冬の季語

【冬の季語】冬日和

【冬の季語=初冬〜晩冬(11〜1月)】冬日和

【ミニ解説】

冬の空もよう。いかにも冬らしい天気。

気温が下がってきて、厚着になれば、寒さにも慣れ、寒さを楽しめる心持ちになってきます。


【冬日和(上五)】
冬日和心にも翳なかりけり 星野立子
冬日和続く不思議さ嬉しさよ 京極杞陽
冬日和誓子が近くなりにけり 日野草城
冬日和砥石の水を刃が捲り 延平昌弥
冬日和癌もろともに母を焼く 瀬野 浩

【冬日和(中七)】

【冬日和(下五)】
さび土のぬれ色深し冬日和 志用
大仏は慈眼視衆生冬日和 高濱虚子
照り曇り心のまゝの冬日和 高濱虚子
鐵橋に水ゆたかなる冬日和 飯田蛇笏
向ふから俳句が来るよ冬日和 村越化石
命より一日大事冬日和 正木ゆう子
薪割りの音の跳ねたる冬日和 坂元正一郎
流れゆく水に水の香冬日和 栗岡信代
跳び箱十段跳べる気がして冬日和 斯波広海
出発に法螺の音受くる冬日和  田中よりこ
苔生えて人工芝や冬日和 榮 猿丸
タイ米のみな立ち上がり冬日和 岡田由季


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】七種粥(七草粥)
  2. 【夏の季語】田植
  3. 【春の季語】椿寿忌
  4. 【春の季語】旧正
  5. 【夏の季語】滝
  6. 【秋の季語】天高し
  7. 【冬の季語】蒲団(布団)
  8. 【冬の季語】冬の川

おすすめ記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」ほたるいかの酢味噌和え
  2. 目つぶりて春を耳嚙む処女同志 高篤三【季語=春(春)】
  3. 猫じゃらし全部さわって二年生 小川弘子【季語=猫じゃらし(秋)】
  4. 東風吹かば吾をきちんと口説きみよ 如月真菜【季語=東風(春)】
  5. 春宵や光り輝く菓子の塔 川端茅舎【季語=春宵(春)】
  6. 来て見ればほゝけちらして猫柳 細見綾子【季語=猫柳(春)】
  7. 秋櫻子の足あと【第4回】谷岡健彦
  8. 田に人のゐるやすらぎに春の雲 宇佐美魚目【季語=春の雲(春)】
  9. 【冬の季語】小春日
  10. 【秋の季語】天高し

Pickup記事

  1. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第6回】
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年7月分】
  3. 【冬の季語】探梅
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第19回】平泉と有馬朗人
  5. 【秋の季語】鶏頭/鶏頭花
  6. 【冬の季語】豆撒く
  7. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第10回】写真と俳句のグループ展のこと
  8. 象潟や蕎麦にたつぷり菊の花 守屋明俊【季語=菊(秋)】
  9. 後鳥羽院鳥羽院萩で擲りあふ 佐藤りえ【秋の季語=萩(冬)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第4回】菊田一平
PAGE TOP