ハイクノミカタ

肉声をこしらへてゐる秋の隕石 飯島晴子【季語=秋(秋)】


肉声をこしらへてゐる秋の隕石)

飯島晴子

肉声をこしらえながら地に向かってゆく隕石にも思えるし、地に落ちてから肉声をこしらえている隕石にも思える。前者の場合はごく短い時間、後者の場合はごく長い時間だ。「こしらへてゐる」のじっくりとした雰囲気からは後者の方が妥当かもしれないが、一方で「隕石」という言葉にはやはり空から落ちるというイメージがどうしても含まれており前者も捨てがたい。それらがほぼ同時に思い浮かぶことによって、掲句は妙な時間感覚を読者にもたらす。

この句はどこを切ってみても面白い。一番晴子らしいのは「こしらへてゐる」だろう。「こしらへ」るといういかにも入念に準備するような温かみ、そして「ゐる」の能動的なニュアンスがいい。「隕石」の無機的なイメージに対する「肉声」の柔らかさもいい。

また、「秋の隕石」という措辞には案外重層性があると思う。隕石ははじめは熱いがやがては冷たくなる。「秋」というとその間の過程という感じがする。そして隕石の落ちてきた当初を春とすれば、「秋の隕石」とは、この地球が衰えてやがて冬になるその前段階とも思われる。そう考えるとこの句は俄然切なくなる。生き物がみな居なくなれば聞こえなくなる「肉声」を一生懸命いま作り出しているのである。

色々と思いを巡らせたあとで、眼前にある静かな隕石へと、読者は戻ってくる。

小山玄紀


【執筆者プロフィール】
小山玄紀(こやま・げんき)
平成九年大阪生。櫂未知子・佐藤郁良に師事、「群青」同人。第六回星野立子新人賞、第六回俳句四季新人賞。句集に『ぼうぶら』。俳人協会会員


小山玄紀さんの句集『ぼうぶら』(2022年)はこちら↓】


【小山玄紀のバックナンバー】
>>〔25〕けふあすは誰も死なない真葛原 飯島晴子
>>〔24〕婿は見えたり見えなかつたり桔梗畑 飯島晴子
>>〔23〕白萩を押してゆく身のぬくさかな 飯島晴子
>>〔22〕露草を持つて銀行に入つてゆく 飯島晴子
>>〔21〕怒濤聞くかたはら秋の蠅叩   飯島晴子
>>〔20〕葛の花こぼれやすくて親匿され 飯島晴子
>>〔19〕瀧見人子を先だてて来りけり  飯島晴子
>>〔18〕未草ひらく跫音淡々と     飯島晴子
>>〔17〕本州の最北端の氷旗      飯島晴子
>>〔16〕細長き泉に着きぬ父と子と   飯島晴子
>>〔15〕この人のうしろおびただしき螢 飯島晴子
>>〔14〕軽き咳して夏葱の刻を過ぐ   飯島晴子
>>〔13〕螢とび疑ひぶかき親の箸    飯島晴子
>>〔12〕黒揚羽に当てられてゐる軀かな 飯島晴子
>>〔11〕叩頭すあやめあざやかなる方へ 飯島晴子


>>〔10〕家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子
>>〔9〕卯月野にうすき枕を並べけり  飯島晴子
>>〔8〕筍にくらき畳の敷かれあり   飯島晴子
>>〔7〕口中のくらきおもひの更衣   飯島晴子
>>〔6〕日光に底力つく桐の花     飯島晴子
>>〔5〕気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子
>>〔4〕遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子
>>〔3〕人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子
>>〔2〕やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子
>>〔1〕幼子の手の腥き春の空   飯島晴子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 野分吾が鼻孔を出でて遊ぶかな 永田耕衣【季語=野分(秋)】
  2. 言葉がわからないので笑うてわかれる露草咲いてゐる 種田山頭火【季…
  3. あづきあらひやひとり酌む酒が好き 西野文代【季語=小豆洗(秋)】…
  4. ともかくもくはへし煙草懐手 木下夕爾【季語=懐手(冬)】
  5. 他人とは自分のひとり残る雪 杉浦圭祐【季語=残る雪(春)】
  6. 天高し男をおいてゆく女 山口昭男【季語=天高し(秋)】
  7. きちかうの開きて青き翅脈かな 遠藤由樹子【季語=きちかう(秋)】…
  8. 初燈明背にあかつきの雪の音 髙橋千草【季語=初燈明(新年)…

おすすめ記事

  1. 灯を消せば部屋無辺なり夜の雪 小川軽舟【季語=雪(冬)】
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【12月4日配信分】
  3. 【春の季語】春月
  4. 江の島の賑やかな日の仔猫かな 遠藤由樹子【季語=仔猫(春)】
  5. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第9回】
  6. イエスほど痩せてはをらず薬喰 亀田虎童子【季語=薬喰(冬)】
  7. 春雷の一喝父の忌なりけり 太田壽子【季語=春雷(春)】
  8. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【8】/金井硯児(「銀漢」同人)
  9. こすれあく蓋もガラスの梅雨曇 上田信治【季語=梅雨曇(夏)】
  10. 【冬の季語】八手咲く

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第4回】菊田一平
  2. 誕生日の切符も自動改札に飲まれる 岡田幸生
  3. 海松かゝるつなみのあとの木立かな  正岡子規【季語=海松(春)】
  4. 先生はいつもはるかや虚子忌来る 深見けん二【季語=虚子忌(春)】
  5. 鴨翔つてみづの輪ふたつ交はりぬ 三島ゆかり【季語=鴨(冬)】
  6. 汽車逃げてゆくごとし野分追ふごとし 目迫秩父【季語=野分(秋)】
  7. 【夏の季語】砂日傘/ビーチパラソル 浜日傘
  8. 【第4回】ラジオ・ポクリット(ゲスト: 大西朋さん・白井飛露さん)
  9. 仕切り繰返す間も掃き五月場所 鷹羽狩行【季語=五月場所(夏)】
  10. 母の日の義母にかなしきことを告ぐ 林誠司【季語=母の日(夏)】
PAGE TOP