冬の季語

【冬の季語】鬼やらう

【冬の季語=晩冬(2月)】鬼やらう

節分」に「豆を撒く」こと。

名詞として「鬼やらい」として使うこともある。

歴史的仮名遣いだと「鬼やらふ」。


【鬼やらふ(上五)】
鬼やらふ画室書斎と闇のまま 皆吉爽雨
鬼やらふ声を母へも促しぬ 奈良文夫
鬼やらふ闇の親しき夜なりけり 西村麒麟

【鬼やらふ(中七)】
大雪のなほ降る闇へ鬼やらふ 相馬遷子
幼くて鬼やらひをる壁隣 鷹羽狩行

【鬼やらふ(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】十六夜
  2. 【新年の季語】左義長
  3. 【夏の季語】月涼し
  4. 【冬の季語】蓮根掘る
  5. 【春の季語】白魚
  6. 【夏の季語】葉桜
  7. 【夏の季語】アロハシャツ(アロハ)
  8. 【秋の季語】秋薔薇

おすすめ記事

  1. わが知れる阿鼻叫喚や震災忌 京極杞陽【季語=震災忌(秋)】
  2. 秋茄子の漬け色不倫めけるかな 岸田稚魚【季語=秋茄子(秋)】
  3. 【秋の季語】椎茸
  4. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#3
  5. にはとりのかたちに春の日のひかり 西原天気【季語=春の日(春)】
  6. ともかくもくはへし煙草懐手 木下夕爾【季語=懐手(冬)】
  7. 少し派手いやこのくらゐ初浴衣 草間時彦【季語=初浴衣(夏)】
  8. ビル、がく、ずれて、ゆくな、ん、てきれ、いき、れ なかはられいこ
  9. あさがほのたゝみ皺はも潦 佐藤文香【季語=朝顔(秋)】
  10. 【春の季語】梅二月

Pickup記事

  1. 水鳥の和音に還る手毬唄 吉村毬子
  2. しんしんと寒さがたのし歩みゆく 星野立子【季語=寒さ(冬)】
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」ガレット・デ・ロワ
  4. 【冬の季語】年忘れ
  5. 【冬の季語】雪降る
  6. 【冬の季語】白鳥
  7. えりんぎはえりんぎ松茸は松茸 後藤比奈夫【季語=松茸(秋)】
  8. 【連載】新しい短歌をさがして【10】服部崇
  9. 蝶落ちて大音響の結氷期 富沢赤黄男【季語=結氷期(冬)】
  10. 【冬の季語】冬の滝
PAGE TOP