季語・歳時記

【春の季語】春の野

【春の季語=三春(2月〜4月)】春の野

春の野原。「春野」とも。

夏の野」は「夏野」、「秋の野」は「秋野」、「冬の野」は「冬野」である。


【春の野(上五)】
春の野や鶉の床の表がヘ 井原西鶴
吾も春の野に下りたてば紫に 星野立子
いま春の野へ放ちたき心かな 稲畑汀子
春の野をよぎりて運ぶ産湯桶 野中亮介
春の野の刳味は母のゑぐみかな 男波弘志
春の野に触るる指先広げたり 矢野玲奈
春の野に貧乏神の黄色き歯  野口る理

【春の野(中七)】
昼ごろと思うて春の野にをりぬ 今井杏太郎

【春の野(下五)】


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】冬籠
  2. 【夏の季語】梅雨の月
  3. 【冬の季語】時雨
  4. 【秋の季語】秋桜
  5. 【冬の季語】熊
  6. 【冬の季語】雪掻
  7. 【秋の季語】八月
  8. 【冬の季語】クリスマスカード

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】臭木の花/花臭木 常山木の花
  2. 柊を幸多かれと飾りけり 夏目漱石【季語=クリスマス(冬)】
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2024年2月分】
  4. 【春の季語】野遊
  5. 【冬の季語】冬銀河
  6. 利根川のふるきみなとの蓮かな 水原秋櫻子【季語=蓮(夏)】
  7. よもに打薺もしどろもどろ哉 芭蕉【季語=薺打つ(新年)】
  8. 後の月瑞穂の国の夜なりけり 村上鬼城【季語=後の月(秋)】
  9. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月9日配信分】
  10. かゝる世もありと暮しぬ春炬燵 松尾いはほ【季語=春炬燵(春)】

Pickup記事

  1. 二ン月や鼻より口に音抜けて 桑原三郎【季語=二ン月(春)】
  2. 海外のニュースの河馬が泣いていた 木田智美【無季】
  3. 衣被我のみ古りし夫婦箸 西村和子【季語=衣被(秋)】
  4. 【春の季語】二月尽
  5. 螢とび疑ひぶかき親の箸 飯島晴子【季語=螢(夏)】
  6. 好きな繪の賣れずにあれば草紅葉 田中裕明【季語=草紅葉(秋)】
  7. 扇子低く使ひぬ夫に女秘書 藤田直子【季語=扇子(夏)】
  8. 暮るるほど湖みえてくる白露かな 根岸善雄【季語=白露(秋)】
  9. 極月の空青々と追ふものなし 金田咲子【季語=極月(冬)】
  10. 寒卵良い学校へゆくために 岩田奎【季語=寒卵(冬)】
PAGE TOP