冬の季語

【冬の季語】鬼やらい

【冬の季語=晩冬(2月)】鬼やらい

節分」に「豆を撒く」こと。

動詞的に「鬼やらう」として使うこともある。

歴史的仮名遣いだと「鬼やらひ」。


【鬼やらい(上五)】
赤鬼は日本の鬼鬼やらひ 石田波郷

【鬼やらい(中七)】
かといつて鬼やらひにも礼儀はある 五十嵐箏曲

【鬼やらい(下五)】
道ばたの雪の伏屋の鬼やらひ 高浜虚子
またたきて星大粒や鬼やらひ 森澄雄
廂より夜空はじまる鬼やらひ 廣瀬直人
灯のいろを踏めば氷や鬼やらひ 長谷川櫂
夕方の石のしづかな鬼やらひ 田口茉於


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】冬滝
  2. 【冬の季語】枯木立
  3. 【夏の季語】蜘蛛
  4. 【冬の季語】寒夕焼
  5. 【冬の季語】冬木
  6. 【冬の季語】冬の猫
  7. 【冬の季語】日向ぼこ
  8. 【夏の季語】蟻地獄/あとずさり 擂鉢虫

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】夕霧忌
  2. 服脱ぎてサンタクロースになるところ 堀切克洋【季語=サンタクロース(冬)】
  3. 【春の季語】彼岸
  4. 【第6回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:阪西敦子・太田うさぎさん)【中編】
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」菜の花のオイスターソースがけ
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第15回】屋内修一
  7. だんだんと暮色の味となるビール 松本てふこ【季語=ビール(夏)】
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第34回】鎌倉と星野立子
  9. 【夏の季語】紫陽花
  10. 胸の炎のボレロは雪をもて消さむ 文挾夫佐恵【季語=雪(冬)】

Pickup記事

  1. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年9月分】
  2. 本の山くづれて遠き海に鮫 小澤實【季語=鮫(冬)】
  3. 前をゆく私が野分へとむかふ 鴇田智哉【季語=野分(秋)】
  4. ゆく船に乗る金魚鉢その金魚 島田牙城【季語=金魚(夏)】
  5. 月代は月となり灯は窓となる   竹下しづの女【季語=月(秋)】
  6. 恋終りアスパラガスの青すぎる 神保千恵子【季語=アスパラガス(春)】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第111回】宮澤正明
  8. 【夏の季語】草田男忌/炎熱忌
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第101回】田村元
  10. 黴くさし男やもめとなりてより 伊藤伊那男【季語=黴(夏)】
PAGE TOP