ハイクノミカタ

冬麗の谷人形を打ち合はせ 飯島晴子【季語=冬麗(冬)】


冬麗の谷人形を打ち合はせ)

飯島晴子

 木々の葉もまばらとなった冬、谷の底でこつこつと人形を打ち合わせる。そのかすかな音は、谷からは遠い青空に吸収されるようである。親や他の子供たちからは離れたところでの、親密な二人の遊びという感じがする。この「打ち合はせ」には、人形が手に持って打ち合わせることの出来る硬い物体であることを映し出す側面と、目的を持って人形を打ち合わせる人間の温もりを感じさせる側面とがある。独特にして鮮やかな言葉遣いだと思う。

小山玄紀


【執筆者プロフィール】
小山玄紀(こやま・げんき)
平成九年大阪生。櫂未知子・佐藤郁良に師事、「群青」同人。第六回星野立子新人賞、第六回俳句四季新人賞。句集に『ぼうぶら』。俳人協会会員


小山玄紀さんの句集『ぼうぶら』(2022年)はこちら↓】


【小山玄紀のバックナンバー】
>>〔32〕小鳥来る薄き机をひからせて 飯島晴子
>>〔31〕鹿の映れるまひるまのわが自転車旅行 飯島晴子
>>〔30〕鹿や鶏の切紙下げる思案かな 飯島晴子
>>〔29〕秋山に箸光らして人を追ふ 飯島晴子
>>〔28〕ここは敢て追はざる野菊皓かりき 飯島晴子
>>〔27〕なにはともあれの末枯眺めをり 飯島晴子
>>〔26〕肉声をこしらへてゐる秋の隕石 飯島晴子
>>〔25〕けふあすは誰も死なない真葛原 飯島晴子
>>〔24〕婿は見えたり見えなかつたり桔梗畑 飯島晴子
>>〔23〕白萩を押してゆく身のぬくさかな 飯島晴子
>>〔22〕露草を持つて銀行に入つてゆく 飯島晴子
>>〔21〕怒濤聞くかたはら秋の蠅叩   飯島晴子
>>〔20〕葛の花こぼれやすくて親匿され 飯島晴子
>>〔19〕瀧見人子を先だてて来りけり  飯島晴子
>>〔18〕未草ひらく跫音淡々と     飯島晴子
>>〔17〕本州の最北端の氷旗      飯島晴子
>>〔16〕細長き泉に着きぬ父と子と   飯島晴子
>>〔15〕この人のうしろおびただしき螢 飯島晴子
>>〔14〕軽き咳して夏葱の刻を過ぐ   飯島晴子
>>〔13〕螢とび疑ひぶかき親の箸    飯島晴子
>>〔12〕黒揚羽に当てられてゐる軀かな 飯島晴子
>>〔11〕叩頭すあやめあざやかなる方へ 飯島晴子


>>〔10〕家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子
>>〔9〕卯月野にうすき枕を並べけり  飯島晴子
>>〔8〕筍にくらき畳の敷かれあり   飯島晴子
>>〔7〕口中のくらきおもひの更衣   飯島晴子
>>〔6〕日光に底力つく桐の花     飯島晴子
>>〔5〕気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子
>>〔4〕遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子
>>〔3〕人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子
>>〔2〕やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子
>>〔1〕幼子の手の腥き春の空   飯島晴子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 幼子の手の腥き春の空 飯島晴子【季語=春の空(春)】
  2. 海外のニュースの河馬が泣いていた 木田智美【無季】
  3. 蛇の衣傍にあり憩ひけり 高濱虚子【季語=蛇の衣(夏)】
  4. 夏草を分けまつさをな妣の国 恩田侑布子【季語=夏草(夏)】
  5. 厨房に貝があるくよ雛祭 秋元不死男【季語=雛祭(春)】
  6. 骨拾ふ喉の渇きや沖縄忌 中村阪子【季語=沖縄忌(夏)】
  7. 春愁は人なき都会魚なき海 野見山朱鳥【季語=春愁(春)】
  8. なぐさめてくるゝあたゝかなりし冬    稲畑汀子【季語=冬あたた…

おすすめ記事

  1. 海市あり別れて匂ふ男あり 秦夕美【季語=海市(春)】
  2. ばばばかと書かれし壁の干菜かな   高濱虚子【季語=干菜(冬)】
  3. 【秋の季語】秋草
  4. こまごまと大河のごとく蟻の列 深見けん二【季語=蟻(夏)】
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【7月2日配信分】
  6. 足跡が足跡を踏む雪野かな 鈴木牛後【季語=雪野(冬)】 
  7. 略図よく書けて忘年会だより 能村登四郎【季語=暖房(冬)】
  8. 犬の仔のすぐにおとなや草の花 広渡敬雄【季語=草の花(秋)】
  9. 【秋の季語】天高し
  10. フラミンゴ同士暑がつてはをらず 後藤比奈夫【季語=暑し(夏)】

Pickup記事

  1. 時雨るるや新幹線の長きかほ 津川絵理子【季語=時雨(冬)】
  2. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第7回】
  3. 菜の花の斜面を潜水服のまま 今井聖【季語=菜の花(春)】
  4. 生きものの影入るるたび泉哭く 飯島晴子【季語=泉(夏)】
  5. 野の落暉八方へ裂け 戰爭か 楠本憲吉
  6. 【夏の季語】梅雨明
  7. 銀河系のとある酒場のヒヤシンス 橋 閒石【季語=ヒヤシンス(春)】
  8. 【冬の季語】豆撒
  9. さわやかにおのが濁りをぬけし鯉 皆吉爽雨【季語=爽やか(秋)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第56回】池田のりを
PAGE TOP