冬の季語

【冬の季語】雪降る

【冬の季語=初冬〜晩冬(11月〜1月)】雪降る

」が降ること。

「はらり」から「しんしん」まで、さまざま。


【雪降る(上五)】
降る雪や玉のごとくにランプ拭く 飯田龍太
雪降れり時間の束の降るごとく 石田波郷
雪降れり我が生誕のにぎはひに 柿本多映
雪降るとラジオが告げている酒場 清水哲男
雪が降る千人針をご存じか 堀之内千代
降る雪のほのかに青し逢はざる日 日下野由季

【雪降る(中七)】
女体捩れ捩れる雪の降る天は 小川双々子
前略と激しく雪の降りはじむ 嵩 文彦
人の世に雪降る音の加はりし 伊藤玉枝
鳥の目に雪降るはひとつの奇跡 宇多喜代子
呼吸するごとく雪降るヘルシンキ 細谷喨々

【雪降る(下五)】
貧乏は幕末以来雪が降る 京極杞陽
山鳩よみればまはりに雪がふる 高屋窓秋
人も子をなせり天地も雪ふれり 野見山朱鳥
吾子死なす窓雪降れり雪降れり 三谷昭
千枚漬紙漉(す)くほどの雪降れり 角川春樹
泣きながら白鳥打てば雪がふる 松下カロ
地球とは大き鳥かご雪が降る 神野紗希
ライオンの子にはじめての雪降れり 神野紗希


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】春の夜
  2. 【夏の季語】夏休(夏休み)
  3. 【春の季語】鰊
  4. 【夏の季語】空蟬/蟬の殻 蟬の抜殻
  5. 【春の季語】早春
  6. 【秋の季語】秋山
  7. 【春の季語】四月馬鹿
  8. 【夢の俳句】

おすすめ記事

  1. 秋櫻子の足あと【最終回】谷岡健彦
  2. 仕る手に笛もなし古雛 松本たかし【季語=古雛(春)】
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」あんずのコンポート
  4. 【冬の季語】蓮根掘
  5. 未婚一生洗ひし足袋の合掌す 寺田京子【季語=足袋(冬)】
  6. 初場所の力士顚倒し顚倒し 三橋敏雄【季語=初場所(新年)】
  7. 【冬の季語】八手の花
  8. コスモスを愛づゆとりとてなきゴルフ 大橋 晄【季語=コスモス(秋)】
  9. 【冬の季語】枯野
  10. 【夏の季語】梅雨

Pickup記事

  1. 【夏の季語】薔薇
  2. 姦通よ夏木のそよぐ夕まぐれ 宇多喜代子【季語=夏木(夏)】
  3. 蝶落ちて大音響の結氷期 富沢赤黄男【季語=結氷期(冬)】
  4. 赤福の餡べつとりと山雪解 波多野爽波【季語=雪解(春)】 
  5. 【秋の季語】鴨渡る
  6. 葛の花来るなと言つたではないか 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】
  7. こまごまと大河のごとく蟻の列 深見けん二【季語=蟻(夏)】
  8. 観音か聖母か岬の南風に立ち 橋本榮治【季語=南風(夏)】
  9. 【冬の季語】聖夜
  10. 秋天に雲一つなき仮病の日 澤田和弥【季語=秋天(秋)】
PAGE TOP