冬の季語

【冬の季語】豆撒く

【冬の季語=晩冬(2月)】豆撒く(豆を撒く)

節分」に「豆を撒く」こと。「鬼やらひ」ともいう。

名詞で「豆撒」と使われることもある。

豆(を)打つ」とも。


【豆撒く(上五)】
豆撒きし枕べのまま寝ぬるべし 皆吉爽雨
豆撒くや妻のうしろのくらがりに 小林康治
豆撒く子心に鬼をまだ持たず 山田みづえ
豆撒くや身に一匹の鬼育て 伊藤伊那男
豆撒くやこの世この恋ひとつきり 仙田洋子

【豆撒く(中七)】
病室に豆撒きて妻帰りけり 石田波郷
惜しみなく豆を撒きたる後始末 黒川悦子

【豆撒く(下五)】
わが部屋に最も多く豆撒かれ 阿部みどり女


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】白式部
  2. 【冬の季語】春隣
  3. 【冬の季語】クリスマスケーキ
  4. 【夏の季語】盛夏/夏旺ん 真夏
  5. 【冬の季語】冬木の芽
  6. 【冬の季語】八手の花
  7. 【秋の季語】秋の蛇
  8. 【夏の季語】水着

おすすめ記事

  1. トラックに早春を積み引越しす 柊月子【季語=早春(春)】 
  2. 赤ばかり咲いて淋しき牡丹かな 稲畑汀子【季語=牡丹(夏)】
  3. 「ハイブリッド句会」の勧め!
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【3月26日配信分】
  5. 舌荒れてをり猟銃に油差す 小澤實【季語=猟銃(冬)】
  6. 破門状書いて破れば時雨かな 詠み人知らず【季語=時雨(冬)】
  7. 白衣とて胸に少しの香水を 坊城中子【季語=香水(夏)】
  8. ピザーラの届かぬ地域だけ吹雪く かくた【季語=吹雪(冬)】
  9. 極寒の寝るほかなくて寝鎮まる 西東三鬼【季語=極寒(冬)】
  10. 【連載】新しい短歌をさがして【8】服部崇

Pickup記事

  1. 黒服の春暑き列上野出づ 飯田龍太【季語=春暑し(春)】
  2. 野崎海芋の「たべる歳時記」 七草粥
  3. 遠足や眠る先生はじめて見る 斉藤志歩【季語=遠足(春)】
  4. 【冬の季語】小春日和
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【7月16日配信分】
  6. 結構違ふよ団栗の背くらべ 小林貴子【季語=団栗(秋)】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第57回】卓田謙一
  8. 後の月瑞穂の国の夜なりけり 村上鬼城【季語=後の月(秋)】
  9. コーヒーに誘ふ人あり銀杏散る 岩垣子鹿【季語=銀杏散る(冬)】
  10. 江の島の賑やかな日の仔猫かな 遠藤由樹子【季語=仔猫(春)】
PAGE TOP