冬の季語

【冬の季語】寒晴

【冬の季語=晩冬(1月)】寒晴

太陽暦の1月5日、6日ごろ、「小寒」から「大寒」をへて「節分」までの約30日間は、更に寒さが厳しくなるころなので、「」または「寒の内」と呼ばれるが、そのころのよく晴れた日を「寒晴」と呼ぶ。「冬晴」や「冬日和」よりもさらに温度は低く、空気は乾燥して、はるかまで冴え冴えと澄み渡る感じがある。「寒の晴」「寒日和」とも。


【寒晴(上五)】
寒晴やあはれ舞妓の背の高き 飯島晴子
寒晴の富士寒晴の妻の里 後藤比奈夫
寒晴や海にくひこむ船の影 大林翠
寒晴や後れ毛のなきバレエの子 津川絵理子

【寒晴(中七)】
死を思ひ寒晴半歩下がりけり 生駒大祐

【寒晴(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】霜柱
  2. 【夏の季語】小満
  3. 【春の季語】沈丁花
  4. 【秋の季語】秋の蛇
  5. 【新年の季語】門松
  6. 【新年の季語】松納
  7. 【冬の季語】人参
  8. 【冬の季語】冬の薔薇

おすすめ記事

  1. 父がまづ走つてみたり風車 矢島渚男【季語=風車(春)】
  2. 【冬の季語】蓮根掘る
  3. 【夏の季語】汗/汗ばむ 玉の汗
  4. 【第22回】新しい短歌をさがして/服部崇
  5. 「ワイシャツのアイロンがけをしてほしい」夫に言われた妻の衝撃 片岡絢
  6. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年2月分】
  7. 【春の季語】月朧
  8. 妻のみ恋し紅き蟹などを歎かめや 中村草田男【季語=蟹(夏)】
  9. 春の雪指の炎ゆるを誰に告げむ 河野多希女【季語=春の雪(春)】
  10. 夏場所や新弟子ひとりハワイより 大島民郎【季語=夏場所(夏)】

Pickup記事

  1. 【書評】仙田洋子 第4句集『はばたき』(角川書店、2019年)
  2. にはとりのかたちに春の日のひかり 西原天気【季語=春の日(春)】
  3. 【夏の季語】草ロール
  4. あたゝかに六日年越よき月夜 大場白水郎【季語=六日年越(新年)】
  5. いちまいの水田になりて暮れのこり 長谷川素逝【季語=水田(夏)】
  6. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第5回】2013年有馬記念・オルフェーヴル
  7. 【秋の季語】吾亦紅
  8. 【春の季語】雲雀
  9. 乾草は愚かに揺るる恋か狐か 中村苑子【季語=乾草(夏)】
  10. 【冬の季語】息白し
PAGE TOP