ハイクノミカタ

新綠を描くみどりをまぜてゐる 加倉井秋を【季語=新綠(夏)】


新綠を描くみどりをまぜてゐる)

加倉井秋を
)


秋をは相当な秀才だったようである。画家志望であったが、親から猛反対を受けてしまう。関東大震災で荒廃した街を復興させるという大義名分で東京美術学校の建築科に進むも、親はそれでも納得していなかったようだ。秋を自身もよく割り切れたものである。美術学校卒業後は、言行一致で建築家として歩みだす。

第一句集『胡桃』のあとがきに秋をは俳句とのかかわりをこんな風に記している。「上野の美術學校を卒業して、建築のデザインに従事する私に、それだけでは滿たし得ない表現意慾が、かうして俳句と言ふ詩によつて私は埋めて行けたのであった。」画家になる夢を断念し、建築の道に進んだ秋をの心の中には発露を得ない表現欲求が埋火のように燃え続けていたのだろう。

私にも似たような経験がある。高校卒業後、第一志望の薬学部に落ちた私は途方にくれていた。急に絵が描きたいという衝動にかられ、教職に就くという条件で画塾に通い、美大進学を許されたのだ。卒業して数年間、中学生に美術を教えていたが、美術科担当とは言え恥ずかしながら授業内容はしっちゃかめっちゃ科(?)だった。授業が終わるたびに美術室の床がジャクソンポロック調に変わっているなんてことも。外でやったほうがよかったと思いながら床を拭く日々…。自身の制作はもちろん教えることすらままならない焦燥感の中、俳句は四季の移ろいの美しさ、ものを写生する表現の喜びを再認識させてくれたのだ。あの頃教えていた子達はもうアラサーになるのだろうか。大分、秋をのエピソードとはかけ離れてしまったので話を戻そう。

この句は戸外、あるいは新緑が見える位置での写生に臨む場面である。パレット上で混ぜているのは多分、油絵具か不透明水彩(グワッシュ)。ひょっとすると日本画の岩絵の具。透明水彩は水を多く含ませてさらさらしているので、「まぜてゐる」の量感、粘性は出てこない。眼前の「新綠」と絵の具の「みどり」の対比。そして連想としてイーゼルに掛けられたキャンバスや画用紙の白との対比が美しく映えてくる。新しいものを創り出すワクワク感や喜びが読み手にも伝わってくるようだ。絵を描きたいと思った時、人は誰でも画家になれるのだと思う。遅すぎるなんてことはない。私もそんな埋火を心の中にずっと育てている。

(句集『胡桃』より)

沼尾將之


【執筆者プロフィール】
沼尾將之(ぬまお・まさゆき)
1980年埼玉県生。「橘」同人。俳人協会幹事。俳人協会埼玉県支部世話人。 句集『鮫色』(ふらんす堂、2018年)(第43回俳人協会新人賞受賞)


2020年10月からスタートした「ハイクノミカタ」。【シーズン1】は、月曜=日下野由季→篠崎央子(2021年7月〜)、火曜=鈴木牛後、水曜=月野ぽぽな、木曜=橋本直、金曜=阪西敦子、土曜=太田うさぎ、日曜=小津夜景さんという布陣で毎日、お届けしてきた記録がこちらです↓



【2022年5月の火曜日☆沼尾將之のバックナンバー】

>>〔1〕田螺容れるほどに洗面器が古りし 加倉井秋を
>>〔2〕桐咲ける景色にいつも沼を感ず  加倉井秋を
>>〔3〕葉桜の夜へ手を出すための窓   加倉井秋を

【2022年5月の水曜日☆木田智美のバックナンバー】

>>〔1〕きりんの子かゞやく草を喰む五月  杉山久子
>>〔2〕甘き花呑みて緋鯉となりしかな   坊城俊樹
>>〔3〕ジェラートを売る青年の空腹よ   安里琉太

【2022年4月の火曜日☆九堂夜想のバックナンバー】

>>〔1〕回廊をのむ回廊のアヴェ・マリア  豊口陽子
>>〔2〕未生以前の石笛までも刎ねる    小野初江
>>〔3〕水鳥の和音に還る手毬唄      吉村毬子
>>〔4〕星老いる日の大蛤を生みぬ     三枝桂子

【2022年4月の水曜日☆大西朋のバックナンバー】

>>〔1〕大利根にほどけそめたる春の雲   安東次男
>>〔2〕回廊をのむ回廊のアヴェ・マリア  豊口陽子
>>〔3〕田に人のゐるやすらぎに春の雲  宇佐美魚目
>>〔4〕鶯や米原の町濡れやすく     加藤喜代子

【2022年3月の火曜日☆松尾清隆のバックナンバー】

>>〔1〕死はいやぞ其きさらぎの二日灸   正岡子規
>>〔2〕菜の花やはつとあかるき町はつれ  正岡子規
>>〔3〕春や昔十五万石の城下哉      正岡子規
>>〔4〕蛤の吐いたやうなる港かな     正岡子規
>>〔5〕おとつさんこんなに花がちつてるよ 正岡子規

【2022年3月の水曜日☆藤本智子のバックナンバー】

>>〔1〕蝌蚪乱れ一大交響楽おこる    野見山朱鳥
>>〔2〕廃墟春日首なきイエス胴なき使徒 野見山朱鳥
>>〔3〕春天の塔上翼なき人等      野見山朱鳥
>>〔4〕春星や言葉の棘はぬけがたし   野見山朱鳥
>>〔5〕春愁は人なき都会魚なき海    野見山朱鳥

【2022年2月の火曜日☆永山智郎のバックナンバー】

>>〔1〕年玉受く何も握れぬ手でありしが  髙柳克弘
>>〔2〕復讐の馬乗りの僕嗤っていた    福田若之
>>〔3〕片蔭の死角から攻め落としけり   兒玉鈴音
>>〔4〕おそろしき一直線の彼方かな     畠山弘

【2022年2月の水曜日☆内村恭子のバックナンバー】

>>〔1〕琅玕や一月沼の横たはり      石田波郷
>>〔2〕ミシン台並びやすめり針供養    石田波郷
>>〔3〕ひざにゐて猫涅槃図に間に合はず  有馬朗人
>>〔4〕仕る手に笛もなし古雛      松本たかし

【2022年1月の火曜日☆菅敦のバックナンバー】

>>〔1〕賀の客の若きあぐらはよかりけり 能村登四郎
>>〔2〕血を血で洗ふ絨毯の吸へる血は   中原道夫
>>〔3〕鉄瓶の音こそ佳けれ雪催      潮田幸司
>>〔4〕嗚呼これは温室独特の匂ひ      田口武

【2022年1月の水曜日☆吉田林檎のバックナンバー】

>>〔1〕水底に届かぬ雪の白さかな    蜂谷一人
>>〔2〕嚔して酒のあらかたこぼれたる  岸本葉子
>>〔3〕呼吸するごとく雪降るヘルシンキ 細谷喨々
>>〔4〕胎動に覚め金色の冬林檎     神野紗希

【2021年12月の火曜日☆小滝肇のバックナンバー】

>>〔1〕柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺    正岡子規
>>〔2〕内装がしばらく見えて昼の火事   岡野泰輔
>>〔3〕なだらかな坂数へ日のとある日の 太田うさぎ
>>〔4〕共にゐてさみしき獣初しぐれ   中町とおと

【2021年12月の水曜日☆川原風人のバックナンバー】

>>〔1〕綿入が似合う淋しいけど似合う    大庭紫逢
>>〔2〕枯葉言ふ「最期とは軽いこの音さ」   林翔
>>〔3〕鏡台や猟銃音の湖心より      藺草慶子
>>〔4〕みな聖樹に吊られてをりぬ羽持てど 堀田季何
>>〔5〕ともかくもくはへし煙草懐手    木下夕爾

【2021年11月の火曜日☆望月清彦のバックナンバー】

>>〔1〕海くれて鴨のこゑほのかに白し      芭蕉
>>〔2〕木枯やたけにかくれてしづまりぬ    芭蕉
>>〔3〕葱白く洗ひたてたるさむさ哉      芭蕉
>>〔4〕埋火もきゆやなみだの烹る音      芭蕉
>>〔5-1〕蝶落ちて大音響の結氷期  富沢赤黄男【前編】
>>〔5-2〕蝶落ちて大音響の結氷期  富沢赤黄男【後編】

【2021年11月の水曜日☆町田無鹿のバックナンバー】

>>〔1〕秋灯机の上の幾山河        吉屋信子
>>〔2〕息ながきパイプオルガン底冷えす 津川絵理子
>>〔3〕後輩の女おでんに泣きじゃくる  加藤又三郎
>>〔4〕未婚一生洗ひし足袋の合掌す    寺田京子

【2021年10月の火曜日☆千々和恵美子のバックナンバー】

>>〔1〕橡の実のつぶて颪や豊前坊     杉田久女
>>〔2〕鶴の来るために大空あけて待つ  後藤比奈夫
>>〔3〕どつさりと菊着せられて切腹す   仙田洋子
>>〔4〕藁の栓してみちのくの濁酒     山口青邨

【2021年10月の水曜日☆小田島渚のバックナンバー】

>>〔1〕秋の川真白な石を拾ひけり   夏目漱石
>>〔2〕稻光 碎カレシモノ ヒシメキアイ 富澤赤黄男
>>〔3〕嵐の埠頭蹴る油にもまみれ針なき時計 赤尾兜子
>>〔4〕野分吾が鼻孔を出でて遊ぶかな   永田耕衣


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 厨房に貝があるくよ雛祭 秋元不死男【季語=雛祭(春)】
  2. わが影を泉へおとし掬ひけり 木本隆行【季語=泉(夏)】
  3. 雪の速さで降りてゆくエレベーター 正木ゆう子【季語=雪(冬)】
  4. 結構違ふよ団栗の背くらべ 小林貴子【季語=団栗(秋)】
  5. 卒業の子らが机を洗ひ居る 山口草堂【季語=卒業(春)】
  6. あえかなる薔薇撰りをれば春の雷 石田波郷【季語=春の雷(春)】
  7. こほろぎや女の髪の闇あたたか 竹岡一郎【季語=蟋蟀(秋)】
  8. 禁断の木の実もつるす聖樹かな モーレンカンプふゆこ【季語=聖樹(…

おすすめ記事

  1. 海市あり別れて匂ふ男あり 秦夕美【季語=海市(春)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第127回】鳥居真里子
  3. 【夏の季語】金魚
  4. まはし見る岐阜提灯の山と川 岸本尚毅【季語=岐阜提灯(夏)】
  5. 白梅や天没地没虚空没 永田耕衣【季語=白梅(春)】
  6. 【冬の季語】水仙
  7. 鳥を見るただそれだけの超曜日 川合大祐
  8. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年1月分】
  9. 【特別寄稿】「写生」──《メドゥーサ》の「驚き」 岡田一実
  10. 【春の季語】春月

Pickup記事

  1. 鉛筆一本田川に流れ春休み 森澄雄【季語=春休み(春)】
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年1月分】
  3. 【#19】子猫たちのいる場所
  4. ばばばかと書かれし壁の干菜かな   高濱虚子【季語=干菜(冬)】
  5. せんそうのもうもどれない蟬の穴 豊里友行【季語=父の日(夏)】
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第69回】 東吉野村と三橋敏雄
  7. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第5回】2013年有馬記念・オルフェーヴル
  8. 見てゐたる春のともしびゆらぎけり 池内たけし【季語=春灯(春)】
  9. 数へ日の残り日二日のみとなる 右城暮石【季語=数へ日(冬)】
  10. 秋櫻子の足あと【第10回】谷岡健彦
PAGE TOP