ハイクノミカタ

春や昔十五万石の城下哉 正岡子規【季語=春(春)】


春や昔十五万石の城下哉)

正岡子規)


季語は「春」。『寒山落木』では明治二十八年作の「春時候雑」に分類されている。同書は年代別に編まれているものの同年作が季題毎に並んでいて正確な日付までは分からないのだが、他の資料から三月十五日頃に詠まれたらしいことが分かる。一二七年前のちょうど今頃だ。今となってはあまりピンとこない話ではあるが、当時の日本は戦争の当事国であったのだった。

この戦争に近衛師団付きの従軍記者として参じた子規は、三月三日に根岸から大本営地・広島へ向けて出発。といっても新橋から汽車に乗ったのは夕方で、その前に日本新聞社での壮行会で「三月三日なりければ雛もなしといふ題を皆々詠みけるにわれも筆を取りて」と、句会みたいなことをやっている(この時の作が〈雛もなし男許りの桃の酒〉であるという)。なんだか呑気である。四日の夜は大阪で一泊、五日に神戸で乗り換え、六日昼頃広島に到着している。

営所に着き従軍願いを提出したものの、前年七月に始まった戦いはすでに講和に近づいており、進軍の日取りはなかなか決まらない。広島をぶらつくのに飽きた子規は十四日から二、三日を対岸の郷里で墓参りなどをして過ごしたらしく、その際に詠まれたのが掲出の作であるという(やはり、どこか呑気である)。

「春や昔」は、蕪村の〈春やむかし頭巾の下の鼎疵〉から採ったとされている。昨年末に刊行された復本一郎著『正岡子規伝』(岩波書店)を見ると、明治二十七年に内藤鳴雪が古書肆で『蕪村句集』を入手したと書かれているから、実際そうなのだろう(この頃、子規と仲間たちは蕪村の資料を探し出して論ずることにハマっていたらしい)。「十五万石」は、寛永十二年に松平家(維新後は久松を名乗った)が伊予松山藩を治めるようになって以来の石高であり、「城下」はもちろん松山城を中心とした一帯のことである。出陣に向けて武士の血を滾らせていたとも読めるが、なかなか進展のない自身の状況に、『徒然草』五十三段のマヌケな法師の話をもとにした蕪村の句のような滑稽さや悲哀を感じていたと読めなくもない。

従軍許可は二十一日に下りたが、進軍が決まったのは四月七日。十日に宇品から出航し、十五日に遼東半島への上陸を果たした子規であったが、その二日後には下関条約(日清講和条約)が締結されたため、実戦を目にすることはなかった。

松尾清隆


【執筆者プロフィール】
松尾清隆(まつお・きよたか)
昭和52年、神奈川県平塚市生まれ。「松の花」同人。元編集者。「セクト・ポクリット」管理人・堀切克洋が俳句をはじめる前からの〝フットサル仲間〟でもある。


2020年10月からスタートした「ハイクノミカタ」。【シーズン1】は、月曜=日下野由季→篠崎央子(2021年7月〜)、火曜=鈴木牛後、水曜=月野ぽぽな、木曜=橋本直、金曜=阪西敦子、土曜=太田うさぎ、日曜=小津夜景さんという布陣で毎日、お届けしてきた記録がこちらです↓



【2022年3月の火曜日☆松尾清隆のバックナンバー】

>>〔1〕死はいやぞ其きさらぎの二日灸   正岡子規
>>〔2〕菜の花やはつとあかるき町はつれ  正岡子規

【2022年3月の水曜日☆藤本智子のバックナンバー】

>>〔1〕蝌蚪乱れ一大交響楽おこる    野見山朱鳥
>>〔2〕廃墟春日首なきイエス胴なき使徒 野見山朱鳥

【2022年2月の火曜日☆永山智郎のバックナンバー】

>>〔1〕年玉受く何も握れぬ手でありしが  髙柳克弘
>>〔2〕復讐の馬乗りの僕嗤っていた    福田若之
>>〔3〕片蔭の死角から攻め落としけり   兒玉鈴音
>>〔4〕おそろしき一直線の彼方かな     畠山弘

【2022年2月の水曜日☆内村恭子のバックナンバー】

>>〔1〕琅玕や一月沼の横たはり      石田波郷
>>〔2〕ミシン台並びやすめり針供養    石田波郷
>>〔3〕ひざにゐて猫涅槃図に間に合はず  有馬朗人
>>〔4〕仕る手に笛もなし古雛      松本たかし

【2022年1月の火曜日☆菅敦のバックナンバー】

>>〔1〕賀の客の若きあぐらはよかりけり 能村登四郎
>>〔2〕血を血で洗ふ絨毯の吸へる血は   中原道夫
>>〔3〕鉄瓶の音こそ佳けれ雪催      潮田幸司
>>〔4〕嗚呼これは温室独特の匂ひ      田口武

【2022年1月の水曜日☆吉田林檎のバックナンバー】

>>〔1〕水底に届かぬ雪の白さかな    蜂谷一人
>>〔2〕嚔して酒のあらかたこぼれたる  岸本葉子
>>〔3〕呼吸するごとく雪降るヘルシンキ 細谷喨々
>>〔4〕胎動に覚め金色の冬林檎     神野紗希

【2021年12月の火曜日☆小滝肇のバックナンバー】

>>〔1〕柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺    正岡子規
>>〔2〕内装がしばらく見えて昼の火事   岡野泰輔
>>〔3〕なだらかな坂数へ日のとある日の 太田うさぎ
>>〔4〕共にゐてさみしき獣初しぐれ   中町とおと

【2021年12月の水曜日☆川原風人のバックナンバー】

>>〔1〕綿入が似合う淋しいけど似合う    大庭紫逢
>>〔2〕枯葉言ふ「最期とは軽いこの音さ」   林翔
>>〔3〕鏡台や猟銃音の湖心より      藺草慶子
>>〔4〕みな聖樹に吊られてをりぬ羽持てど 堀田季何
>>〔5〕ともかくもくはへし煙草懐手    木下夕爾

【2021年11月の火曜日☆望月清彦のバックナンバー】

>>〔1〕海くれて鴨のこゑほのかに白し      芭蕉
>>〔2〕木枯やたけにかくれてしづまりぬ    芭蕉
>>〔3〕葱白く洗ひたてたるさむさ哉      芭蕉
>>〔4〕埋火もきゆやなみだの烹る音      芭蕉
>>〔5-1〕蝶落ちて大音響の結氷期  富沢赤黄男【前編】
>>〔5-2〕蝶落ちて大音響の結氷期  富沢赤黄男【後編】

【2021年11月の水曜日☆町田無鹿のバックナンバー】

>>〔1〕秋灯机の上の幾山河        吉屋信子
>>〔2〕息ながきパイプオルガン底冷えす 津川絵理子
>>〔3〕後輩の女おでんに泣きじゃくる  加藤又三郎
>>〔4〕未婚一生洗ひし足袋の合掌す    寺田京子

【2021年10月の火曜日☆千々和恵美子のバックナンバー】

>>〔1〕橡の実のつぶて颪や豊前坊     杉田久女
>>〔2〕鶴の来るために大空あけて待つ  後藤比奈夫
>>〔3〕どつさりと菊着せられて切腹す   仙田洋子
>>〔4〕藁の栓してみちのくの濁酒     山口青邨

【2021年10月の水曜日☆小田島渚のバックナンバー】

>>〔1〕秋の川真白な石を拾ひけり   夏目漱石
>>〔2〕稻光 碎カレシモノ ヒシメキアイ 富澤赤黄男
>>〔3〕嵐の埠頭蹴る油にもまみれ針なき時計 赤尾兜子
>>〔4〕野分吾が鼻孔を出でて遊ぶかな   永田耕衣


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 駅蕎麦の旨くなりゆく秋の風 大牧広【季語=秋の風(秋)】
  2. 漕いで漕いで郵便配達夫は蝶に 関根誠子【季語=蝶(春)】
  3. 雪の速さで降りてゆくエレベーター 正木ゆう子【季語=雪(冬)】
  4. こまごまと大河のごとく蟻の列 深見けん二【季語=蟻(夏)】
  5. 皹といふいたさうな言葉かな 富安風生【季語=皹(冬)】
  6. 吾も春の野に下りたてば紫に 星野立子【季語=春の野(春)】
  7. 寒いねと彼は煙草に火を点ける 正木ゆう子【季語=寒い(冬)】
  8. 潮の香や野分のあとの浜畠 齋藤俳小星【季語=野分(秋)】

おすすめ記事

  1. 露地裏を夜汽車と思ふ金魚かな 攝津幸彦【季語=金魚(夏)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第35回】英彦山と杉田久女
  3. みかんいろのみかんらしくうずもれている 岡田幸生【季語=蜜柑(冬)】
  4. 【冬の季語】追儺
  5. 【書評】三島広志 第1句集『天職』(角川書店、2020年)
  6. 嵐の埠頭蹴る油にもまみれ針なき時計 赤尾兜子
  7. やがてわが真中を通る雪解川 正木ゆう子【季語=雪解川(春)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第115回】今田宗男
  9. 萩にふり芒にそそぐ雨とこそ 久保田万太郎【季語=萩・芒(秋)】
  10. 綿虫や母あるかぎり死は難し 成田千空【季語=綿虫(冬)】

Pickup記事

  1. 【連載】新しい短歌をさがして【2】服部崇
  2. 夏至白夜濤たちしらむ漁港かな 飯田蛇笏【季語=夏至白夜(夏)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第86回】有澤志峯
  4. 旅いつも雲に抜かれて大花野 岩田奎【季語=大花野(秋)】
  5. 結構違ふよ団栗の背くらべ 小林貴子【季語=団栗(秋)】
  6. サフランもつて迅い太子についてゆく 飯島晴子【季語=サフランの花(秋)】
  7. 【秋の季語】鶏頭/鶏頭花
  8. 【冬の季語】息白し
  9. 鹿や鶏の切紙下げる思案かな 飯島晴子
  10. 人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子【季語=鶯(春)】
PAGE TOP