冬の季語

【冬の季語】寒晴

【冬の季語=晩冬(1月)】寒晴

太陽暦の1月5日、6日ごろ、「小寒」から「大寒」をへて「節分」までの約30日間は、更に寒さが厳しくなるころなので、「」または「寒の内」と呼ばれるが、そのころのよく晴れた日を「寒晴」と呼ぶ。「冬晴」や「冬日和」よりもさらに温度は低く、空気は乾燥して、はるかまで冴え冴えと澄み渡る感じがある。「寒の晴」「寒日和」とも。


【寒晴(上五)】
寒晴やあはれ舞妓の背の高き 飯島晴子
寒晴の富士寒晴の妻の里 後藤比奈夫
寒晴や海にくひこむ船の影 大林翠
寒晴や後れ毛のなきバレエの子 津川絵理子

【寒晴(中七)】
死を思ひ寒晴半歩下がりけり 生駒大祐

【寒晴(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】冬蝶
  2. 【春の季語】鴨引く
  3. 【夏の季語】サングラス
  4. 【新年の季語】正月
  5. 【春の季語】朧月
  6. 【冬の季語】鯛焼
  7. 【春の季語】白梅
  8. 【春の季語】日永

おすすめ記事

  1. 【#22】鍛冶屋とセイウチ
  2. 【冬の季語】兎狩
  3. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第10回】
  4. 愛断たむこころ一途に野分中 鷲谷七菜子【季語=野分(秋)】
  5. 【冬の季語】掘炬燵
  6. 【#31】ヴィヴィアン・ウエストウッドとアーガイル柄の服
  7. 死なさじと肩つかまるゝ氷の下 寺田京子【季語=氷(冬)】
  8. 遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子【無季】
  9. 紫陽花のパリーに咲けば巴里の色 星野椿【季語=紫陽花(夏)】
  10. 日が照つて厩出し前の草のいろ 鷲谷七菜子【季語=厩出し(春)】

Pickup記事

  1. 東風吹かば吾をきちんと口説きみよ 如月真菜【季語=東風(春)】
  2. 【秋の季語】野菊
  3. 【書評】相子智恵 第1句集『呼応』(左右社、2021年)
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第68回】堀田季何
  5. 【秋の季語】檸檬
  6. 【秋の季語】鴨渡る
  7. 九月の教室蟬がじーんと別れにくる 穴井太【季語=九月(秋)】
  8. 夏場所の終はるころ家建つらしい 堀下翔【季語=夏場所(夏)】
  9. 【秋の季語】虫籠/むしご
  10. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#10】食事の場面
PAGE TOP