冬の季語

【冬の季語】梅早し

【冬の季語=晩冬(1月)】梅早し

立春」を待たずに咲き始める「」の花のこと。「早梅」とも。

早梅をたずねて山谷を歩き回ることを「探梅」という。


【梅早し(上五)】
梅早しポンプ一突き水溢れ 中村汀女
梅早しゑがけるごとく日かかる 橋本鶏二
梅早し改札口に海は藍  福田蓼汀

【梅早し(中七)】

【梅早し(下五)】
よき流ありて暖か梅早し 高浜虚子
菜をかけてありのすさびの梅早し 富安風生
小鼓のポポとうながす梅早し 松本たかし
泛子一つづつを閲して梅早し 波多野爽波
百木の一木にして梅早し 綾部仁喜


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】春の泥
  2. 【夏の季語】小満
  3. 【春の季語】針供養
  4. 【春の季語】日永
  5. 【夏の季語】蜘蛛
  6. 【夏の季語】クーラー
  7. 【冬の季語】暮早し
  8. 【秋の季語】穴惑

おすすめ記事

  1. 夏落葉降るや起ちても座りても 宇多喜代子【季語=夏落葉(夏)】
  2. 革靴の光の揃ふ今朝の冬 津川絵理子【季語=今朝の冬(冬)】
  3. 【冬の季語】クリスマスツリー
  4. 【夏の季語】梅雨
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年8月分】
  6. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月20日配信分】
  7. 秋櫻子の足あと【第6回】谷岡健彦
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第6回】熊野古道と飯島晴子
  9. 時計屋の時計春の夜どれがほんと 久保田万太郎【季語=春の夜(春)】
  10. おもかげや姨ひとりなく月の友 松尾芭蕉【季語=月(秋)】

Pickup記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」蒸し鶏の胡麻酢和え
  2. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#1】
  3. 裸子の尻の青あざまてまてまて 小島健【季語=裸子(夏)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第52回】大和田アルミ
  5. 【連載】俳人のホンダナ!#4 西生ゆかり
  6. 【春の季語】朧
  7. ががんぼの何が幸せ不幸せ 今井肖子【季語=ががんぼ(夏)】
  8. 大いなる春を惜しみつ家に在り 星野立子【季語=春惜しむ(春)】
  9. 【夏の季語】草いきれ
  10. 【秋の季語】二百十日/厄日 二百二十日
PAGE TOP