冬の季語

【冬の季語】落葉

【冬の季語=三冬(11〜1月)】落葉

【解説】

落葉の有名な俳句といえば、

啄木鳥や落葉をいそぐ牧の木々 水原秋櫻子

むさしのの空真青なる落葉かな  同

落葉の有名な短歌といえば、

たとえば君 ガサッと落葉すくふやうにわたしを攫って行ってくれぬか 河野裕子

が思いつきます。落葉樹が「裸木」「枯木」になるまで、落とす葉、あるいは落ちた葉っぱが、「落葉」。「名の木落葉」「落葉雨」「落葉時雨」「落葉時」「落葉掃く」「落葉掻く」「落葉籠」「落葉焚く」など、さまざまな派生季語でも詠まれますし、「柿落葉」「櫨落葉」「朴落葉」「銀杏落葉」のように、個別の植物をもって詠まれることも多々。原則「らくよう」とは読みません。

春の落葉は「春落葉」、夏の落葉は「夏落葉」。


【落葉(上五)】

落葉して遠く成(なり)けり臼の音 与謝蕪村
落葉すやこの頃灯す虚空蔵 芝不器男
落葉の夜歌仙これより恋の部へ 飯田龍太
落葉踏むことなら教え上手の母 神野紗希

【落葉(中七)】

追うて来る落葉の音にふりかへり 本田あふひ
啄木鳥や落葉をいそぐ牧の木々 水原秋櫻子
侏儒たち月夜の落葉ふむならし 金尾梅の門
静臥ただ落葉降りつぐ音ばかり 成田千空
一枚の落葉となりて昏睡す 野見山朱鳥
夫恋へば落葉音なくわが前に 桂信子
天窓に落葉を溜めて囲碁倶楽部 加倉井秋を
デモすすむ恋人たちは落葉に佇ち 宮坂静生
世界の謎みえず 落葉する正午 宇井十間

【落葉(下五)】

留守のまにあれたる神の落葉哉 松尾芭蕉
吹き上げて塔より上の落葉かな 夏目漱石
むさしのの空真青なる落葉かな 水原秋櫻子
いまは床屋となりたる友の落葉の詩 寺山修司
地の温み空のぬくみの落葉かな 吉田鴻司
それまでのことこれからのこと落葉して 中原道夫
くすぶりてゐしが一気に火の落葉 檜紀代
アカシアのアルハンブラの落葉踏む 永澤謙
起きて寝て起きて赤子に落葉の窓 村上鞆彦


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】水洟
  2. 【夏の季語】泉
  3. 【冬の季語】嚏(嚔)
  4. 【春の季語】惜春
  5. 【冬の季語】寒椿
  6. 【春の季語】春月
  7. 【冬の季語】冬の日
  8. 【夏の季語】夏の果/夏果つ 夏終る 夏行く 行夏 夏逝く 夏惜し…

おすすめ記事

  1. 大いなる春を惜しみつ家に在り 星野立子【季語=春惜しむ(春)】
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」アボカドと蟹のムース
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第88回】潮田幸司
  4. 【夏の季語】蜘蛛
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第31回】田園調布と安住敦
  6. 来よ来よと梅の月ヶ瀬より電話 田畑美穂女【季語=梅 (春)】
  7. よし切りや水車はゆるく廻りをり 高浜虚子【季語=葭切(夏)】
  8. さて、どちらへ行かう風がふく 山頭火
  9. 直立の八月またも来りけり 小島健【季語=八月(秋)】
  10. 【新年の季語】包丁始(庖丁始)

Pickup記事

  1. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第2回】
  2. 薔薇の芽や温めておくティーカップ 大西朋【季語=薔薇の芽(春)】
  3. 「月光」旅館/開けても開けてもドアがある 高柳重信
  4. かけろふやくだけて物を思ふ猫 論派【季語=陽炎(春)】
  5. 【特別寄稿】「写生」──《メドゥーサ》の「驚き」 岡田一実
  6. 蝶落ちて大音響の結氷期 富沢赤黄男【季語=結氷期(冬)】
  7. アロハ来て息子の嫁を眺めをり 西村麒麟【季語=アロハ(夏)】
  8. 足指に押さへ編む籠夏炉の辺 余村光世【季語=夏炉(夏)】
  9. つひに吾れも枯野のとほき樹となるか 野見山朱鳥【季語=枯野(冬)】
  10. 【秋の季語】露草/月草 ほたる草 ばうし花
PAGE TOP