季語・歳時記

【夏の季語】汗/汗ばむ 玉の汗

【夏の季語(三夏)】汗/汗ばむ 玉の汗

【解説】暑いと汗がでます。

【関連季語】土用、日盛、炎天、油照、三伏、暑し、大暑、極暑、炎暑など。

【汗】
汗ぬぐふ捕手のマスクの汗見ずや 水原秋櫻子
昔より美人は汗をかかぬもの 今井千鶴子
今生の汗が消えゆくお母さん 古賀まり子
ひとすぢの流るる汗も言葉なり 鷹羽狩行
幸福だこんなに汗が出るなんて 雪我狂流   
汗のをばさん汗のおぢさんと話す 島田牙城
関係ないだろお前つて汗だくでまとはりつく 小川軽舟
また一人看取の汗を拭いて来し 三島広志
どちらかといへば汗かく人が好き 堀切克洋

【汗ばむ】
汗ばむや桜の頃のいい話       清水径子

【汗の玉】
かんしゃくの筋をなぞりて汗の玉   杉本 零

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】落葉
  2. 【夏の季語】玉虫
  3. 【秋の季語】鰯雲/鱗雲 鯖雲
  4. 【冬の季語】蓮枯る
  5. 【夏の季語】閻魔詣/閻魔 閻王 宵閻魔 閻魔帳
  6. 【春の季語】雨水
  7. 【春の季語】雛人形
  8. 【春の季語】桜蘂降る

おすすめ記事

  1. 三月の旅の支度にパスポート 千原草之【季語=三月(春)】
  2. 【春の季語】鶯
  3. 蓮根や泪を横にこぼしあひ 飯島晴子【季語=蓮根(冬)】
  4. さへづりのだんだん吾を容れにけり 石田郷子【季語=囀(春)】
  5. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第4回】
  6. 【連載】俳人のホンダナ!#4 西生ゆかり
  7. 八月の灼ける巌を見上ぐれば絶倫といふ明るき寂寥 前登志夫【季語=夏山(夏)】
  8. 百方に借あるごとし秋の暮 石塚友二【季語=秋の暮(秋)】
  9. 【春の季語】春の夢
  10. 露地裏を夜汽車と思ふ金魚かな 攝津幸彦【季語=金魚(夏)】

Pickup記事

  1. 石よりも固くなりたき新松子 後藤比奈夫【季語=新松子(秋)】
  2. 【冬の季語】冬薔薇
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月9日配信分】
  4. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第5回】
  5. 女に捨てられたうす雪の夜の街燈 尾崎放哉【季語=雪(冬)】
  6. 冬麗の谷人形を打ち合はせ 飯島晴子【季語=冬麗(冬)】
  7. 【春の季語】雛祭
  8. 【新年の季語】門松
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第8回】鈴木てる緒
  10. ひら/\と猫が乳吞む厄日かな 秋元不死男【季語=厄日(秋)】
PAGE TOP