夏の季語

【夏の季語】蜘蛛

【夏の季語=三夏(5〜7月)】蜘蛛

暖かい季節の終わりは「蜘蛛」にとって恋の季節。

新しく生命を授かった「蜘蛛の子」(夏の季語)は、一斉に安住の地を求めて散っていく。

糸を張って小型動物を捕食することがあるのが特徴のひとつ。

「蜘蛛の囲」「蜘蛛の巣」「蜘蛛の網」「蜘蛛の糸」なども季語とされる。


【蜘蛛(上五)】
蜘蛛に生れ網をかけねばならぬかな 高浜虚子
蜘蛛消えて只大空の相模灘 原石鼎
蜘蛛夜々に肥えゆき月にまたがりぬ 加藤楸邨
蜘蛛しずか又も未曾有の雨の世に 寺井谷子
朝の蜘蛛シーツにたましひの残る 西原天気
蜘蛛よりも甘く重なるだけのこと 小津夜景

【蜘蛛(中七)】
われ病めり今宵一匹の蜘蛛も宥さず 野澤節子
鉄階にいる蜘蛛智恵をかがやかす 赤尾兜子
東京やベッドの下に蜘蛛ひからび 横山白虹
聖玻璃に一点の蜘蛛 原爆都市 たむらちせい
父疾うに喰はれて蜘蛛の赤ん坊 佐山哲郎
生と性と死と朝の蜘蛛おりてくる 赤羽根めぐみ

【蜘蛛(下五)】
夕雲をつかみ歩きて蜘蛛定まる 西東三鬼
崩れた積木基地に似る夜の蜘蛛渡る 金子兜太
健やかなれ我を朋とす夜の蜘蛛  池田澄子
星に距離置いて何処へも行かぬ蜘蛛 森山いほこ

【自由律】
ラストシーンに蜘蛛の降りる  藤井雪兎



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】四月馬鹿
  2. 【冬の季語】数え日
  3. 【冬の季語】大寒
  4. 【冬の季語】襟巻
  5. 【冬の季語】蒲団(布団)
  6. 【冬の季語】冬麗
  7. 【都道府県別の俳句】
  8. 【新年の季語】松飾

おすすめ記事

  1. 流氷は嘶きをもて迎ふべし 青山茂根【季語=流氷(春)】
  2. 【連載】「ゆれたことば」#3「被災地/被災者」千倉由穂
  3. 足跡が足跡を踏む雪野かな 鈴木牛後【季語=雪野(冬)】 
  4. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第6回】
  5. 【夏の季語】草ロール
  6. やゝ寒し閏遅れの今日の月 松藤夏山【季語=今日の月 (秋)】
  7. ストーブに貌が崩れていくやうな 岩淵喜代子【季語=ストーブ(冬)】
  8. 【冬の季語】冬野
  9. 夢に夢見て蒲団の外に出す腕よ 桑原三郎【季語=蒲団(冬)】
  10. 父の手に負へぬ夜泣きや夏の月 吉田哲二【季語=夏の月(夏)】 

Pickup記事

  1. 馴染むとは好きになること味噌雑煮 西村和子【季語=雑煮(新年)】
  2. 【春の季語】虚子忌(虚子の忌)
  3. 【冬の季語】クリスマスツリー
  4. 【書評】三島広志 第1句集『天職』(角川書店、2020年)
  5. 寒天煮るとろとろ細火鼠の眼 橋本多佳子【季語=寒天(冬)】
  6. 枯芦の沈む沈むと喚びをり 柿本多映【季語=枯芦(冬)】
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第19回】平泉と有馬朗人
  8. 【イベントのご案内】第8回 千両千両井月さんまつり 【終了しました】
  9. つゆくさをちりばめここにねむりなさい 冬野虹【季語=露草 (秋)】
  10. 【春の季語】猫の恋
PAGE TOP