季語・歳時記

【秋の季語】立秋

【秋の季語=初秋(8月)】立秋

太陽の視黄経が135°になるときであり、新暦の8月7日、8日ごろにあたる。

実際には一年で一番暑いころであるが、朝晩は少しずつ秋の気配を感じるころでもある。

この日から「立冬」前日までが「」と定義される。

二十四節気の13番目でもあり、この日から、次の節気の「処暑」前日までの期間も指すことがある。

季語としては「秋立つ」「秋来る」「今朝の秋」などとして使われる。

なお、「夜の秋」は夏の季語である。


【立秋(上五)】
立秋の紺落ち付くや伊予絣 夏目漱石

【立秋(中七)】
川半ばまで立秋の山の影 桂信子
仏壇へ立秋の風入れにけり 森俊人

【立秋(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】卒業す
  2. 【春の季語】初東風
  3. 【秋の季語】山椒の実
  4. 【秋の季語】秋めく
  5. 【夏の季語】蜘蛛
  6. 【冬の季語】冬蝶
  7. 【冬の季語】寒晴
  8. 【春の季語】春の月

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】酢漿の花
  2. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#02】猫を撮り始めたことについて
  3. 青い薔薇わたくし恋のペシミスト 高澤晶子【季語=薔薇(夏)】
  4. 【夏の季語】【秋の季語?】ピーマン
  5. クリスマス「君と結婚していたら」 堀井春一郎【季語=クリスマス(冬)】
  6. 【俳句公募のご案内】「十年目の今、東日本大震災句集 わたしの一句」【12月15日締切】
  7. 早春や松のぼりゆくよその猫 藤田春梢女【季語=早春(春)】
  8. 暑き夜の惡魔が頤をはづしゐる 佐藤鬼房【季語=暑し(夏)】
  9. 寒天煮るとろとろ細火鼠の眼 橋本多佳子【季語=寒天(冬)】
  10. 【冬の季語】冴ゆ・冴え

Pickup記事

  1. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#19
  2. 【冬の季語】縄跳
  3. こんな本が出た【2021年6月刊行分】
  4. 【冬の季語】冬籠
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外−2】 足摺岬と松本たかし
  6. 謝肉祭の仮面の奥にひすいの眼 石原八束【季語=謝肉祭(春)】
  7. 祈るべき天と思えど天の病む 石牟礼道子
  8. 前をゆく私が野分へとむかふ 鴇田智哉【季語=野分(秋)】
  9. 泥に降る雪うつくしや泥になる 小川軽舟【季語=雪(冬)】
  10. 【新連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第1回
PAGE TOP