冬の季語

【冬の季語】古暦

【冬の季語=仲冬(12月)】古暦

【ミニ解説】

暮れも近づき、使い古したその年の暦。

とはいえ、いつごろから「古暦」になるのかは、あいまい。

古暦とはいつよりぞ掛けしまま 後藤夜半

は、そんな疑問をそのまま句にしてしまったトボけた句。さすが夜半先生。

年末の季語としては「暦果つ」「暦の果」「暦の終」「暦の末」などとしても用いられる。


【古暦(上五)】
古暦ほしき人には参らせん 嵐雪
古暦吹かるるや三輪の町はづれ 蕪村
古暦水はくらきを流れけり 久保田万太郎
古暦あへなく燃えてしまひけり 成瀬櫻桃子
古暦のみかはわれも古りにけり 鷹羽狩行
古暦ひとに或る日といふ言葉 長谷川照子
古暦焚く子規の句も灰となる 二宮一知
古暦応挙の子犬残し置く 清水ひとみ
古暦北極星も沈みたく 小川軽舟
古暦金本選手ありがたう 小川軽舟
古暦日の差して部屋浮くごとし 津川絵理子

【古暦(中七)】

【古暦(下五)】
酔て寝た日のかずかずや古暦 几董
何となく奈良なつかしや古暦 正岡子規
美しき焔となり消えし古暦 小川公子
種付の二字著くあり古暦 前田攝子
湖の島に日の射す古暦 陽美保子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】寒夕焼
  2. 【夏の季語】桐の花
  3. 【夏の季語】夏の蝶
  4. 【秋の季語】秋蝶
  5. 【冬の季語】竜の玉(龍の玉)
  6. 【夏の季語】筍
  7. 【春の季語】春節
  8. 【春の季語】春月

おすすめ記事

  1. 水鳥の夕日に染まるとき鳴けり 林原耒井【季語=水鳥(冬)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第70回】 浅草と久保田万太郎
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年7月分】
  4. 【冬の季語】雪野
  5. つちふるや自動音声あかるくて 神楽坂リンダ【季語=霾(春)】
  6. 【春の季語】黄水仙
  7. 鉄瓶の音こそ佳けれ雪催 潮田幸司【季語=雪催(冬)】
  8. 大阪の屋根に入る日や金魚玉   大橋櫻坡子【季語=金魚玉(夏)】
  9. ヨコハマへリバプールから渡り鳥 上野犀行【季語=渡り鳥(秋)】
  10. 【冬の季語】冬

Pickup記事

  1. 【冬の季語】探梅行
  2. 【冬の季語】小春日和
  3. たが魂ぞほたるともならで秋の風 横井也有【季語=秋の風(秋)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第34回】鈴木琢磨
  5. クローバーや後髪割る風となり 不破 博【季語=クローバー(春)】
  6. 鴨翔つてみづの輪ふたつ交はりぬ 三島ゆかり【季語=鴨(冬)】
  7. 虹の後さづけられたる旅へ発つ 中村草田男【季語=虹(夏)】
  8. 綿入が似合う淋しいけど似合う 大庭紫逢【季語=綿入(冬)】
  9. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年11月分】
  10. 復讐の馬乗りの僕嗤っていた 福田若之
PAGE TOP