季語・歳時記

【春の季語】春の野

【春の季語=三春(2月〜4月)】春の野

春の野原。「春野」とも。

夏の野」は「夏野」、「秋の野」は「秋野」、「冬の野」は「冬野」である。


【春の野(上五)】
春の野や鶉の床の表がヘ 井原西鶴
吾も春の野に下りたてば紫に 星野立子
いま春の野へ放ちたき心かな 稲畑汀子
春の野をよぎりて運ぶ産湯桶 野中亮介
春の野の刳味は母のゑぐみかな 男波弘志
春の野に触るる指先広げたり 矢野玲奈
春の野に貧乏神の黄色き歯  野口る理

【春の野(中七)】
昼ごろと思うて春の野にをりぬ 今井杏太郎

【春の野(下五)】


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】梅雨
  2. 【冬の季語】白鳥
  3. 【冬の季語】夕霧忌
  4. 【春の季語】涅槃図
  5. 【春の季語】猫の恋
  6. 【春の季語】風光る
  7. 【春の季語】白梅
  8. 【春の季語】素魚

おすすめ記事

  1. 青大将この日男と女かな 鳴戸奈菜【季語=青大将(夏)】
  2. どつさりと菊着せられて切腹す 仙田洋子【季語=菊(秋)】
  3. 棕梠の葉に高き雨垂れ青峰忌 秋元不死男【季語=青峰忌(夏)】
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」あんずのコンポート
  5. 【冬の季語】鼻水
  6. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年2月分】
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第18回】塩竈と佐藤鬼房
  8. 【春の季語】春分
  9. 【特別寄稿】沖縄県那覇市久米「KIMIKO BAR ふう」/酢橘とおる
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第46回】小野寺清人

Pickup記事

  1. 【冬の季語】手袋
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年5月分】
  3. 【秋の季語】秋の暮/秋の夕 秋の夕べ
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第28回】今井肖子
  5. カンバスの余白八月十五日 神野紗希【季語=終戦記念日(秋)】
  6. 【新年の季語】餅花
  7. ダリヤ活け婚家の家風侵しゆく 鍵和田秞子【季語=ダリヤ(夏)】
  8. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#03】Sex Pistolsを初めて聴いた時のこと
  9. 【夏の季語】夏の果/夏果つ 夏終る 夏行く 行夏 夏逝く 夏惜しむ
  10. きちかうの開きて青き翅脈かな 遠藤由樹子【季語=きちかう(秋)】
PAGE TOP