ハイクノミカタ

赤んぼころがり昼寝の漁婦に試射砲音 古沢太穂【季語=昼寝(夏)】


赤んぼころがり昼寝の漁婦に試射砲音

古沢太穂

昨今の夏は記録的な猛暑続きで、黙っていても汗が滂沱として流れ、恋人はレモンのジュースをつくるのに困りすぎた顔をしている。暑ければそれだけで疲労は蓄積される。そこで昼寝でも、という次第になるが、なにしろ暑くて眠るに眠れず、空調を調節してやっと睡眠の状態に入るのである。空調をつけた状態での昼寝はあまり感心できるものではない。やはり昼寝は涼しい風の吹くところが一番だからだ。

小さい頃は、涼しい風が網戸を通して入って来る北向きの部屋で、母親と寝転がったり、近所の子たちと並んで寝たものだ。目覚めると放心状態で、網戸の向こうのブロック屏に植栽の影が揺れているのを、ぼんやりと眺めていたりした。  

季語は「昼寝」。「古沢太穂句集」に収録の掲句は石川県内灘村(現内灘町)での米軍基地をめぐる反対闘争の時の句。

1952(昭和27)年、朝鮮戦争を背景に在日アメリカ軍が、小松製作所、神戸製鋼製の砲弾の試射場を要求したことに端を発する闘争は、翌年の6月、地元住民の怒りが最高潮に達した。政府は4月に一旦、試射を中止するとしていたが、一転、6月に試射再開を閣議決定した。地元住民は着弾地の権現森に集結し、座り込みのための小屋を建て、700人の村民が夜通しの座り込みで抵抗した。しかし午前8時すぎには試射が再開され、砲弾が轟音を立てて、砂浜に着弾する。じりじりと照りつける日差し、小屋の中の座り込みの住民の熱気、絶え間ない砲弾の轟音はつづく…そんな毎日の繰り返しに一組の母子が、疲れて眠り込んでしまっている。「赤んぼころがり」という、やや性急で突き放した入り方に切迫詰まった決死の状態、死を覚悟してしまっている人間の清らかさ、逞しさのようなものを感じる。その赤子の傍で正体なく眠っているであろう母親。「昼寝」という語の持つ安らかな響きとは、あきらかに遠い状況下の昼寝ではあるが、母子をそっと寝かせておく周囲の様子も伺われ、人間の一念の崇高さを感じる。と言ってしまうと、古沢太穂に「きみは分かってないね」という目で黙って見られそうで怖い。

この時期の句に、
 白蓮白シャツ彼我ひるがえり内灘へ
 青蘆暁色一細胞員とし深く息すう  
 砲音揺る土間に網刺し幾語を炎ゆ
 汗し集会放屁その子をたしなむ漁婦  
 熱砂に魚婦泣き「日本の巡査かお前らは」
などがある。

中嶋憲武


【執筆者プロフィール】
中嶋憲武(なかじま・のりたけ)
昭和35年(1960)東京生まれ。
平成6年(1994)「炎環」入会。作句をはじめる。 平成11年(1999)「炎環」新人賞。
平成12年(2000)「炎環」同人。
平成21年(2009)炎環賞。炎環エッセイ賞。
平成29年(2017)銅版画でANY展(原宿)参加。電子書籍「日曜のサンデー」。
平成30年(2018)攝津幸彦記念賞優秀賞。
平成31年(2019)第0句集「祝日たちのために(港の人)」。 「炎環」「豆の木」「豈」所属。
山岸由佳さんとの共同サイト「とれもろ」toremoro.ne.jp
「週刊俳句」で西原天気さんと「音楽千夜一夜」連載中。

祝日たちのために
中嶋憲武 著
(港の人、2019年)
価格 1650円(税込)
ISBN 978-4896293623

2018年、第4回攝津幸彦記念賞・優秀賞を受賞した気鋭の俳人の、句(120句)+銅版画(13点)+散文(17篇)を収めたユニークな第一句集。句は2018年にツイッターで呟いたツイッター句であり、時代の風景にスリリングに迫っている。

■収録作品より
蟻塚を越え来て淋しい息つく
夏炉あかるく人語に星を数へ得ず
海の鳥居の晩春の石は鳥になる
手が空いてゐる月白の舟を出す
葛湯吹いて馬の体躯の夜がある


2020年10月からスタートした「ハイクノミカタ」。【シーズン1】は、月曜=日下野由季→篠崎央子(2021年7月〜)、火曜=鈴木牛後、水曜=月野ぽぽな、木曜=橋本直、金曜=阪西敦子、土曜=太田うさぎ、日曜=小津夜景さんという布陣で毎日、お届けしてきた記録がこちらです↓



【2024年5月の火曜日☆常原拓のバックナンバー】
>>〔1〕今年の蠅叩去年の蠅叩 山口昭男
>>〔2〕本の背は金の文字押し胡麻の花 田中裕明
>>〔3〕夜の子の明日の水着を着てあるく 森賀まり
>>〔4〕菱形に赤子をくるみ夏座敷 対中いずみ

【2024年5月の水曜日☆杉山久子のバックナンバー】
>>〔5〕たくさんのお尻の並ぶ汐干かな 杉原祐之
>>〔6〕捩花の誤解ねぢれて空は青 細谷喨々
>>〔7〕主われを愛すと歌ふ新樹かな 利普苑るな
>>〔8〕青嵐神社があったので拝む 池田澄子
>>〔9〕万緑やご飯のあとのまたご飯 宮本佳世乃

【2024年5月の木曜日☆小助川駒介のバックナンバー】
>>〔4〕一つづつ包むパイ皮春惜しむ 代田青鳥
>>〔5〕しまうまがシャツ着て跳ねて夏来る 富安風生
>>〔6〕パン屋の娘頬に粉つけ街薄暑 高田風人子
>>〔7〕ラベンダー添へたる妻の置手紙 内堀いっぽ

【2024年4月の火曜日☆阪西敦子のバックナンバー】
>>〔119〕初花や竹の奥より朝日かげ    川端茅舎
>>〔120〕東風を負ひ東風にむかひて相離る   三宅清三郎
>>〔121〕朝寝楽し障子と壺と白ければ   三宅清三郎
>>〔122〕春惜しみつゝ蝶々におくれゆく   三宅清三郎
>>〔123〕わが家の見えて日ねもす蝶の野良 佐藤念腹

【2024年4月の水曜日☆杉山久子のバックナンバー】
>>〔1〕麗しき春の七曜またはじまる 山口誓子
>>〔2〕白魚の目に哀願の二つ三つ 田村葉
>>〔3〕無駄足も無駄骨もある苗木市 仲寒蟬
>>〔4〕飛んでゐる蝶にいつより蜂の影 中西夕紀

【2024年4月の木曜日☆小助川駒介のバックナンバー】
>>〔1〕なにがなし善きこと言はな復活祭 野澤節子
>>〔2〕春菊や料理教室みな男 仲谷あきら
>>〔3〕春の夢魚からもらふ首飾り 井上たま子

【2024年4月の木曜日☆小助川駒介のバックナンバー】
>>〔1〕なにがなし善きこと言はな復活祭 野澤節子
>>〔2〕春菊や料理教室みな男 仲谷あきら

【2024年3月の火曜日☆鈴木総史のバックナンバー】
>>〔14〕芹と名がつく賑やかな娘が走る 中村梨々
>>〔15〕一瞬にしてみな遺品雲の峰 櫂未知子
>>〔16〕牡丹ていっくに蕪村ずること二三片 加藤郁乎

【2024年3月の水曜日☆山岸由佳のバックナンバー】
>>〔5〕唐太の天ぞ垂れたり鰊群来 山口誓子
>>〔6〕少女才長け鶯の鳴き真似する  三橋鷹女
>>〔7〕金色の種まき赤児がささやくよ  寺田京子

【2024年3月の木曜日☆板倉ケンタのバックナンバー】
>>〔6〕祈るべき天と思えど天の病む 石牟礼道子
>>〔7〕吾も春の野に下りたてば紫に 星野立子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 二人でかぶる風折烏帽子うぐひすとぶ 飯島晴子【季語=鶯(春)】
  2. 春日差す俳句ポストに南京錠 本多遊子【季語=春日(春)】
  3. さへづりのだんだん吾を容れにけり 石田郷子【季語=囀(春)】
  4. 嫁がねば長き青春青蜜柑 大橋敦子【季語=青蜜柑(秋)】
  5. 恋の句の一つとてなき葛湯かな 岩田由美【季語=葛湯(冬)】
  6. 浜風のほどよき強さ白子干す 橋川かず子【季語=白子干す(春)】
  7. 流星も入れてドロップ缶に蓋 今井聖【季語=流星(秋)】
  8. 雪兎なんぼつくれば声通る 飯島晴子【季語=雪兎(冬)】

おすすめ記事

  1. 小鳥来る薄き机をひからせて 飯島晴子【季語=小鳥来る(秋)】
  2. サマーセーター前後不明を着こなしぬ 宇多喜代子【季語=サマーセーター(夏)】
  3. イエスほど痩せてはをらず薬喰 亀田虎童子【季語=薬喰(冬)】
  4. 秋の日の音楽室に水の層 安西篤【季語=秋の日(秋)】
  5. 【夏の季語】雲の峰
  6. 夕焼けに入っておいであたまから 妹尾凛
  7. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第3回】2010年神戸新聞杯
  8. ハイシノミカタ【#5】「藍花」(川合牛蒡編集長)
  9. 【連載】新しい短歌をさがして【3】服部崇
  10. 小鳥屋の前の小川の寒雀 鈴木鷹夫【季語=寒雀(冬)】

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第18回】塩竈と佐藤鬼房
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」春にんじんのキャロット・ラペ
  3. 【秋の季語】霧
  4. 雨月なり後部座席に人眠らせ 榮猿丸【季語=雨月(秋)】
  5. つれづれのわれに蟇這ふ小庭かな 杉田久女【季語=蟇(夏)】
  6. 髪で捲く鏡や冬の谷底に 飯島晴子【季語=冬(冬)】
  7. 夕餉まで少し間のあり額の花 片山由美子【季語=額の花(夏)】
  8. 胸元に来し雪虫に胸与ふ 坂本タカ女【季語=雪虫(冬)】
  9. 橘や蒼きうるふの二月尽 三橋敏雄【季語=二月尽(春)】
  10. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第9回】
PAGE TOP