冬の季語

【冬の季語】冬麗

【冬の季語=三冬(11〜1月)】冬麗

【解説】

うららかな冬の日。「冬うらら」とも。


【冬麗(上五)】

冬麗や草に一本づつの影 桂信子
冬麗の微塵となりて去らんとす 相馬遷子
冬麗の富士に発して雲軽し 上田五千石
冬麗をひろげひろげて来たりけり 上田五千石
冬麗や磧のなかに道ありて 橋閒石
冬麗の鐘ついて身の揺れにけり 鷲谷七菜子
冬麗の母死なせじと母訪はず 小林康治
冬麗の陽を載せ誰も居ぬベンチ 楠本憲吉
冬麗や赤ン坊の舌乳まみれ 大野林火
冬麗や刻をさだめて通ひ猫 大野林火
冬麗の谷人形を打ち合はせ 飯島晴子
冬麗の寺の白砂に気を落とす 飯島晴子
冬麗や疲れ溜まりし目が二つ 岡本眸
冬麗や櫓の音低く漕ぎ出だす 上田和子

【冬麗(中七)】
女児ひとり降り冬麗の桃の浦 佐藤鬼房
わが末子立つ冬麗のギリシヤの市場 飯島晴子
一禽の過ぎ冬麗の空ばかり 林翔
にはたつみにも冬麗の空がある 富川元女
先生が死んでおられる冬麗 嫌(や)だ 池田澄子
湖冬麗縄文の櫛くれなゐに 飯島晴

【冬麗(下五)】
現実の平和と眼前の冬麗と 相馬遷子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】今朝の冬
  2. 【春の季語】夕桜
  3. 【秋の季語】秋草
  4. 【春の季語】屋根替
  5. 【冬の季語】日短
  6. 【夏の季語】緑蔭
  7. 【春の季語】恋猫
  8. 【新年の季語】二日

おすすめ記事

  1. 炎天を山梨にいま来てをりて 千原草之【季語=炎天(夏)】
  2. 【冬の季語】着ぶくれ
  3. 【新番組】ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第1回】
  4. 指入れてそろりと海の霧を巻く 野崎憲子【季語=海霧(夏)】
  5. 澤龜の萬歳見せう御國ぶり 正岡子規【季語=萬歳(新年)】
  6. 又の名のゆうれい草と遊びけり 後藤夜半【季語=ゆうれい草(夏)】
  7. デモすすむ恋人たちは落葉に佇ち 宮坂静生【季語=落葉(冬)】
  8. 八月の灼ける巌を見上ぐれば絶倫といふ明るき寂寥 前登志夫【季語=夏山(夏)】
  9. 沈丁や夜でなければ逢へぬひと 五所平之助【季語=沈丁(春)】
  10. 旅いつも雲に抜かれて大花野 岩田奎【季語=大花野(秋)】

Pickup記事

  1. 子規逝くや十七日の月明に 高浜虚子【季語=月明(秋)】
  2. 【冬の季語】冬来たる(冬来る)
  3. 仲秋の金蠅にしてパッと散る 波多野爽波【季語=仲秋(秋)】
  4. 【書評】渡辺花穂 第一句集『夏衣』(北辰社、2020年)
  5. 中年や遠くみのれる夜の桃 西東三鬼【季語=桃(秋)】
  6. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第8回】
  7. 「野崎海芋のたべる歳時記」蕪のクリームスープ
  8. 時雨るるや新幹線の長きかほ 津川絵理子【季語=時雨(冬)】
  9. 【新年の季語】福寿草
  10. さわやかにおのが濁りをぬけし鯉 皆吉爽雨【季語=爽やか(秋)】
PAGE TOP