季語・歳時記

【秋の季語】立秋

【秋の季語=初秋(8月)】立秋

太陽の視黄経が135°になるときであり、新暦の8月7日、8日ごろにあたる。

実際には一年で一番暑いころであるが、朝晩は少しずつ秋の気配を感じるころでもある。

この日から「立冬」前日までが「」と定義される。

二十四節気の13番目でもあり、この日から、次の節気の「処暑」前日までの期間も指すことがある。

季語としては「秋立つ」「秋来る」「今朝の秋」などとして使われる。

なお、「夜の秋」は夏の季語である。


【立秋(上五)】
立秋の紺落ち付くや伊予絣 夏目漱石

【立秋(中七)】
川半ばまで立秋の山の影 桂信子
仏壇へ立秋の風入れにけり 森俊人

【立秋(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】紙風船
  2. 【冬の季語】十一月
  3. 【卵の俳句】
  4. 【冬の季語】年逝く(年行く)
  5. 【冬の季語】大晦日
  6. 【春の季語】春時雨
  7. 【春の季語】鳥の妻恋
  8. 【冬の季語】立冬

おすすめ記事

  1. 【春の季語】黄水仙
  2. 冬麗の谷人形を打ち合はせ 飯島晴子【季語=冬麗(冬)】
  3. 馬鈴薯の一生分が土の上 西村麒麟【季語=馬鈴薯(秋)】
  4. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第2回】1993年・七夕賞
  5. 純愛や十字十字の冬木立 対馬康子【季語=冬木立(冬)】
  6. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第4回】
  7. 酒庫口のはき替え草履寒造 西山泊雲【季語=寒造 (冬)】
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第14回】お茶の水と川崎展宏
  9. 日まはりは鬼の顔して並びゐる 星野麦人【季語=向日葵(夏)】
  10. 宝くじ熊が二階に来る確率 岡野泰輔【季語=熊(冬)】

Pickup記事

  1. 雷をおそれぬ者はおろかなり 良寛【季語=雷(夏)】
  2. 抱く吾子も梅雨の重みといふべしや 飯田龍太【季語=梅雨(夏)】
  3. めちやくちやなどぜうの浮沈台風くる 秋元不死男【季語=台風(秋)】
  4. 【夏の季語】昼寝/午睡 三尺寝 昼寝覚
  5. 【春の季語】猫柳
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第53回】しなだしん
  7. 東京の白き夜空や夏の果 清水右子【季語=夏の果(夏)】
  8. 【春の季語】沙翁忌
  9. 幾千代も散るは美し明日は三越 攝津幸彦
  10. 一瞬で耳かきを吸う掃除機を見てしまってからの長い夜 公木正
PAGE TOP