冬の季語

【冬の季語】湯婆(たんぽ)

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】湯婆(たんぽ)

湯たんぽ」のこと。

上五で使われたときは「ゆたんぽ」と四音で読ませる。


【湯婆(上五)】
湯婆抱きまこと職なき手足かな 小林康治
湯婆の夜戦中に似て非なる 宇多喜代子

【湯婆(中七)】
古庭や月に湯婆の湯をこぼす 正岡子規
なき母の湯婆やさめて十二年 夏目漱石
よき眠り欲りす湯婆に足そろヘ 富安風生

【湯婆(下五)】
夢よりは先へさめたる湯婆哉 横井也有 
捨つる水に体温ありぬ湯婆かな  谷口いづみ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】虹
  2. 【新年の季語】春の七種(七草)
  3. 【秋の季語】霧
  4. 【春の季語】虚子忌(虚子の忌)
  5. 【冬の季語】冬の谷
  6. 【新年の季語】松飾
  7. 【春の季語】雛あられ
  8. 【冬の季語】小寒

おすすめ記事

  1. あたゝかき十一月もすみにけり 中村草田男【季語=十一月(冬)】
  2. シャワー浴ぶくちびる汚れたる昼は 櫂未知子【季語=シャワー(夏)】
  3. ぽつぺんを吹くたび変はる海の色 藺草慶子【季語=ぽつぺん(新年)】
  4. 【新年の季語】七種(七草)
  5. 秋うらら他人が見てゐて樹が抱けぬ 小池康生【季語=秋うらら(秋)】
  6. 【書評】中西夕紀 第4句集『くれなゐ』(本阿弥書店、2020年)
  7. 「パリ子育て俳句さんぽ」【12月25日配信分】
  8. 【夏の季語】ソーダ水
  9. 河よりもときどき深く月浴びる 森央ミモザ【季語=月(秋)】
  10. 氷上と氷中同じ木のたましひ 板倉ケンタ【季語=氷(冬)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第78回】脇本浩子
  2. 【新年の季語】包丁始(庖丁始)
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第5回】月野ぽぽな
  4. 対岸や壁のごとくに虫の闇 抜井諒一【季語=虫(秋)】
  5. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#6】
  6. ピザーラの届かぬ地域だけ吹雪く かくた【季語=吹雪(冬)】
  7. 【新年の季語】成人の日
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第13回】神戸と西東三鬼
  9. 【毎日更新中!】ハイクノミカタ
  10. 愛かなしつめたき目玉舐めたれば 榮猿丸【季語=冷たし(冬)】
PAGE TOP