ハイクノミカタ

今年の蠅叩去年の蠅叩 山口昭男【季語=蠅叩(夏)】


今年の蠅叩去年の蠅叩

山口昭男

8年前、職場の先輩に誘われて「秋草」の句会に参加した。主宰の山口昭男さんは、一緒に仕事をさせていただいたことがあったが、俳人であり結社の主宰であるということは全く知らなかった。

小学校教師という仕事柄、私も年に数回は俳句の授業を行っていたが、教科書に載っている芭蕉や蕪村の句を読み、子供たちと一緒に季節の俳句をつくる、という一般的なものだった。初めて参加した「秋草」の句会で出された俳句は、私の知っている俳句のイメージとは全く異なり、大いにとまどったことを覚えている。

ほどなくして、山口主宰から第三句集『木簡』をいただいた。初めて手にする句集であった。ほとんどわからなかった。わからなかったが、装幀も含めて、とにかくかっこいいと思った。結果的に『木簡』が、「秋草」で俳句を続けていくきっかけになった。

掲句は『木簡』の中の一句。蠅叩が二本提示されるだけで、何も言っていない。シンプルであるからこそ、想像力が存分に掻き立てられる。私は祖母の家にある蠅叩を思い出した。子供の頃、年上の従妹が蠅叩を振り回して遊んでいた。私も使いたかったが、貸してくれない。すると、祖母がどこからかもう一本の蠅叩を出してきてくれた。蠅叩とはそういうものなのだ。

今年の2月、『木簡』と同じ版元の青磁社より、第一句集『王国の名』を上梓した。青磁社を選んだのは、『木簡』への強いあこがれがあったからに他ならない。「セクト・ポクリット」管理人の堀切克洋さんから「『木簡』を思い出させる装幀」と言っていただけたのは、なんともうれしかった。

常原 拓


【執筆者プロフィール】
常原 拓(つねはら・たく)
1979年 神戸市生まれ
2016年 「秋草」入会 山口昭男に師事
2023年 第7回俳人協会新鋭俳句賞準賞
2024年 第一句集『王国の名』

第7回俳人協会新鋭俳句賞準賞受賞の「秋草」所属の中堅俳人。
待望の第一句集。

常原拓句集『王国の名』

四六判変型上製
200ページ
2000円(税別)

ISBNコード
978-4861985805

第69回読売文学賞受賞!
2010年からの作品338句をまとめた第三句集。
待ちに待った「秋草」主宰として初の句集。

山口昭男句集『木簡』

四六判ソフトカバー
194ページ
2500円(税別)

ISBNコード
978-4861983818


2020年10月からスタートした「ハイクノミカタ」。【シーズン1】は、月曜=日下野由季→篠崎央子(2021年7月〜)、火曜=鈴木牛後、水曜=月野ぽぽな、木曜=橋本直、金曜=阪西敦子、土曜=太田うさぎ、日曜=小津夜景さんという布陣で毎日、お届けしてきた記録がこちらです↓



【2024年5月の水曜日☆杉山久子のバックナンバー】
>>〔5〕たくさんのお尻の並ぶ汐干かな 杉原祐之

【2024年5月の木曜日☆小助川駒介のバックナンバー】
>>〔4〕一つづつ包むパイ皮春惜しむ 代田青鳥

【2024年4月の火曜日☆阪西敦子のバックナンバー】
>>〔119〕初花や竹の奥より朝日かげ    川端茅舎
>>〔120〕東風を負ひ東風にむかひて相離る   三宅清三郎
>>〔121〕朝寝楽し障子と壺と白ければ   三宅清三郎
>>〔122〕春惜しみつゝ蝶々におくれゆく   三宅清三郎
>>〔123〕わが家の見えて日ねもす蝶の野良 佐藤念腹

【2024年4月の水曜日☆杉山久子のバックナンバー】
>>〔1〕麗しき春の七曜またはじまる 山口誓子
>>〔2〕白魚の目に哀願の二つ三つ 田村葉
>>〔3〕無駄足も無駄骨もある苗木市 仲寒蟬
>>〔4〕飛んでゐる蝶にいつより蜂の影 中西夕紀

【2024年4月の木曜日☆小助川駒介のバックナンバー】
>>〔1〕なにがなし善きこと言はな復活祭 野澤節子
>>〔2〕春菊や料理教室みな男 仲谷あきら
>>〔3〕春の夢魚からもらふ首飾り 井上たま子

【2024年3月の火曜日☆鈴木総史のバックナンバー】
>>〔14〕芹と名がつく賑やかな娘が走る 中村梨々
>>〔15〕一瞬にしてみな遺品雲の峰 櫂未知子
>>〔16〕牡丹ていっくに蕪村ずること二三片 加藤郁乎

【2024年3月の水曜日☆山岸由佳のバックナンバー】
>>〔5〕唐太の天ぞ垂れたり鰊群来 山口誓子
>>〔6〕少女才長け鶯の鳴き真似する  三橋鷹女
>>〔7〕金色の種まき赤児がささやくよ  寺田京子

【2024年3月の木曜日☆板倉ケンタのバックナンバー】
>>〔6〕祈るべき天と思えど天の病む 石牟礼道子
>>〔7〕吾も春の野に下りたてば紫に 星野立子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. こまごまと大河のごとく蟻の列 深見けん二【季語=蟻(夏)】
  2. 古池やにとんだ蛙で蜘蛛るTELかな 加藤郁乎
  3. 青嵐神社があったので拝む 池田澄子【季語=青嵐(夏)】
  4. 片影にこぼれし塩の点々たり 大野林火【季語=片影】
  5. 初旅の富士より伊吹たのもしき 西村和子【季語=初旅(新年)】
  6. 藷たべてゐる子に何が好きかと問ふ 京極杞陽【季語=藷 (秋)】
  7. 針供養といふことをしてそと遊ぶ 後藤夜半【季語=針供養(春)】
  8. たが魂ぞほたるともならで秋の風 横井也有【季語=秋の風(秋)】

おすすめ記事

  1. 【#41】真夏の個人的な過ごし方
  2. どんぶりに顔を埋めて暮早し 飯田冬眞【季語=暮早し(冬)】
  3. 遠き屋根に日のあたる春惜しみけり 久保田万太郎【季語=春惜しむ(春)】
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」いくらの醤油漬け
  5. 取り除く土の山なす朧かな 駒木根淳子【季語=朧(春)】
  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年12月分】
  7. 懐石の芋の葉にのり衣被  平林春子【季語=衣被(秋)】
  8. 【連載】「ゆれたことば」#2「自然がこんなに怖いものだったとは」堀田季何
  9. 【連載】「ゆれたことば」#3「被災地/被災者」千倉由穂
  10. 家濡れて重たくなりぬ花辛夷 森賀まり【季語=花辛夷(春)】 

Pickup記事

  1. コーヒー沸く香りの朝はハットハウスの青さで 古屋翠渓
  2. 【秋の季語】秋の空
  3. ゆく船に乗る金魚鉢その金魚 島田牙城【季語=金魚(夏)】
  4. 【冬の季語】聖樹
  5. 【書評】日下野由季 第2句集『馥郁』(ふらんす堂、2018年)
  6. 冬枯や熊祭る子の蝦夷錦 正岡子規【季語=冬枯・熊(冬)】
  7. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年7月分】
  8. 尺蠖の己れの宙を疑はず 飯島晴子【季語=尺蠖(夏)】
  9. 花の影寝まじ未来が恐しき 小林一茶【季語=花の影(春)】
  10. 【春の季語】春の雪
PAGE TOP