ハイクノミカタ

怒濤聞くかたはら秋の蠅叩 飯島晴子【季語=秋(秋)】


怒濤聞くかたはら秋の蠅叩)

飯島晴子

 怒濤のとらえどころのない量感と、蠅叩、しかも秋の蠅叩のシャープなさびしさとの対比。断続的ながらもずっと続く波音と、蠅を叩く一瞬の音との対比。対照的ながら、「怒」「叩」の負の印象が重なる点も面白い。「秋の蠅叩」には「秋の蠅」の感じと、例えば捨扇のような「道具」としての感じとの両方があると思う。「蠅叩」に含まれる夏の力強さのようなものを「秋の」で中和しており、馴染むような、それでもやはり異質さが残るようなところに緊張感が生じる。普通に考えれば「蠅叩」が「秋」に規定されるという構図なのであるが、逆はどうだろう。つまり、「蠅叩」のある「秋」とはどのような秋だろう、と、「秋」が「蠅叩」に規定されるという構図を考えてみても良いのである。すると突然、秋という大きなものが、蠅叩という小さなものによって支配されるような感覚が生じる。この短い一句の中に、強い力がゆきわたりはじめるのである。

小山玄紀


【執筆者プロフィール】
小山玄紀(こやま・げんき)
平成九年大阪生。櫂未知子・佐藤郁良に師事、「群青」同人。第六回星野立子新人賞、第六回俳句四季新人賞。句集に『ぼうぶら』。俳人協会会員


小山玄紀さんの句集『ぼうぶら』(2022年)はこちら↓】


【小山玄紀のバックナンバー】
>>〔20〕葛の花こぼれやすくて親匿され 飯島晴子
>>〔19〕瀧見人子を先だてて来りけり  飯島晴子
>>〔18〕未草ひらく跫音淡々と     飯島晴子
>>〔17〕本州の最北端の氷旗      飯島晴子
>>〔16〕細長き泉に着きぬ父と子と   飯島晴子
>>〔15〕この人のうしろおびただしき螢 飯島晴子
>>〔14〕軽き咳して夏葱の刻を過ぐ   飯島晴子
>>〔13〕螢とび疑ひぶかき親の箸    飯島晴子
>>〔12〕黒揚羽に当てられてゐる軀かな 飯島晴子
>>〔11〕叩頭すあやめあざやかなる方へ 飯島晴子


>>〔10〕家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子
>>〔9〕卯月野にうすき枕を並べけり  飯島晴子
>>〔8〕筍にくらき畳の敷かれあり   飯島晴子
>>〔7〕口中のくらきおもひの更衣   飯島晴子
>>〔6〕日光に底力つく桐の花     飯島晴子
>>〔5〕気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子
>>〔4〕遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子
>>〔3〕人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子
>>〔2〕やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子
>>〔1〕幼子の手の腥き春の空   飯島晴子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 熟れ麦はほろびのひかり夕日また 石原舟月【季語=熟れ麦(夏)】
  2. 春雷の一喝父の忌なりけり 太田壽子【季語=春雷(春)】
  3. あたゝかに六日年越よき月夜 大場白水郎【季語=六日年越(新年)】…
  4. あたゝかな雨が降るなり枯葎 正岡子規【季語=あたたか(春)?】
  5. 埋火もきゆやなみだの烹る音 芭蕉【季語=埋火(冬)】
  6. 婿は見えたり見えなかつたり桔梗畑 飯島晴子【季語=桔梗(秋)】
  7. 一月や去年の日記なほ机辺     高濱虚子【季語=一月(冬)】
  8. 山又山山桜又山桜 阿波野青畝【季語=山桜(春)】

おすすめ記事

  1. 万緑やご飯のあとのまたご飯 宮本佳世乃【季語=万緑(夏)】
  2. 川を見るバナナの皮は手より落ち 高濱虚子【季語=バナナ(夏)】
  3. 麦秋や光なき海平らけく 上村占魚【季語=麦秋(夏)】
  4. 【連載】新しい短歌をさがして【15】服部崇
  5. 【冬の季語】冬木立
  6. 【冬の季語】寒晴
  7. 笹鳴きに覚めて朝とも日暮れとも 中村苑子【季語=笹鳴(冬)】 
  8. 大空に自由謳歌す大花火 浅井聖子【季語=大花火(夏)】
  9. 【連載】新しい短歌をさがして【5】服部崇
  10. 船室の梅雨の鏡にうつし見る 日原方舟【季語=梅雨(夏)】

Pickup記事

  1. 【春の季語】初蝶
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第57回】 隠岐と加藤楸邨
  3. 【書評】菅敦 第1句集『仮寓』(書肆アルス、2020年)
  4. 昼の虫手紙はみんな恋に似て 細川加賀【季語=昼の虫(秋)】
  5. 蜩や久しぶりなる井の頭      柏崎夢香【季語=蜩(秋)】
  6. 遠くより風来て夏の海となる 飯田龍太【季語=夏の海(夏)】
  7. さまざまの事おもひ出す桜かな 松尾芭蕉【季語=桜(春)】
  8. 【秋の季語】天の川
  9. 皮むけばバナナしりりと音すなり 犬星星人【季語=バナナ(夏)】
  10. 砂浜の無数の笑窪鳥交る 鍵和田秞子【季語=鳥交る(春)】 
PAGE TOP