冬の季語

【冬の季語】鬼やらい

【冬の季語=晩冬(2月)】鬼やらい

節分」に「豆を撒く」こと。

動詞的に「鬼やらう」として使うこともある。

歴史的仮名遣いだと「鬼やらひ」。


【鬼やらい(上五)】
赤鬼は日本の鬼鬼やらひ 石田波郷

【鬼やらい(中七)】
かといつて鬼やらひにも礼儀はある 五十嵐箏曲

【鬼やらい(下五)】
道ばたの雪の伏屋の鬼やらひ 高浜虚子
またたきて星大粒や鬼やらひ 森澄雄
廂より夜空はじまる鬼やらひ 廣瀬直人
灯のいろを踏めば氷や鬼やらひ 長谷川櫂
夕方の石のしづかな鬼やらひ 田口茉於


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】四月馬鹿
  2. 【冬の季語】冬木
  3. 【春の季語】夕桜
  4. 【冬の季語】小六月
  5. 【冬の季語】春近し
  6. 【夏の季語】冷房
  7. 【夏の季語】蝸牛
  8. 【春の季語】春風

おすすめ記事

  1. 水吸うて新聞あをし花八ツ手 森賀まり【季語=花八ツ手(冬)】
  2. 【連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 グジェール
  3. 子規逝くや十七日の月明に 高浜虚子【季語=月明(秋)】
  4. 夢に夢見て蒲団の外に出す腕よ 桑原三郎【季語=蒲団(冬)】
  5. 薫風や今メンバー紹介のとこ 佐藤智子【季語=薫風(夏)】
  6. 凍る夜の大姿見は灯を映す 一力五郎【季語=凍る(冬)】
  7. 埋火もきゆやなみだの烹る音 芭蕉【季語=埋火(冬)】
  8. ハイシノミカタ【#1】「蒼海」(堀本裕樹主宰)
  9. 秋鯖や上司罵るために酔ふ 草間時彦【季語=秋鯖(秋)】
  10. 鶏鳴の多さよ夏の旅一歩 中村草田男【季語=夏の旅(夏)】

Pickup記事

  1. 【秋の季語】秋灯下
  2. 水を飲む風鈴ふたつみつつ鳴る 今井肖子【季語=風鈴(夏)】
  3. 灰神楽かと思ひきや杉花粉 天沢退二郎【季語=杉花粉(春)】
  4. おとつさんこんなに花がちつてるよ 正岡子規【季語=花散る(春)】
  5. 浅春の岸辺は龍の匂ひせる 対中いずみ【季語=亀浅春(春)】
  6. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#06】落語と猫と
  7. 数へ日の残り日二日のみとなる 右城暮石【季語=数へ日(冬)】
  8. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年4月分】
  9. 永遠とポップコーンと冬銀河 神野紗希【季語=冬銀河(冬)】
  10. 禁断の木の実もつるす聖樹かな モーレンカンプふゆこ【季語=聖樹(冬)】
PAGE TOP