季語・歳時記

【新年の季語】七種粥(七草粥)

新年の季語(1月)】七種粥(七草粥)

もともとは正月7日の節句である「人日」には「七種」(セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ)の入った「七種粥」を作って食すという風習が、室町時代にはすでに行われていた。『公事根源』に「正月七日に七種の菜羹(菜の葉の汁)を食すれば其人万病なし」と記載がある。「七日粥」と呼ぶこともある。

常用の「七草」という字を当てることも多いが、「七種」とすることも多い。

*節句としての新年の季語「七種」は、こちらのページを参照のこと。


【七種粥(七草粥)(上五)】
七草粥に能登塩田の塩ちらす 細見綾子
七種粥欠けたる草の何何ぞ 鷹羽狩行

【七種粥(七草粥)(中七)】
七日客七種粥の残りなど 高浜虚子

【七種粥(七草粥)(下五)】
とかくして冷たうなりぬ七草粥 村上鬼城


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】早梅
  2. 【夏の季語】蓮
  3. 【夏の季語】キャンプ/テント バンガロー キャンプ村 キャンプ場…
  4. 【新年の季語】元日
  5. 【夏の季語】梅雨
  6. 【秋の季語】新涼/涼新た 秋涼し
  7. 【新年の季語】どんど焼
  8. 【冬の季語】聖夜

おすすめ記事

  1. 沈丁や夜でなければ逢へぬひと 五所平之助【季語=沈丁(春)】
  2. ばばばかと書かれし壁の干菜かな   高濱虚子【季語=干菜(冬)】
  3. 赤い月にんげんしろき足そらす 富澤赤黄男【季語=月(秋)】
  4. 死はいやぞ其きさらぎの二日灸 正岡子規【季語=二日灸(春)】
  5. しばれるとぼつそりニッカウィスキー 依田明倫【季語=しばれる(冬)】
  6. 【冬の季語】クリスマスケーキ
  7. 【秋の季語】十六夜
  8. あしかびの沖に御堂の潤み立つ しなだしん【季語=蘆牙(春)】
  9. 妻が言へり杏咲き満ち恋したしと 草間時彦【季語=杏の花(春)】
  10. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第4回】

Pickup記事

  1. 昼の虫手紙はみんな恋に似て 細川加賀【季語=昼の虫(秋)】
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年7月分】
  3. 初場所の力士顚倒し顚倒し 三橋敏雄【季語=初場所(新年)】
  4. 故郷のすすしの陰や春の雪 原石鼎【季語=春の雪(春)】 
  5. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第7回】レンズ交換式カメラについて
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第41回】矢野玲奈
  7. 高梁折れて頬を打つあり鶉追ふ      三溝沙美【季語=鶉(秋)】
  8. 【連載】歳時記のトリセツ(8)/池田澄子さん
  9. 啄木鳥や落葉をいそぐ牧の木々 水原秋桜子【季語=啄木鳥(秋)】
  10. 冴えかへるもののひとつに夜の鼻 加藤楸邨【季語=冴返る(春)】
PAGE TOP