冬の季語

【冬の季語】豆撒く

【冬の季語=晩冬(2月)】豆撒く(豆を撒く)

節分」に「豆を撒く」こと。「鬼やらひ」ともいう。

名詞で「豆撒」と使われることもある。

豆(を)打つ」とも。


【豆撒く(上五)】
豆撒きし枕べのまま寝ぬるべし 皆吉爽雨
豆撒くや妻のうしろのくらがりに 小林康治
豆撒く子心に鬼をまだ持たず 山田みづえ
豆撒くや身に一匹の鬼育て 伊藤伊那男
豆撒くやこの世この恋ひとつきり 仙田洋子

【豆撒く(中七)】
病室に豆撒きて妻帰りけり 石田波郷
惜しみなく豆を撒きたる後始末 黒川悦子

【豆撒く(下五)】
わが部屋に最も多く豆撒かれ 阿部みどり女


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】芋虫
  2. 【冬の季語】雪降る
  3. 【冬の季語】海鼠/海鼠舟 海鼠突 酢海鼠 海鼠腸
  4. 【夏の季語】夜の秋
  5. 【新年の季語】読初
  6. 【冬の季語】日脚伸ぶ
  7. 【春の季語】山桜
  8. 【春の季語】白魚

おすすめ記事

  1. 真っ白な番の蝶よ秋草に 木村丹乙【季語=秋草(秋)】
  2. 男衆の聲弾み雪囲ひ解く 入船亭扇辰【季語=雪囲解く(春)】
  3. 冬真昼わが影不意に生れたり 桂信子【季語=冬の昼(冬)】
  4. まどごしに與へ去りたる螢かな 久保より江【季語=蛍(夏)】
  5. 【秋の季語】蓑虫/鬼の子 蓑虫鳴く
  6. 折々己れにおどろく噴水時の中 中村草田男【季語=噴水(夏)】
  7. 【春の季語】葱坊主
  8. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【1】/高部務(作家)
  9. 【春の季語】初桜
  10. をどり字のごとく連れ立ち俳の秋 井口時男【季語=秋(秋)】

Pickup記事

  1. 海外のニュースの河馬が泣いていた 木田智美【無季】
  2. 【冬の季語】鴨
  3. 消すまじき育つるまじき火は埋む 京極杞陽【季語=埋火(冬)】
  4. 山桜見て居ればつく渡舟かな 波多野晋平【季語=山桜(春)】
  5. 春光のステンドグラス天使舞ふ 森田峠【季語=春光(春)】
  6. うつくしき羽子板市や買はで過ぐ 高浜虚子【季語=羽子板市(冬)】
  7. さて、どちらへ行かう風がふく 山頭火
  8. 農薬の粉溶け残る大西日 井上さち【季語=大西日(夏)】
  9. 滝落したり落したり落したり 清崎敏郎【季語=滝(夏)】
  10. 本州の最北端の氷旗 飯島晴子【季語=氷旗(夏)】
PAGE TOP