冬の季語

【冬の季語】冴ゆ・冴え

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】冴ゆ・冴え

名詞としての「冴え」は大気・色・音などが澄みきったさま。

動詞としての「冴ゆ」では特に寒気の極まりを強調します。文語的な活用ならば「冴えず・冴えて・冴ゆ・冴るとき・冴えども」と活用する。

大気・色・音などの冴えは「鐘冴ゆ」「星冴ゆ」「月冴ゆ」「風冴ゆ」というように具体的な語を結びつけて表されることが多い。

日常語に近づけたかたちとしては「冴える」。

立春を過ぎてからの冴えは「冴返る」といい、こちらは春の季語である。


【冴ゆ(上五)】
影冴えて月の漁村の潮干かな 乙由
冴ゆる夜こころの底にふるるもの 久保田万太郎
風冴えて魚の腹さく女の手 石橋秀野
灯のさえて遺言状を書くならし 文挾夫
冬冴えのレールや鳩の広い食ひ 平林静塔
さえざえとまたなき夜空現れにけ 斎藤玄
波冴ゆる流木立たん立たんとす 山口草堂 

【冴ゆ(中七)】
満月の冴えてみちびく家路あり 飯田龍太
どの顔も冴ゆる証明写真かな 津田佐知子
CTの冴えの静かさ脳輪切り 榎本嵯督有

【冴ゆ(下五)】
今夜から夜が直るやら鐘さえる 小林一茶
葱畑日当りながら冴えにけり 野村喜舟
無口なりし父のかなしみ冴ゆる夜ぞ 矢島渚男
思惑を薄切りにして冴える街 手塚玉泉


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】待春
  2. 【冬の季語】手袋
  3. 【冬の季語】追儺
  4. 【冬の季語】歳晩
  5. 【新年の季語】田遊
  6. 【冬の季語】冬日
  7. 【秋の季語】コスモス
  8. 【冬の季語】寒卵(寒玉子)

おすすめ記事

  1. わが影を泉へおとし掬ひけり 木本隆行【季語=泉(夏)】
  2. 【秋の季語】名月/満月 望月 今日の月 月今宵 十五夜 芋名月
  3. マグダラのマリア恋しや芥子の花 有馬朗人【季語=芥子の花(夏)】
  4. ここまでは来たよとモアイ置いていく 大川博幸
  5. 唐太の天ぞ垂れたり鰊群来 山口誓子【季語=鰊(春)】 
  6. 天女より人女がよけれ吾亦紅 森澄雄【季語=吾亦紅(秋)】
  7. 【春の季語】シクラメン
  8. 中年や遠くみのれる夜の桃 西東三鬼【季語=桃(秋)】
  9. 潮の香や野分のあとの浜畠 齋藤俳小星【季語=野分(秋)】
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第60回】 貴船と波多野爽波

Pickup記事

  1. わが知れる阿鼻叫喚や震災忌 京極杞陽【季語=震災忌(秋)】
  2. 鉛筆一本田川に流れ春休み 森澄雄【季語=春休み(春)】
  3. 【夏の季語】出梅
  4. 【冬の季語】雪掻く
  5. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第5回】2013年有馬記念・オルフェーヴル
  6. 方舟へ行く一本道の闇上野ちづこ(無季)
  7. 蛇を知らぬ天才とゐて風の中 鈴木六林男【季語=蛇(夏)】
  8. 【春の季語】春菊
  9. 【#39】炎暑の猫たち
  10. 【春の季語】春の野
PAGE TOP