季語・歳時記

【秋の季語】迎鐘/六道参 精霊迎

【秋の季語=初秋(8月)】迎鐘/六道参 精霊迎

【解説】盆の行事のひとつ。8月7日から10日まで、京都東山の六道珍皇寺に参詣すること。参詣者は、鐘を撞いて「お精霊(しょらい)さん」を迎え、魂棚を飾る。六道とは、「地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上」のこと。

【関連季語】盂蘭盆会、生身魂、門火、墓参など。

【六道参】
六道詣せむと眉濃く引きにけり  大橋敦子
目が合うて宵の六道参りかな   岡井省二

【迎鐘】
清盛が目をむいてゐる迎鐘    辻 桃子
三人でこどもの撞ける迎鐘    長谷川櫂
曳けとこそ綱一本の迎鐘     井上弘美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】梅雨明
  2. 【春の季語】春の雪
  3. 【冬の季語】霜柱
  4. 【秋の季語】夜長/長き夜(よ) 夜の長し 夜長人 夜長酒
  5. 【夏の季語】黴(かび)/青黴 毛黴 麹黴 黴の宿 黴の香
  6. 【新年の季語】七種(七草)【節句】
  7. 【秋の季語】秋風
  8. 【春の季語】子猫

おすすめ記事

  1. 草も木も人も吹かれてゐて涼し 日下野由季【季語=涼し(夏)】
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月23日配信分】
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年2月分】
  4. 【連載】歳時記のトリセツ(9)/干場達矢さん
  5. 【冬の季語】梅早し
  6. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第7回】
  7. 旗のごとなびく冬日をふと見たり 高浜虚子【季語=冬日(冬)】
  8. 【書評】松本実穂 第1歌集『黒い光』(角川書店、2020年)
  9. 【毛の俳句】
  10. 【冬の季語】冬河原(冬川原)

Pickup記事

  1. 春の言葉おぼえて体おもくなる 小田島渚【季語=春(春)】
  2. 服脱ぎてサンタクロースになるところ 堀切克洋【季語=サンタクロース(冬)】
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年3月分】
  4. 大空に自由謳歌す大花火 浅井聖子【季語=大花火(夏)】
  5. きりん老ゆ日本のうろこ雲食べて 松尾隆信【季語=うろこ雲(秋)】
  6. なく声の大いなるかな汗疹の児 高浜虚子【季語=汗疹(夏)】
  7. 蟷螂の怒りまろびて掃かれけり 田中王城【季語=蟷螂(秋)】
  8. 【冬の季語】十一月
  9. 【春の季語】鶯
  10. 麦秋や光なき海平らけく 上村占魚【季語=麦秋(夏)】
PAGE TOP