季語・歳時記

【夏の季語】草田男忌/炎熱忌

【解説】中村草田男(1901-1983)の命日は、8月5日。夏のいちばん暑い時期であるため、「炎熱忌」とも。これにちなみ、2011年にふらんす堂から刊行された草田男句集(精選428句)のタイトルには、「炎熱」が選ばれています。

【関連季語】炎天、炎熱など。

【草田男忌】
炎天こそすなはち永遠の草田男忌    鍵和田秞子
海の上のあをき夕空草田男忌      友岡子郷
ありたけの風鈴を吊り草田男忌     増成栗人
炎天に槍投げてをる草田男忌      角川春樹
ちちははのフランスベッド草田男忌   櫂未知子
未来へと落日はまた草田男忌      峯尾文世

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】冬銀河
  2. 【春の季語】虚子忌(虚子の忌)
  3. 【冬の季語】逝く年(行く年)
  4. 【秋の季語】秋めく
  5. 【冬の季語】冬木立
  6. 【春の季語】春一番
  7. 【冬の季語】冬の川
  8. 【冬の季語】八手の花

おすすめ記事

  1. 赤い椿白い椿と落ちにけり 河東碧梧桐【季語=椿(春)】
  2. 白萩を押してゆく身のぬくさかな 飯島晴子【季語=白萩(秋)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第65回】 福岡と竹下しづの女
  4. 曳けとこそ綱一本の迎鐘 井上弘美【季語=迎鐘(秋)】
  5. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#09】アメリカの大学とBeach Boys
  6. つひに吾れも枯野のとほき樹となるか 野見山朱鳥【季語=枯野(冬)】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第34回】鈴木琢磨
  8. 秋うらら他人が見てゐて樹が抱けぬ 小池康生【季語=秋うらら(秋)】
  9. 【夏の季語】氷菓/アイスクリーム ソフトクリーム アイスキャンデー 氷菓子
  10. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【14】/野村茶鳥(屋根裏バル鱗kokera店主)

Pickup記事

  1. アロハ来て息子の嫁を眺めをり 西村麒麟【季語=アロハ(夏)】
  2. 【春の季語】春月
  3. 老人になるまで育ち初あられ 遠山陽子【季語=初霰(冬)】
  4. 【冬の季語】浮寝鳥
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第31回】鈴木忍
  6. 日本の元気なころの水着かな 安里琉太【季語=水着(夏)】
  7. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年4月分】
  8. 未来より滝を吹き割る風来たる 夏石番矢【季語=滝(夏)】
  9. 虫籠は死んだら次の虫が来る  北大路翼【季語=虫籠(秋)】
  10. 【春の季語】春雪
PAGE TOP