冬の季語

【冬の季語】悴む

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】悴む

「寒さ」で、手足が冷たくなり、思うように動かなくなること。


【悴む(上五)】
悴める手は憎しみに震へをり 高浜虚子
悴みてよめる句に季のなかりけり 久保田万太郎
かじかみて脚抱き寝るか毛もの等も 橋本多佳子
悴む手銃の重さを記憶せり 千代田葛彦
悴みて憤(むづ)けば不愍笑めばなほ 川口重美
悴みて乗つたる石のぐらりとす 大石悦子
悴める掌を包みやり諭しけり 西村和子
悴みて囚徒に髪を刈られけり 角川春樹
悴みて見上ぐる塔の高さかな 片山由美子
悴むを羽化のはじまる心地とも 青山茂根
悴みて水源はときじくの碧 安里琉太

【悴む(中七)】
飴なめて流離悴むこともなし 加藤楸邨
膝の上の悴む手では嘘は云へぬ 岸田稚魚
水底の文字悴まず虹の石 後藤比奈夫
首塚へ悴む両手合はせけり 三井康有
怯へしか悴みゐしか手をとれば 野中亮介
人恋うて肺の悴む音すなり 西澤みず季
そこかしこシーニュ悴むほどシーニュ 小津夜景

【悴む(下五)】
すぐ泣く子今泣きさうに悴みて 京極杞陽 
心中に火の玉を抱き悴めり 三橋鷹女
石人に石馬に手やり悴みぬ 皆吉爽雨
かんがふる頬杖の手のかぢかみて 能村登四郎
霊柩車他郷に送り悴める 宮坂静生
白鳥になりたきひとと悴めり 仙田洋子
兵馬俑見つめてをれば悴かめり 野木桃花
サーカスに売られし犬と悴めり 岡田一実


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】春の泥
  2. 【秋の季語】露草/月草 ほたる草 ばうし花
  3. 【新年の季語】二日
  4. 【夏の季語】初夏(はつなつ)
  5. 【春の季語】猫柳
  6. 【新年の季語】七種粥(七草粥)
  7. 【新年の季語】どんど焼
  8. 【秋の季語】菊/菊の花 白菊 黄菊、大菊、小菊、初菊、厚物咲、懸…

おすすめ記事

  1. 雲の上に綾蝶舞い雷鳴す 石牟礼道子【季語=雷鳴(夏)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第9回】伊勢と八田木枯
  3. 【冬の季語】冬麗
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第9回】今井麦
  5. やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子【無季】
  6. 七夕のあしたの町にちる色帋   麻田椎花【季語=七夕(秋)】
  7. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年11月分】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第47回】吉田千嘉子
  9. つちふるや自動音声あかるくて 神楽坂リンダ【季語=霾(春)】
  10. 静臥ただ落葉降りつぐ音ばかり 成田千空【季語=落葉(冬)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】臘梅(蠟梅)
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第114回】中村かりん
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第5回】隅田川と富田木歩
  4. 大風の春葱畠真直来よ 飯島晴子【季語=春葱(春)】
  5. 【新年の季語】田遊
  6. 【春の季語】朧月
  7. 【秋の季語】曼珠沙華
  8. 【春の季語】夜桜
  9. 夏潮のコバルト裂きて快速艇 牛田修嗣【季語=夏潮(夏)】
  10. 血を血で洗ふ絨毯の吸へる血は 中原道夫【季語=絨毯(冬)】
PAGE TOP