冬の季語

【冬の季語】湯たんぽ(湯婆)

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】湯たんぽ(湯湯婆)

冬の寒い時期、体を温めるためにお湯を入れて使用される容器のこと。「湯婆(たんぽ)」とも。

昔は三葉虫のようなかたちの金属製のもの、あるいは陶器製のものが一般的であったが、近年は軽いゴム製、プラスチック製のものも多い。

湯たんぽの起源は中国とされていて、14世紀(室町時代)に日本に伝わったとされる。

中国語では「湯婆子(タンポツ)」といい、「婆」は妻のことを指す。


【湯たんぽ(上五)】
湯婆の一温何にたとふべき 高浜虚子
湯婆の湯わかす術さへなかりけり 久保田万太郎
湯婆や忘じてとほき医師の業 水原秋櫻子
湯たんぽを押し出しふかく眠りゐし 篠原梵
湯たんぽの慈母のごときを足蹴にす 伊藤伊那男
湯婆やまだなきがらの足もとに 長谷川櫂
ゆたんぽのぶりきのなみのあはれかな 小澤實
湯婆にのせ大足と思ひけり 今瀬剛一
湯たんぽはダメ充電器なら貸すよ 野口る理

【湯たんぽ(中七)】
ふるさとの湯たんぽの湯に顔洗ふ 鳥居真里子
オコジョ見るまで湯たんぽとここにいる 中矢温

【湯たんぽ(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】梅探る
  2. 【冬の季語】冬
  3. 【新年の季語】七種(七草)【節句】
  4. 【春の季語】バレンタインの日(バレンタインデー)
  5. 【冬の季語】狐
  6. 【冬の季語】おでん
  7. 【夏の季語】葉桜
  8. 【冬の季語】風邪

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第117回】北村皆雄
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月29日配信分】
  3. 二十世紀なり列国に御慶申す也 尾崎紅葉【季語=御慶(新年)】
  4. 秋めくやあゝした雲の出かゝれば      池内たけし【季語=秋めく(秋)】
  5. もう逢わぬ距りは花野にも似て 澁谷道【季語=花野(秋)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第101回】田村元
  7. 【夏の季語】虹
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第30回】暗峠と橋閒石
  9. 遠くより風来て夏の海となる 飯田龍太【季語=夏の海(夏)】
  10. 【新連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 兎もも肉の赤ワイン煮

Pickup記事

  1. いづくともなき合掌や初御空 中村汀女【季語=初御空(新年)】
  2. 【秋の季語】秋暑し
  3. 【秋の季語】夜長/長き夜(よ) 夜の長し 夜長人 夜長酒
  4. 寝化粧の鏡にポインセチア燃ゆ 小路智壽子【季語=ポインセチア(冬)】
  5. 【春の季語】白梅
  6. 【春の季語】鶯
  7. 夫婦は赤子があつてぼんやりと暮らす瓜を作つた 中塚一碧楼
  8. 悲しみもありて松過ぎゆくままに 星野立子【季語=松過(新年)】
  9. 白梅や天没地没虚空没 永田耕衣【季語=白梅(春)】
  10. 浄土からアンコールワットへ大西日 佐藤文子【季語=西日(夏)】
PAGE TOP