冬の季語

【冬の季語】梅早し

【冬の季語=晩冬(1月)】梅早し

立春」を待たずに咲き始める「」の花のこと。「早梅」とも。

早梅をたずねて山谷を歩き回ることを「探梅」という。


【梅早し(上五)】
梅早しポンプ一突き水溢れ 中村汀女
梅早しゑがけるごとく日かかる 橋本鶏二
梅早し改札口に海は藍  福田蓼汀

【梅早し(中七)】

【梅早し(下五)】
よき流ありて暖か梅早し 高浜虚子
菜をかけてありのすさびの梅早し 富安風生
小鼓のポポとうながす梅早し 松本たかし
泛子一つづつを閲して梅早し 波多野爽波
百木の一木にして梅早し 綾部仁喜


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】山桜
  2. 【新年の季語】初厨
  3. 【冬の季語】落葉
  4. 【新年の季語】雑煮
  5. 【冬の季語】冬帽子
  6. 【冬の季語】炬燵
  7. 【春の季語】恋の猫
  8. 【冬の季語】悴む

おすすめ記事

  1. 【書評】小島健 第4句集『山河健在』(角川書店、2020年)
  2. 空のいろ水のいろ蝦夷延胡索 斎藤信義【季語=蝦夷延胡索(夏)】
  3. 愛断たむこころ一途に野分中 鷲谷七菜子【季語=野分(秋)】
  4. 瀧壺を離れし水に歩を合はす 藤木倶子【季語=滝(夏)】
  5. 【連載】新しい短歌をさがして【15】服部崇
  6. 聴診に一生の秋を聴きにけり 橋本喜夫【季語=秋(秋)】
  7. 行く雁を見てゐる肩に手を置かれ 市村不先【季語=行く雁(春)】
  8. 寝室にねむりの匂ひ稲の花 鈴木光影【季語=稲の花(秋)】
  9. 浅春の岸辺は龍の匂ひせる 対中いずみ【季語=亀浅春(春)】
  10. 【春の季語】卒業

Pickup記事

  1. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第5回】
  2. 【冬の季語】愛日
  3. 【冬の季語】霜柱
  4. 【夏の季語】サイダー
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第15回】屋内修一
  6. 十二月うしろの正面山の神 成田千空【季語=十二月(冬)】
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第45回】 池田と日野草城
  8. 【夏の季語】アロハシャツ(アロハ)
  9. 天使魚の愛うらおもてそして裏 中原道夫【季語=天使魚(夏)】
  10. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第6回】
PAGE TOP