冬の季語

【冬の季語】寒夕焼

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】寒夕焼

【ミニ解説】

「冬夕焼」のこと。

「冬」よりも、さらに少し冷えが極まった時期という感じもある。

単に「夕焼」といえば夏の季語。

類似の季語に「寒茜」。


【寒夕焼(上五)】
寒夕焼端まで塗らず画布の紅 桂信子
寒夕焼富士一日の力抜く 久保田重之
寒夕焼に焼き亡ぼさん癌の身は 成田千空
寒夕焼じやんけんぽんの石と紙 鷹羽狩行

【寒夕焼(中七)】
鸚鵡孤児寒夕焼に舌染めて 澁谷道

【寒夕焼(下五)】
露地染めて何をもたらす寒夕焼  菖蒲あや
行くピエロ帰るピエロよ寒夕焼 小沢昭一
ユトリロの壁塗り替える寒夕焼 阪本彩
垂直に人の死の来る寒夕焼 安西篤
海原は覇者のしづけさ寒夕焼 奥坂まや
コピー機に残る履歴書寒夕焼 柴田千晶
裏路地の空のでこぼこ寒夕焼 小野あらた


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】兎
  2. 【夏の季語】夏蝶
  3. 【秋の季語】鰯雲/鱗雲 鯖雲
  4. 【冬の季語】鬼やらう
  5. 【春の季語】花粉症
  6. 【冬の季語】蕪
  7. 【冬の季語】鯛焼
  8. 【夏の季語】小満

おすすめ記事

  1. 新道をきつねの風がすすんでゐる 飯島晴子【季語=狐(冬)】
  2. 木の根明く仔牛らに灯のひとつづつ 陽美保子【季語=木の根明く(春)】
  3. 梅漬けてあかき妻の手夜は愛す 能村登四郎【季語=梅漬ける(夏)】
  4. 【冬の季語】冬薔薇
  5. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【1】/高部務(作家)
  6. 【冬の季語】人参
  7. 初場所の力士顚倒し顚倒し 三橋敏雄【季語=初場所(新年)】
  8. 「野崎海芋のたべる歳時記」卵のココット
  9. 夕立や野に二筋の水柱 広江八重桜【季語=夕立(夏)】
  10. 【第11回】ラジオ・ポクリット【新年会2023】

Pickup記事

  1. 【特別寄稿】これまで、これから ーいわき復興支援の10年ー山崎祐子
  2. 廃墟春日首なきイエス胴なき使徒 野見山朱鳥【季語=春日(春)】
  3. 【春の季語】初花
  4. 九十の恋かや白き曼珠沙華 文挾夫佐恵【季語=曼珠沙華(秋)】
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年9月分】
  6. 逢えぬなら思いぬ草紅葉にしゃがみ 池田澄子【季語=草紅葉(秋)】
  7. いつせいに振り向かれたり曼珠沙華 柏柳明子【季語=曼珠沙華(秋)】
  8. 【新年の季語】なまはげ
  9. 来て見れば来てよかりしよ梅椿 星野立子【季語=梅・椿(春)】
  10. 【春の季語】梅二月
PAGE TOP