季語・歳時記

【春の季語】白魚

【春の季語=初春(2月)】白魚

春の訪れを告げる小魚。キュウリウオ目シラウオ科。

福岡で踊り食いをする「素魚」とはべつもの(←こっちは、あんまり白くない)。

素魚は3~5センチ、白魚は8~10センチくらい。


【白魚(上五)】
白魚の小さき顔をもてりけり 原石鼎
白魚や生けるしるしの身を透かせ 鈴木真砂女
白魚の滑りゆく喉不問に付す 磯貝碧蹄館
白魚汲みたくさんの目を汲みにけり 後藤比奈夫
白魚の命の透けて水動く 稲畑汀子
白魚の眼のにこやかに離れたる 茨木和生
白魚の桶に溜まりて水のやう 中村雅樹
白魚のさかなたること略しけり 中原道夫
白魚を踊り喰ひして原子論 坊城俊樹
白魚の雪の匂ひを掬ひけり 中西夕紀
白魚のいづくともなく苦かりき 田中裕明
白魚の目に哀願の二つ三つ 田村葉
白魚の眼のなき方が尾なりけり 堀切克洋
白魚の唇につかへて落ちにけり 中西亮太

【白魚(中七)】
ふるひ寄せて白魚崩れんばかりなり 夏目漱石
雨に獲し白魚の嵩哀れなり 水原秋櫻子
おもしろう生きむ白魚なども食べ 鷹羽狩行

【白魚(下五)】


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】囀る
  2. 【秋の季語】穴惑
  3. 【新年の季語】歌留多会
  4. 【春の季語】啓蟄
  5. 【冬の季語】干蒲団(干布団)
  6. 【春の季語】春野
  7. 【春の季語】惜春
  8. 【夏の季語】夏木立

おすすめ記事

  1. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【1】/高部務(作家)
  2. 浜風のほどよき強さ白子干す 橋川かず子【季語=白子干す(春)】
  3. 鳥の恋漣の生れ続けたる 中田尚子【季語=鳥の恋(春)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第80回】佐藤文香
  5. 個室のやうな明るさの冬来る 廣瀬直人【季語=冬来る(冬)】
  6. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第5回】2013年有馬記念・オルフェーヴル
  7. 敷物のやうな犬ゐる海の家 岡田由季【季語=海の家(夏)】
  8. 【秋の季語】赤い羽根
  9. 特定のできぬ遺体や春の泥 高橋咲【季語=春の泥(春)】
  10. 寒天煮るとろとろ細火鼠の眼 橋本多佳子【季語=寒天(冬)】

Pickup記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年5月分】
  2. 替へてゐる畳の上の冬木影 浅野白山【季語=冬木(冬)】
  3. 黒岩さんと呼べば秋気のひとしきり 歌代美遥【季語=秋気(秋)】
  4. 【冬の季語】小春日和
  5. 【夏の季語】草ロール
  6. 【春の季語】流氷
  7. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年3月分】
  8. 淋しさに鹿も起ちたる馬酔木かな      山本梅史【季語=鹿(秋)】
  9. 【夏の季語】河童忌/我鬼忌 龍之介忌
  10. 「パリ子育て俳句さんぽ」【1月15日配信分】
PAGE TOP