夏の季語

【夏の季語】酢漿の花

【夏の季語=三夏(5月〜7月)】酢漿の花

難読字ではあるが、夏になると路傍で見かける「カタバミ」である。夜に葉が閉じて、半分になったように見えることがその名の由来とされる。漢字表記には、「片喰」「傍食」なども用いられるが、歳時記では「酢漿」が一般的。ただし、ひらがなで書かれることも多い。

カタバミの花期は5~10月。

クローバーにも似た、ハート形の葉が特徴的。花の色は黄色であるが、紫色やピンク色の花を付けるものもある。以下の画像は、ムラサキカタバミ。


【酢漿の花(上五)】
かたばみの花より淋し住みわかれ 三橋鷹女
かたばみを見てゐる耳のうつくしさ 横山白虹
かたばみに雨ぴちぴちと雀の子 矢島渚男
かたばみを掃きいぢめたる箒かな 辻桃子

【酢漿の花(中七)】

【酢漿の花(下五)】
川清水わが紋どころ酢漿草咲く 中村草田男

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】春を待つ
  2. 【夏の季語】水着
  3. 【春の季語】復活祭
  4. 【春の季語】春風
  5. 【冬の季語】冬籠
  6. 【春の季語】朧夜
  7. 【冬の季語】冬銀河
  8. 【春の季語】菜種梅雨

おすすめ記事

  1. 真っ黒な鳥が物言う文化の日 出口善子【季語=文化の日(秋)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第19回】篠崎央子
  3. 年を以て巨人としたり歩み去る 高浜虚子【季語=行年(冬)】
  4. 【#30】公園の猫たちと竹内栖鳳の「班猫」
  5. 【春の季語】春分
  6. 【新連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 兎もも肉の赤ワイン煮
  7. 片影にこぼれし塩の点々たり 大野林火【季語=片影】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第110回】今井康之
  9. 止まり木に鳥の一日ヒヤシンス  津川絵理子【季語=ヒヤシンス(春)】
  10. 「ハイブリッド句会」の勧め!

Pickup記事

  1. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【9】/小田島渚(「銀漢」「小熊座」同人)
  2. 妹は滝の扉を恣 小山玄紀【季語=滝(夏)】
  3. あきかぜの疾渡る空を仰ぎけり 久保田万太郎【季語=秋風(秋)】
  4. 旅いつも雲に抜かれて大花野 岩田奎【季語=花野(秋)】
  5. 秋櫻子の足あと【第10回】谷岡健彦
  6. さくら仰ぎて雨男雨女 山上樹実雄【季語=桜(春)】
  7. 女房の化粧の音に秋澄めり 戸松九里【季語=秋澄む(秋)】
  8. 【新年の季語】松飾
  9. 寒木が枝打ち鳴らす犬の恋 西東三鬼【季語=寒木(冬)】
  10. 仕切り繰返す間も掃き五月場所 鷹羽狩行【季語=五月場所(夏)】
PAGE TOP