夏の季語

【夏の季語】昼寝

【夏の季語=三夏(5月〜7月)】昼寝

夏は疲労も溜まりやすく、また暑い中での仕事や家事はつらいので、つい仮眠をとって休息したくなる。あるいは、気づけば寝ている、ということもある。短眠であるがゆえに夢を見やすく、現実からふっと遊離する面白さもある。俳句では、昼寝から覚めることを「昼寝覚」、昼寝をしている人を「昼寝人」とも呼ぶ。

午後に寝ることから「午睡」とも。三尺寝とは大工などが、仕事場の狭いスペースで昼寝をすること(日陰が三尺ほど移る間眠るからという説もある)。

旧字体は「晝寐」。


【昼寝(上五)】
昼寝猫袋の如く落ちてをり 上野泰
昼寝してゆくべきところまで行きぬ 八田木枯
昼寝より覚めしところが現住所  八田木枯
昼寝などしてをればひと来りけり 今井杏太郎
昼寝するつもりがケーキ焼くことに 稲畑汀子

【昼寝(中七)】
さみしさの昼寝の腕の置きどころ 上村占魚
赤んぼころがり昼寝の漁婦に試射砲音 古沢太穂
をさなくて昼寝の國の人となる 田中裕明
夕飯よけふは昼寝をせぬままに 木村定生
園児どち昼寝の国も駆けまはる 木内縉太

【昼寝(下五)】
野に蜜のあふれて村のひるねどき 桂信子
人恋ひてかなしきときを昼寝かな 高柳重信
山に金太郎野に金次郎予は昼寢 三橋敏雄
腸捻転元に戻してから昼寝 西村麒麟
こんなにも猫あんなにも猫昼寝 木田智美



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】雪折
  2. 【冬の季語】蓮根掘
  3. 【秋の季語】十三夜
  4. 【冬の季語】湯たんぽ(湯婆)
  5. 【春の季語】野遊
  6. 【冬の季語】梅探る
  7. 【秋の季語】九月
  8. 【新年の季語】読初

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第97回】岸田祐子
  2. 【春の季語】初音
  3. 【新年の季語】七種(七草)
  4. 【連載】新しい短歌をさがして【16】服部崇
  5. 永遠とポップコーンと冬銀河 神野紗希【季語=冬銀河(冬)】
  6. 手を敷いて我も腰掛く十三夜 中村若沙【季語=十三夜(秋)】
  7. 【春の季語】うららか
  8. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第7回】
  9. 遠き屋根に日のあたる春惜しみけり 久保田万太郎【季語=春惜しむ(春)】
  10. 【夏の季語】風鈴

Pickup記事

  1. 【冬の季語】クリスマスケーキ
  2. 月光や酒になれざるみづのこと 菅 敦【季語=月光(秋)】
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」わが家のクスクス
  4. わが影を泉へおとし掬ひけり 木本隆行【季語=泉(夏)】
  5. 【冬の季語】十一月
  6. 【冬の季語】追儺
  7. 「けふの難読俳句」【第6回】「後妻/前妻」
  8. 抱きしめてもらへぬ春の魚では 夏井いつき【季語=春の魚(春)】
  9. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年5月分】
  10. 【春の季語】朧夜
PAGE TOP