季語・歳時記

【春の季語】春風

【春の季語=三春(2月〜4月)】春風

春に吹く風。気持ちいい。

基本的には「はるかぜ」と読むが、「しゅんぷう」と漢語的にも読める。


【春風(上五)】
春風にこぼれて赤し歯磨粉 正岡子規
春風に吹かれ心地や温泉の戻り 夏目漱石
春風や闘志いだきて丘に立つ 高浜虚子
春風に吹かれて貨物船の来る 今井杏太郎
春風や掌より跳び出す車蝦 山口昭男
春風や少々サロンパスのにおい 津田このみ
春風に背中ふくらみつつ行けり 森賀まり
春風や弾力で立つ竹箒 津川絵理子
春風が暗渠を出でて黄昏へ  及川真梨子

【春風(中七)】
古稀といふ春風にをる齢かな 富安風生
自分より孤独春風へハロー 中嶋憲武

【春風(下五)】

【ほかの季語と】

【自由律】
春風のどこでも死ねるからだであるく 種田山頭火


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】惜春
  2. 【冬の季語】枯木立
  3. 【夏の季語】金魚
  4. 【冬の季語】寒の内
  5. 【冬の季語】寒
  6. 【夏の季語】涼しい
  7. 【冬の季語】南天の実
  8. 【夏の季語】夏至

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第56回】 白川郷と能村登四郎
  2. 牡丹ていっくに蕪村ずること二三片 加藤郁乎  
  3. 【秋の季語】銀漢
  4. 【#38】山口誓子「汽罐車」連作の学術研究とモンタージュ映画
  5. 同じ事を二本のレール思はざる 阿部青鞋
  6. 三椏の花三三が九三三が九 稲畑汀子【季語=三椏の花(春)】
  7. つぶやきの身に還りくる夜寒かな 須賀一惠【季語=夜寒(秋)】
  8. 【新年の季語】田遊
  9. 冬蟹に尿ればどつと裏返る 只野柯舟【季語=冬蟹(冬)】
  10. 前をゆく私が野分へとむかふ 鴇田智哉【季語=野分(秋)】

Pickup記事

  1. またわたし、またわたしだ、と雀たち 柳本々々
  2. 寒いねと彼は煙草に火を点ける 正木ゆう子【季語=寒い(冬)】
  3. 虎の上に虎乗る春や筥いじり 永田耕衣【季語=春(春)】 
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第69回】山岸由佳
  5. 【秋の季語】秋彼岸
  6. あれは伊予こちらは備後春の風 武田物外【季語=春の風(春)】
  7. 【夏の季語】日傘
  8. 弟へ恋と湯婆ゆづります 攝津幸彦【季語=湯婆(冬)】
  9. 冴返るまだ粗玉の詩句抱き 上田五千石【季語=冴返る(春)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第116回】入沢 仁
PAGE TOP