冬の季語

【冬の季語】冴ゆ・冴え

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】冴ゆ・冴え

名詞としての「冴え」は大気・色・音などが澄みきったさま。

動詞としての「冴ゆ」では特に寒気の極まりを強調します。文語的な活用ならば「冴えず・冴えて・冴ゆ・冴るとき・冴えども」と活用する。

大気・色・音などの冴えは「鐘冴ゆ」「星冴ゆ」「月冴ゆ」「風冴ゆ」というように具体的な語を結びつけて表されることが多い。

日常語に近づけたかたちとしては「冴える」。

立春を過ぎてからの冴えは「冴返る」といい、こちらは春の季語である。


【冴ゆ(上五)】
影冴えて月の漁村の潮干かな 乙由
冴ゆる夜こころの底にふるるもの 久保田万太郎
風冴えて魚の腹さく女の手 石橋秀野
灯のさえて遺言状を書くならし 文挾夫
冬冴えのレールや鳩の広い食ひ 平林静塔
さえざえとまたなき夜空現れにけ 斎藤玄
波冴ゆる流木立たん立たんとす 山口草堂 

【冴ゆ(中七)】
満月の冴えてみちびく家路あり 飯田龍太
どの顔も冴ゆる証明写真かな 津田佐知子
CTの冴えの静かさ脳輪切り 榎本嵯督有

【冴ゆ(下五)】
今夜から夜が直るやら鐘さえる 小林一茶
葱畑日当りながら冴えにけり 野村喜舟
無口なりし父のかなしみ冴ゆる夜ぞ 矢島渚男
思惑を薄切りにして冴える街 手塚玉泉


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】梅雨の月
  2. 【夏の季語】水中花/酒中花
  3. 【春の季語】猫柳
  4. 【春の季語】風光る
  5. 【夏の季語】汗/汗ばむ 玉の汗
  6. 【夏の季語】日傘
  7. 【夏の季語】緑蔭
  8. 【冬の季語】咳く

おすすめ記事

  1. 什器全て鈍器に見えて冬籠 今井聖【季語=冬籠(冬)】
  2. 雛納めせし日人形持ち歩く 千原草之【季語=雛納(春)】
  3. 葛咲くや嬬恋村の字いくつ 石田波郷【季語=葛の花(秋)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第58回】 秩父と金子兜太
  5. 【秋の季語】秋暑し
  6. 髪で捲く鏡や冬の谷底に 飯島晴子【季語=冬(冬)】
  7. よき椅子にもたれて話す冬籠 池内たけし【季語=冬籠(冬)】
  8. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年12月分】
  9. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第6回】2018年フェブラリーステークス・ノンコノユメ
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第64回】城島徹

Pickup記事

  1. 【連載】俳人のホンダナ!#5 渡部有紀子
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」カオマンガイ
  3. 【夏の季語】夏木立
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第51回】 軽井沢と堀口星眠
  5. いつの間に昼の月出て冬の空 内藤鳴雪【季語=冬の空(冬)】
  6. 【特集】東日本大震災 10年を迎えて
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第45回】 池田と日野草城
  8. 息ながきパイプオルガン底冷えす 津川絵理子【季語=底冷(秋)】
  9. 蓮根や泪を横にこぼしあひ 飯島晴子【季語=蓮根(冬)】
  10. 【冬の季語】数え日
PAGE TOP