いづくともなき合掌や初御空 中村汀女【季語=初御空(新年)】


いづくともなき合掌や初御空

中村汀女


今日から仕事始めですね。少し早い正月気分の切り上げになりましたが、ご紹介する句は元日の句です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初御空とは、元日の大空のこと。ほかに初空とも言う。「はつみそら」という言葉はなんて美しいのだろう、と声に出すたびに思う。

空を讃える「み」という音の響きがとても好きだが、それは「美」という音にも通じていて、華やいだ美しさを感じさせてくれる。

新しい年の始まりの空と思うと、その空の青も、そしてその空を見上げる人の心も常とは違って見えてくる。

とりわけ雲一つない好天の初御空に恵まれると、それだけであたりにまで淑気が満ちてくる心地だ。

東京の初御空は、たいていが晴れている。

今年もおだやかな晴天だった。幹線道路を往来する車も減るので、空気も心なしかきれいに感じる。

掲句の初御空もこの上なく清らかな青空だったのだろう。

年の始まりの空の清らかさにありがたさが溢れてきて、思わず合掌したのである。

初詣の神社などへの合掌ではなく、空という大きなものへの合掌。

この「いづくともなき」がなんともいい。

頭上に広がる澄んだ空を感じながら、ただ静かに目を閉じて手を合わせている。

今年は感染症拡大防止の自粛により、神社などへの参拝を控えた方も多くいたことだろう。

「いづくともなき合掌」

この心のあり方が、今年はまた違ったかたちで、心に響いている。

日下野由季


【執筆者プロフィール】
日下野由季(ひがの・ゆき)
1977年東京生まれ。「海」編集長。第17回山本健吉評論賞、第42回俳人協会新人賞(第二句集『馥郁』)受賞。著書に句集『祈りの天』『4週間でつくるはじめてのやさしい俳句練習帖』(監修)、『春夏秋冬を楽しむ俳句歳時記』(監修)。


関連記事

サイト内検索はこちら↓

アーカイブ

サイト内検索はこちら↓

ページ上部へ戻る