季語・歳時記

【春の季語】白魚

【春の季語=初春(2月)】白魚

春の訪れを告げる小魚。キュウリウオ目シラウオ科。

福岡で踊り食いをする「素魚」とはべつもの(←こっちは、あんまり白くない)。

素魚は3~5センチ、白魚は8~10センチくらい。


【白魚(上五)】
白魚の小さき顔をもてりけり 原石鼎
白魚や生けるしるしの身を透かせ 鈴木真砂女
白魚の滑りゆく喉不問に付す 磯貝碧蹄館
白魚汲みたくさんの目を汲みにけり 後藤比奈夫
白魚の命の透けて水動く 稲畑汀子
白魚の眼のにこやかに離れたる 茨木和生
白魚の桶に溜まりて水のやう 中村雅樹
白魚のさかなたること略しけり 中原道夫
白魚を踊り喰ひして原子論 坊城俊樹
白魚の雪の匂ひを掬ひけり 中西夕紀
白魚のいづくともなく苦かりき 田中裕明
白魚の眼のなき方が尾なりけり 堀切克洋
白魚の唇につかへて落ちにけり 中西亮太

【白魚(中七)】
ふるひ寄せて白魚崩れんばかりなり 夏目漱石
雨に獲し白魚の嵩哀れなり 水原秋櫻子
おもしろう生きむ白魚なども食べ 鷹羽狩行

【白魚(下五)】


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】啄木忌
  2. 【冬の季語】湯婆(たんぽ)
  3. 【冬の季語】古暦
  4. 【秋の季語】野菊
  5. 【春の季語】啓蟄
  6. 【春の季語】風光る
  7. 【秋の季語】九月
  8. 【秋の季語】芭蕉/芭蕉葉、芭蕉林

おすすめ記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年6月分】
  2. 地吹雪や蝦夷はからくれなゐの島 櫂未知子【季語=地吹雪(冬)】 
  3. 白梅や粥の面てを裏切らむ 飯島晴子【季語=白梅(春)】
  4. 好きな樹の下を通ひて五月果つ 岡崎るり子【季語=五月果つ(夏)】
  5. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年1月分】
  6. 【冬の季語】十二月
  7. 綿入が似合う淋しいけど似合う 大庭紫逢【季語=綿入(冬)】
  8. シゴハイ【第3回】脇本浩子(イタリア食文化文筆・翻訳家)
  9. ものゝふの掟はしらず蜆汁 秦夕美【季語=蜆汁(春)】
  10. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年4月分】

Pickup記事

  1. 【連載】歳時記のトリセツ(12)/高山れおなさん
  2. 【第6回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:阪西敦子・太田うさぎさん)【後編】
  3. ペスト黒死病コレラは虎列刺コロナは何と 宇多喜代子【季語=コレラ(夏)】
  4. 魚卵たべ九月些か悔いありぬ 八田木枯【季語=九月(秋)】
  5. 木犀や同棲二年目の畳 髙柳克弘【季語=木犀(秋)】
  6. 衣被我のみ古りし夫婦箸 西村和子【季語=衣被(秋)】
  7. 【連載】俳人のホンダナ!#6 藤原暢子
  8. ダリヤ活け婚家の家風侵しゆく 鍵和田秞子【季語=ダリヤ(夏)】
  9. さくらんぼ洗ひにゆきし灯がともり 千原草之【季語=さくらんぼ(夏)】
  10. 妻が言へり杏咲き満ち恋したしと 草間時彦【季語=杏の花(春)】
PAGE TOP