季語・歳時記

【春の季語】春野

【春の季語=三春(2月〜4月)】春野

春の野原のこと。「はるの」と読む。「春の野」とも。

夏の野」は「夏野」、「秋の野」は「秋野」、「冬の野」は「冬野」である。


【春野(上五)】
春野面見れば虫さへ幼しや 三橋敏雄

【春野(中七)】
自転車の灯の行く春野暮れきらず 右城暮石
花すみれ白き春野の汚れけり 高屋窓秋
我も夢か巨勢の春野に腹這へば 河原枇杷男
暮れやすき女春野に伏すが好き 中村苑子
転任や春野に川を一つ越す 落合水尾
五合庵天にも春野にも近し 落合水尾
人の手を離れ春野にある鞄 藤原暢子

【春野(下五)】
背の子の起きて軽さや春野行く 田中王城
放射路のゆくてゆくてにある春野 福田蓼汀
人間はきのふをはりて今日春野 平井照敏


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】草紅葉/草の錦
  2. 【春の季語】春の雪
  3. 【春の季語】囀
  4. 【春の季語】春時雨
  5. 【冬の季語】今朝の冬
  6. 【卵の俳句】
  7. 【春の季語】野遊
  8. 【秋の季語】鵙の贄

おすすめ記事

  1. 【書評】広渡敬雄『俳句で巡る日本の樹木50選』(本阿弥書店、2021年)
  2. 【春の季語】桜
  3. 【冬の季語】寒の内
  4. 秋風や眼中のもの皆俳句 高浜虚子【季語=秋風(秋)】
  5. 無方無時無距離砂漠の夜が明けて 津田清子(無季)
  6. 橡の実のつぶて颪や豊前坊 杉田久女【季語=橡の実(秋)】
  7. 【新年の季語】松の内
  8. 遠くより風来て夏の海となる 飯田龍太【季語=夏の海(夏)】
  9. 杜甫にして余寒の詩句ありなつかしき 森澄雄【季語=余寒(春)】
  10. きちかうの開きて青き翅脈かな 遠藤由樹子【季語=きちかう(秋)】

Pickup記事

  1. 旅いつも雲に抜かれて大花野 岩田奎【季語=花野(秋)】
  2. 【冬の季語】クリスマス
  3. また一人看取の汗を拭いて来し 三島広志【季語=汗(夏)】
  4. 【夏の季語】閻魔詣/閻魔 閻王 宵閻魔 閻魔帳
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年9月分】
  6. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第5回】
  7. 手を入れてみたき帚木紅葉かな 大石悦子【季語=紅葉(秋)】
  8. 【秋の季語】夜長/長き夜(よ) 夜の長し 夜長人 夜長酒
  9. 【秋の季語】新酒/今年酒
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第32回】城ヶ島と松本たかし
PAGE TOP