冬の季語

【冬の季語】古暦

【冬の季語=仲冬(12月)】古暦

【ミニ解説】

暮れも近づき、使い古したその年の暦。

とはいえ、いつごろから「古暦」になるのかは、あいまい。

古暦とはいつよりぞ掛けしまま 後藤夜半

は、そんな疑問をそのまま句にしてしまったトボけた句。さすが夜半先生。

年末の季語としては「暦果つ」「暦の果」「暦の終」「暦の末」などとしても用いられる。


【古暦(上五)】
古暦ほしき人には参らせん 嵐雪
古暦吹かるるや三輪の町はづれ 蕪村
古暦水はくらきを流れけり 久保田万太郎
古暦あへなく燃えてしまひけり 成瀬櫻桃子
古暦のみかはわれも古りにけり 鷹羽狩行
古暦ひとに或る日といふ言葉 長谷川照子
古暦焚く子規の句も灰となる 二宮一知
古暦応挙の子犬残し置く 清水ひとみ
古暦北極星も沈みたく 小川軽舟
古暦金本選手ありがたう 小川軽舟
古暦日の差して部屋浮くごとし 津川絵理子

【古暦(中七)】

【古暦(下五)】
酔て寝た日のかずかずや古暦 几董
何となく奈良なつかしや古暦 正岡子規
美しき焔となり消えし古暦 小川公子
種付の二字著くあり古暦 前田攝子
湖の島に日の射す古暦 陽美保子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【卵の俳句】
  2. 【春の季語】永き日
  3. 【夏の季語】玉虫
  4. 【春の季語】石鹸玉
  5. 【新年の季語】繭玉
  6. 【春の季語】鶯笛
  7. 【冬の季語】時雨
  8. 【冬の季語】蕪

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第61回】 石鎚山と石田波郷
  2. 船室の梅雨の鏡にうつし見る 日原方舟【季語=梅雨(夏)】
  3. わが家の見えて日ねもす蝶の野良 佐藤念腹【季語=蝶(春)】
  4. 鶯に蔵をつめたくしておかむ 飯島晴子【季語=鶯(春)】
  5. 【冬の季語】蓮枯る
  6. 鶺鴒がとぶぱつと白ぱつと白 村上鞆彦【季語=鶺鴒(秋)】
  7. 一番に押す停車釦天の川 こしのゆみこ【季語=天の川 (秋)】
  8. 銀漢を荒野のごとく見はるかす 堀本裕樹【季語=銀漢(秋)】
  9. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第63回】 摂津と桂信子
  10. 秋・紅茶・鳥はきよとんと幸福に 上田信治【季語=秋(秋)】

Pickup記事

  1. 【夏の季語】出梅
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【5月7日配信分】
  3. ジェラートを売る青年の空腹よ 安里琉太【季語=ジェラート(夏)】
  4. 金魚屋が路地を素通りしてゆきぬ 菖蒲あや【季語=金魚(夏)】
  5. 春風や闘志いだきて丘に立つ 高浜虚子【季語=春風(春)】
  6. 【冬の季語】雪
  7. 「野崎海芋のたべる歳時記」カスレ
  8. あきざくら咽喉に穴あく情死かな 宇多喜代子【季語=あきざくら(秋)】
  9. 早乙女のもどりは眼鏡掛けてをり 鎌田恭輔【季語=早乙女(夏)】
  10. こすれあく蓋もガラスの梅雨曇 上田信治【季語=梅雨曇(夏)】
PAGE TOP