季語・歳時記

【春の季語】うららか

【春の季語=三春(2〜4月)】うららか

柔らかい日差しによって照らされている日のこと。「うらら」とも。

「うらら」は春の季語なので、「春うらら」とは、あまりいわない。

冬のうららは「冬うらら」。秋のうららは「秋うらら」。

「夏うらら」は、ない。


【うららか(上五)】
麗かや松を離るる鳶の笛 川端茅舎
うららかや一度は死にし人ばかり 中川宋淵
うららかや空より青き流れあり 阿部みどり女
うららかや猫にものいふ妻のこゑ 日野草城
うららかや帽子の入る丸い箱 茅根知子

【うららか(中七)】
靴みがきうららかに眠りゐたりけり 室生犀星

【うららか(下五)】

【ほかの季語】
うららかさどこか突抜け年の暮 細見綾子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】白式部
  2. 【冬の季語】襟巻
  3. 【春の季語】囀
  4. 【秋の季語】秋風
  5. 【冬の季語】冬帽
  6. 【冬の季語】冬眠
  7. 【冬の季語】縄跳
  8. 【夏の季語】梅雨明

おすすめ記事

  1. うつとりと人見る奈良の鹿子哉 正岡子規【季語=鹿子(夏)】
  2. 未草ひらく跫音淡々と 飯島晴子【季語=未草(夏)】
  3. 野の落暉八方へ裂け 戰爭か 楠本憲吉
  4. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第6回】
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月11日スタート】
  6. 降る雪や玉のごとくにランプ拭く 飯田蛇笏【季語=雪降る(冬)】
  7. 颱風の去つて玄界灘の月 中村吉右衛門【季語=颱風・月(秋)】
  8. 男衆の聲弾み雪囲ひ解く 入船亭扇辰【季語=雪囲解く(春)】
  9. 後鳥羽院鳥羽院萩で擲りあふ 佐藤りえ【秋の季語=萩(冬)】
  10. 木の中に入れば木の陰秋惜しむ 大西朋【季語=秋惜しむ(秋)】

Pickup記事

  1. もの書けば余白の生まれ秋隣 藤井あかり【季語=秋隣(夏)】
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」カスレ
  3. 海苔あぶる手もとも袖も美しき 瀧井孝作【季語=海苔(春)】
  4. 遠き屋根に日のあたる春惜しみけり 久保田万太郎【季語=春惜しむ(春)】
  5. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#12】愛媛のご当地菓子
  6. とれたてのアスパラガスのやうな彼 山田弘子【季語=アスパラガス(春)】
  7. 【春の季語】旧正
  8. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#10】食事の場面
  9. 牛乳の膜すくふ節季の金返らず 小野田兼子【季語=節季(冬)】
  10. 【冬の季語】凍る
PAGE TOP