冬の季語

【冬の季語】鬼やらう

【冬の季語=晩冬(2月)】鬼やらう

節分」に「豆を撒く」こと。

名詞として「鬼やらい」として使うこともある。

歴史的仮名遣いだと「鬼やらふ」。


【鬼やらふ(上五)】
鬼やらふ画室書斎と闇のまま 皆吉爽雨
鬼やらふ声を母へも促しぬ 奈良文夫
鬼やらふ闇の親しき夜なりけり 西村麒麟

【鬼やらふ(中七)】
大雪のなほ降る闇へ鬼やらふ 相馬遷子
幼くて鬼やらひをる壁隣 鷹羽狩行

【鬼やらふ(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】冴返る
  2. 【新年の季語】正月
  3. 【夏の季語】蜘蛛の糸
  4. 【冬の季語】時雨
  5. 【夏の季語】紫陽花
  6. 【春の季語】春の夜
  7. 【新年の季語】門松
  8. 【秋の季語】秋風

おすすめ記事

  1. 春暁のカーテンひくと人たてり 久保ゐの吉【季語=春暁(春)】
  2. 【冬の季語】冬薔薇
  3. 【秋の季語】団栗
  4. 【特別寄稿】これまで、これから ーいわき復興支援の10年ー山崎祐子
  5. 【冬の季語】冬うらら
  6. 啄木鳥や落葉をいそぐ牧の木々 水原秋桜子【季語=啄木鳥(秋)】
  7. 【連載】久留島元のオバケハイク【第4回】「野槌」
  8. 潮の香や野分のあとの浜畠 齋藤俳小星【季語=野分(秋)】
  9. 鹿や鶏の切紙下げる思案かな 飯島晴子
  10. 原爆忌誰もあやまつてはくれず 仙田洋子【季語=原爆忌(秋)】

Pickup記事

  1. おとつさんこんなに花がちつてるよ 正岡子規【季語=花散る(春)】
  2. ひそひそと四万六千日の猫 菊田一平【季語=四万六千日(夏)】
  3. 馬の背中は喪失的にうつくしい作文だった。 石松佳
  4. 【秋の季語】秋蝶
  5. 一瞬で耳かきを吸う掃除機を見てしまってからの長い夜 公木正
  6. ががんぼの何が幸せ不幸せ 今井肖子【季語=ががんぼ(夏)】
  7. 中年の恋のだんだら日覆かな 星野石雀【季語=日覆(夏)】
  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月29日配信分】
  9. 白夜の忠犬百骸挙げて石に近み 中村草田男【季語=白夜(夏)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第30回】今泉礼奈
PAGE TOP