冬の季語

【冬の季語】雪降る

【冬の季語=初冬〜晩冬(11月〜1月)】雪降る

」が降ること。

「はらり」から「しんしん」まで、さまざま。


【雪降る(上五)】
降る雪や玉のごとくにランプ拭く 飯田龍太
雪降れり時間の束の降るごとく 石田波郷
雪降れり我が生誕のにぎはひに 柿本多映
雪降るとラジオが告げている酒場 清水哲男
雪が降る千人針をご存じか 堀之内千代
降る雪のほのかに青し逢はざる日 日下野由季

【雪降る(中七)】
女体捩れ捩れる雪の降る天は 小川双々子
前略と激しく雪の降りはじむ 嵩 文彦
人の世に雪降る音の加はりし 伊藤玉枝
鳥の目に雪降るはひとつの奇跡 宇多喜代子
呼吸するごとく雪降るヘルシンキ 細谷喨々

【雪降る(下五)】
貧乏は幕末以来雪が降る 京極杞陽
山鳩よみればまはりに雪がふる 高屋窓秋
人も子をなせり天地も雪ふれり 野見山朱鳥
吾子死なす窓雪降れり雪降れり 三谷昭
千枚漬紙漉(す)くほどの雪降れり 角川春樹
泣きながら白鳥打てば雪がふる 松下カロ
地球とは大き鳥かご雪が降る 神野紗希
ライオンの子にはじめての雪降れり 神野紗希


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】七日
  2. 【春の季語】雨水
  3. 【春の季語】ヒヤシンス
  4. 【夏の季語】涼し
  5. 【秋の季語】新蕎麦
  6. 【春の季語】春めく
  7. 【夏の季語】梅雨茸(梅雨菌)
  8. 【冬の季語】浮寝鳥

おすすめ記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」ゴーヤの揚げ浸し
  2. 【新年の季語】松七日
  3. 仕る手に笛もなし古雛 松本たかし【季語=古雛(春)】
  4. 【馬の俳句】
  5. 【冬の季語】冬木
  6. 夏潮のコバルト裂きて快速艇 牛田修嗣【季語=夏潮(夏)】
  7. 風の日や風吹きすさぶ秋刀魚の値 石田波郷【季語=秋刀魚(秋)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第127回】鳥居真里子
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第43回】浅川芳直
  10. 雨聴いて一つ灯に寄る今宵かな 村上鬼城【季語=無月(秋)?】

Pickup記事

  1. こまごまと大河のごとく蟻の列 深見けん二【季語=蟻(夏)】
  2. 略図よく書けて忘年会だより 能村登四郎【季語=暖房(冬)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第46回】 但馬豊岡と京極杞陽
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第123回】大住光汪
  5. こんな本が出た【2021年1月刊行分】
  6. 大年やおのづからなる梁響 芝不器男【季語=大年(冬)】
  7. 【冬の季語】蓮枯る
  8. 日蝕の鴉落ちこむ新樹かな 石田雨圃子【季語=新樹(夏)】
  9. 青葉冷え出土の壺が山雨呼ぶ 河野南畦【季語=青葉冷(夏)】
  10. 白梅や粥の面てを裏切らむ 飯島晴子【季語=白梅(春)】
PAGE TOP