冬の季語

【冬の季語】寒夕焼

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】寒夕焼

【ミニ解説】

「冬夕焼」のこと。

「冬」よりも、さらに少し冷えが極まった時期という感じもある。

単に「夕焼」といえば夏の季語。

類似の季語に「寒茜」。


【寒夕焼(上五)】
寒夕焼端まで塗らず画布の紅 桂信子
寒夕焼富士一日の力抜く 久保田重之
寒夕焼に焼き亡ぼさん癌の身は 成田千空
寒夕焼じやんけんぽんの石と紙 鷹羽狩行

【寒夕焼(中七)】
鸚鵡孤児寒夕焼に舌染めて 澁谷道

【寒夕焼(下五)】
露地染めて何をもたらす寒夕焼  菖蒲あや
行くピエロ帰るピエロよ寒夕焼 小沢昭一
ユトリロの壁塗り替える寒夕焼 阪本彩
垂直に人の死の来る寒夕焼 安西篤
海原は覇者のしづけさ寒夕焼 奥坂まや
コピー機に残る履歴書寒夕焼 柴田千晶
裏路地の空のでこぼこ寒夕焼 小野あらた


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】冬の谷
  2. 【冬の季語】寒の内
  3. 【冬の季語】小寒
  4. 【春の季語】春惜む(春惜しむ)
  5. 【秋の季語】秋気
  6. 【秋の季語】秋の風
  7. 【冬の季語】冬日
  8. 【夏の季語】キャンプ/テント バンガロー キャンプ村 キャンプ場…

おすすめ記事

  1. 秋めくやあゝした雲の出かゝれば      池内たけし【季語=秋めく(秋)】
  2. 車椅子はもとより淋し十三夜 成瀬正俊【季語=十三夜(秋)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第5回】月野ぽぽな
  4. どんぶりに顔を埋めて暮早し 飯田冬眞【季語=暮早し(冬)】
  5. 【春の季語】春めく
  6. 氷上と氷中同じ木のたましひ 板倉ケンタ【季語=氷(冬)】
  7. すきとおるそこは太鼓をたたいてとおる 阿部完市
  8. 【冬の季語】冬の日
  9. まはし見る岐阜提灯の山と川 岸本尚毅【季語=岐阜提灯(夏)】
  10. 冬銀河旅鞄より流れ出す 坂本宮尾【季語=冬銀河(冬)】

Pickup記事

  1. 海松かゝるつなみのあとの木立かな  正岡子規【季語=海松(春)】
  2. 春の言葉おぼえて体おもくなる 小田島渚【季語=春(春)】
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」牡蠣とほうれん草のガーリックソテー
  4. 【夏の季語】夏蝶
  5. 【冬の季語】春待つ
  6. 【新年の季語】松七日
  7. 来て見ればほゝけちらして猫柳 細見綾子【季語=猫柳(春)】
  8. 麦打の埃の中の花葵 本田あふひ【季語=花葵(夏)】
  9. 「パリ子育て俳句さんぽ」【1月22日配信分】
  10. 冷房とまる高階純愛の男女残し 金子兜太【季語=冷房(夏)】
PAGE TOP