ハイクノミカタ

蝌蚪乱れ一大交響楽おこる 野見山朱鳥【季語=蝌蚪(春)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

蝌蚪乱れ一大交響楽おこる)

野見山朱鳥)


 はじめまして、藤本智子と申します。

 三月の間、「ハイクノミカタ」コーナーの水曜日を担当させていただきます。

 よろしくお願いします。

 まず正直に申し上げて、私は俳句についていまだにわからないことだらけです。

 技巧等の難しいことはよくわかりません。句集や評論の類も仕事にかまけてほとんど読めていません。俳壇の流行(そもそも、そのようなものがあるのかどうか)もわかりません。

 右も左もわからない私ですが、わからないなりに、昔から「好きだなあ」と思う俳人がいます。

 野見山朱鳥(1917-1970)です。

 どうして好きなのか、何がどうすごいのかということを、上手く説明できる気がしません。句集を捲っては「すごい」「やばい」「好き」等、大好きなアイドルもしくはアニメキャラクターを前に興奮しすぎてほとんど思考停止に陥り、褒め言葉の語彙を著しく欠いたオタク(俗に言う「語彙力のないオタク」)のようなことを思っています。事実、私は語彙力のないオタクそのものです。

 そんな私が直感的に「好きだ!」と感じた野見山朱鳥の俳句をこのコーナーでいくつか取り上げていきたいと思っています。

 「コイツ、わからないなりにそれらしいことを一生懸命言おうとしているんだなあ」と、生温かく、薄目で見守ってくださると幸いです。

 蝌蚪乱れ一大交響楽おこる

 私はこの句を一目見て堪らず「ヒェッ」と悲鳴にも似た声を漏らしました。誇張ではありません。すごい。もう、すごすぎて言葉にならない。なんなんだこのセンスは……。

 おたまじゃくしの姿を音符に見立てたものなのでしょう。それ自体はとくに珍しい比喩ではないと思います。ただ、そこに「一大交響楽」という言葉が置かれたことでおたまじゃくしの数のおびただしさ、小さな命の動きがありありと目に浮かびます。生々しくて怖いくらいに。

 池にポンと小石を投げ込んだところ、そこにいたおたまじゃくしが驚いてウワァ〜ッと縦横無尽に動き回る、そんなイメージです。

 この句から、もうひとつ別の俳人の句を思い出します。藤田湘子(1926-2005)の「音楽を降らしめよ夥しき蝶に」です。ここでの「音楽」も、交響楽のような大規模な演奏のイメージです(あくまでも私個人のイメージですが)。

夥しき命の躍動と交響楽は親和性が高いのでしょうか。

 昨年の十月、作曲家・伊福部昭の音楽のみを演奏するコンサートを観に行きました。伊福部昭と言えば「ゴジラのテーマ」が最も有名だろうと思います。

 しかし、私が一番好きな伊福部昭の曲は「シンフォニア・タプカーラ」(または「タプカーラ交響曲」)です。その曲が演目にあるのを見て、急いでチケットを取ったのです。

 タプカーラとはアイヌ語で「立って踊る」の意味。アイヌ民族の儀式としての舞のことを指します。力強い演奏からはアイヌ民族の逞しさ、あらゆるものに魂が宿っている(=カムイ)と考えるアイヌ民族ならではの、すべての命への畏敬の念が感じられます。

YouTubeで「シンフォニア・タプカーラ」を検索すると、さまざまな交響楽団による演奏動画がアップされているのでご存知ない方はぜひ聴いてみてください)

 朱鳥の蝌蚪の句も湘子の蝶の句も、つまるところ命への畏敬が交響楽(音楽)という言葉に託されているように思えてならないのです。

 それではまた次週、お付き合いいただけますと幸いです。

(藤本智子)


【執筆者プロフィール】
藤本智子(ふじもと・ともこ)
1990(平成 2)年広島県生まれ。「南風」会員。
第9回龍谷大学青春俳句大賞短大・大学生部門最優秀賞。
第7回・第9回石田波郷新人賞奨励賞。


2020年10月からスタートした「ハイクノミカタ」。【シーズン1】は、月曜=日下野由季→篠崎央子(2021年7月〜)、火曜=鈴木牛後、水曜=月野ぽぽな、木曜=橋本直、金曜=阪西敦子、土曜=太田うさぎ、日曜=小津夜景さんという布陣で毎日、お届けしてきた記録がこちらです↓



【2022年3月の火曜日☆松尾清隆のバックナンバー】

>>〔1〕死はいやぞ其きさらぎの二日灸   正岡子規

【2022年2月の火曜日☆永山智郎のバックナンバー】

>>〔1〕年玉受く何も握れぬ手でありしが  髙柳克弘
>>〔2〕復讐の馬乗りの僕嗤っていた    福田若之
>>〔3〕片蔭の死角から攻め落としけり   兒玉鈴音
>>〔4〕おそろしき一直線の彼方かな     畠山弘

【2022年2月の水曜日☆内村恭子のバックナンバー】

>>〔1〕琅玕や一月沼の横たはり      石田波郷
>>〔2〕ミシン台並びやすめり針供養    石田波郷
>>〔3〕ひざにゐて猫涅槃図に間に合はず  有馬朗人
>>〔4〕仕る手に笛もなし古雛      松本たかし

【2022年1月の火曜日☆菅敦のバックナンバー】

>>〔1〕賀の客の若きあぐらはよかりけり 能村登四郎
>>〔2〕血を血で洗ふ絨毯の吸へる血は   中原道夫
>>〔3〕鉄瓶の音こそ佳けれ雪催      潮田幸司
>>〔4〕嗚呼これは温室独特の匂ひ      田口武

【2022年1月の水曜日☆吉田林檎のバックナンバー】

>>〔1〕水底に届かぬ雪の白さかな    蜂谷一人
>>〔2〕嚔して酒のあらかたこぼれたる  岸本葉子
>>〔3〕呼吸するごとく雪降るヘルシンキ 細谷喨々
>>〔4〕胎動に覚め金色の冬林檎     神野紗希

【2021年12月の火曜日☆小滝肇のバックナンバー】

>>〔1〕柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺    正岡子規
>>〔2〕内装がしばらく見えて昼の火事   岡野泰輔
>>〔3〕なだらかな坂数へ日のとある日の 太田うさぎ
>>〔4〕共にゐてさみしき獣初しぐれ   中町とおと

【2021年12月の水曜日☆川原風人のバックナンバー】

>>〔1〕綿入が似合う淋しいけど似合う    大庭紫逢
>>〔2〕枯葉言ふ「最期とは軽いこの音さ」   林翔
>>〔3〕鏡台や猟銃音の湖心より      藺草慶子
>>〔4〕みな聖樹に吊られてをりぬ羽持てど 堀田季何
>>〔5〕ともかくもくはへし煙草懐手    木下夕爾

【2021年11月の火曜日☆望月清彦のバックナンバー】

>>〔1〕海くれて鴨のこゑほのかに白し      芭蕉
>>〔2〕木枯やたけにかくれてしづまりぬ    芭蕉
>>〔3〕葱白く洗ひたてたるさむさ哉      芭蕉
>>〔4〕埋火もきゆやなみだの烹る音      芭蕉
>>〔5-1〕蝶落ちて大音響の結氷期  富沢赤黄男【前編】
>>〔5-2〕蝶落ちて大音響の結氷期  富沢赤黄男【後編】

【2021年11月の水曜日☆町田無鹿のバックナンバー】

>>〔1〕秋灯机の上の幾山河        吉屋信子
>>〔2〕息ながきパイプオルガン底冷えす 津川絵理子
>>〔3〕後輩の女おでんに泣きじゃくる  加藤又三郎
>>〔4〕未婚一生洗ひし足袋の合掌す    寺田京子

【2021年10月の火曜日☆千々和恵美子のバックナンバー】

>>〔1〕橡の実のつぶて颪や豊前坊     杉田久女
>>〔2〕鶴の来るために大空あけて待つ  後藤比奈夫
>>〔3〕どつさりと菊着せられて切腹す   仙田洋子
>>〔4〕藁の栓してみちのくの濁酒     山口青邨

【2021年10月の水曜日☆小田島渚のバックナンバー】

>>〔1〕秋の川真白な石を拾ひけり   夏目漱石
>>〔2〕稻光 碎カレシモノ ヒシメキアイ 富澤赤黄男
>>〔3〕嵐の埠頭蹴る油にもまみれ針なき時計 赤尾兜子
>>〔4〕野分吾が鼻孔を出でて遊ぶかな   永田耕衣


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. また一人看取の汗を拭いて来し 三島広志【季語=汗(夏)】
  2. 天高し男をおいてゆく女 山口昭男【季語=天高し(秋)】
  3. 鴨が来て池が愉快となりしかな 坊城俊樹【季語=鴨来る(秋)】
  4. しろい小さいお面いっぱい一茶のくに 阿部完市
  5. 悉く全集にあり衣被 田中裕明【季語=衣被(秋)】
  6. マフラーの長きが散らす宇宙塵 佐怒賀正美【季語=マフラー(冬)】…
  7. 手花火を左に移しさしまねく 成瀬正俊【季語=花火(秋)】
  8. 横ざまに高き空より菊の虻 歌原蒼苔【季語=菊(秋)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP