夏の季語

【夏の季語】蜘蛛

【夏の季語=三夏(5〜7月)】蜘蛛

暖かい季節の終わりは「蜘蛛」にとって恋の季節。

新しく生命を授かった「蜘蛛の子」(夏の季語)は、一斉に安住の地を求めて散っていく。

糸を張って小型動物を捕食することがあるのが特徴のひとつ。

「蜘蛛の囲」「蜘蛛の巣」「蜘蛛の網」「蜘蛛の糸」なども季語とされる。


【蜘蛛(上五)】
蜘蛛に生れ網をかけねばならぬかな 高浜虚子
蜘蛛消えて只大空の相模灘 原石鼎
蜘蛛夜々に肥えゆき月にまたがりぬ 加藤楸邨
蜘蛛しずか又も未曾有の雨の世に 寺井谷子
朝の蜘蛛シーツにたましひの残る 西原天気
蜘蛛よりも甘く重なるだけのこと 小津夜景

【蜘蛛(中七)】
われ病めり今宵一匹の蜘蛛も宥さず 野澤節子
鉄階にいる蜘蛛智恵をかがやかす 赤尾兜子
東京やベッドの下に蜘蛛ひからび 横山白虹
聖玻璃に一点の蜘蛛 原爆都市 たむらちせい
父疾うに喰はれて蜘蛛の赤ん坊 佐山哲郎
生と性と死と朝の蜘蛛おりてくる 赤羽根めぐみ

【蜘蛛(下五)】
夕雲をつかみ歩きて蜘蛛定まる 西東三鬼
崩れた積木基地に似る夜の蜘蛛渡る 金子兜太
健やかなれ我を朋とす夜の蜘蛛  池田澄子
星に距離置いて何処へも行かぬ蜘蛛 森山いほこ

【自由律】
ラストシーンに蜘蛛の降りる  藤井雪兎



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】蕎麦の花
  2. 【冬の季語】枯木立
  3. 【夏の季語】海の日
  4. 【春の季語】恋猫
  5. 【春の季語】春の泥
  6. 【冬の季語】蒲団干す(布団干す)
  7. 【秋の季語】菊/菊の花 白菊 黄菊、大菊、小菊、初菊、厚物咲、懸…
  8. 【春の季語】早春

おすすめ記事

  1. かき氷日本を捨てる話して 橋本直【季語=かき氷(夏)】
  2. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第3回
  3. 【書評】中原道夫 第13句集『彷徨』(ふらんす堂、2019年)
  4. 降る雪や玉のごとくにランプ拭く 飯田蛇笏【季語=雪降る(冬)】
  5. 【夏の季語】蟇
  6. 【春の季語】彼岸
  7. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#06】落語と猫と
  8. 眼のなれて闇ほどけゆく白牡丹 桑田和子【季語=白牡丹(夏)】
  9. 性あらき郡上の鮎を釣り上げて 飴山實【季語=鮎(夏)】
  10. 【冬の季語】逝く年(行く年)

Pickup記事

  1. 【冬の季語】豆撒
  2. 懐石の芋の葉にのり衣被  平林春子【季語=衣被(秋)】
  3. 赤い椿白い椿と落ちにけり 河東碧梧桐【季語=椿(春)】
  4. 茎石に煤をもれ来る霰かな 山本村家【季語=茎石(冬)】
  5. 潮の香や野分のあとの浜畠 齋藤俳小星【季語=野分(秋)】
  6. エリックのばかばかばかと桜降る 太田うさぎ【季語=桜(春)】
  7. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第8回】
  8. いつよりも長く頭を下げ初詣 八木澤高原【季語=初詣(新年)】
  9. 【都道府県別の俳句】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第61回】松野苑子
PAGE TOP