 【冬の季語】実南天
  8. 【冬の季語】枯木立

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第48回】 箕面と後藤夜半
  2. 【夏の季語】日傘
  3. もろ手入れ西瓜提灯ともしけり 大橋櫻坡子【季語=西瓜提灯】
  4. 【夏の季語】扇風機
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第125回】峯尾文世
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第62回】 佐渡と岸田稚魚
  7. お障子の人見硝子や涅槃寺 河野静雲【季語=涅槃寺(春)】
  8. 【春の季語】春二番
  9. 窓眩し土を知らざるヒヤシンス 神野紗希【季語=ヒヤシンス(春)】 
  10. 新宿発は逃避行めき冬薔薇 新海あぐり【季語=冬薔薇(冬)】

Pickup記事

  1. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第10回】写真と俳句のグループ展のこと
  2. 【#21】中国大連の猫
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第52回】大和田アルミ
  4. 【書評】柏柳明子 第2句集『柔き棘』(紅書房、2020年)
  5. 水を飲む風鈴ふたつみつつ鳴る 今井肖子【季語=風鈴(夏)】
  6. 炎ゆる 琥珀の/神の/掌の 襞/ひらけば/開く/歴史の 喪章 湊喬彦
  7. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【8】/金井硯児(「銀漢」同人)
  8. 【春の季語】囀
  9. 【春の季語】バレンタインの日(バレンタインデー)
  10. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第8回
PAGE TOP