冬の季語

【冬の季語】冬至

【冬の季語=仲冬(12月)】冬至

新暦の12月21日、22日ごろ。

1年のうちで太陽高度(太陽の位置)が最も低くなる日であり、北半球では1年間で日の出から日没までの日中が最も短くなる日。

二十四節気で「大雪」と「小寒」の中間。

冬至を意味する「一陽来復」は、悪いことが続いたのちに幸運に向かうこと、陰気が極まったのちに冬至を境に陽気に向かうことを意味する。

冬至の風習としては、「柚子湯」に入ったり、「南瓜」を炊いたり、「小豆粥」を食べたりする、というものがある。

このうち「小豆粥」は俳句では主に「小正月(陰暦正月十五日)の朝に炊かれる小豆粥のこと」を指し、新年の季語となっている。冬至の日に食べる粥は「冬至粥」として用いるほうが、誤解が少ないか。


【冬至(上五)】

冬至といふ底抜けに明るい日 能村登四郎

【冬至(中七)】
日は午後に冬至の空のさゝ濁り 石塚友二
ポストに手さし入れ冬至の日が低し 波多野爽波

【冬至(下五)】
山国の虚空日わたる冬至かな 飯田蛇笏
天皇家の漫画たのしき冬至の夜  長谷川かな女
檜葉の根に赤き日のさす冬至哉 渡辺白泉
藁しべも円周率も冬至かな 橋閒石
立ちどまり顔を上げたる冬至かな 草間時彦
定年の人に会ひたる冬至かな 高橋順子
いつの間にうしろ暮れゐし冬至かな 角川春樹
地球儀の海に日の差す冬至かな 広渡敬雄
シンバルの黒ずんでゐる冬至かな 江渡華子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】涼しい
  2. 【春の季語】旧正月
  3. 【夏の季語】砂日傘/ビーチパラソル 浜日傘
  4. 【春の季語】雛飾(雛飾り)
  5. 【春の季語】引鴨
  6. 【春の季語】初花
  7. 【冬の季語】蓮根掘
  8. 【冬の季語】咳

おすすめ記事

  1. 軽き咳して夏葱の刻を過ぐ 飯島晴子【季語=夏葱(夏)】
  2. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第7回】
  3. 【冬の季語】寒い
  4. 【春の季語】浅蜊
  5. 【連載】新しい短歌をさがして【13】服部崇
  6. 【新年の季語】歌留多会
  7. 背広来る来るジンギスカンを食べに来る 橋本喜夫【季語=ジンギスカン(秋)】 
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第98回】森羽久衣
  9. 姦通よ夏木のそよぐ夕まぐれ 宇多喜代子【季語=夏木(夏)】
  10. 鳥の恋漣の生れ続けたる 中田尚子【季語=鳥の恋(春)】

Pickup記事

  1. 麦秋や光なき海平らけく 上村占魚【季語=麦秋(夏)】
  2. 【連載】久留島元のオバケハイク【第2回】「桂男」
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第35回】英彦山と杉田久女
  4. ヨコハマへリバプールから渡り鳥 上野犀行【季語=渡り鳥(秋)】
  5. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第8回】
  6. 柊を幸多かれと飾りけり 夏目漱石【季語=クリスマス(冬)】
  7. 天女より人女がよけれ吾亦紅 森澄雄【季語=吾亦紅(秋)】
  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【6月11日配信分】
  9. 鷹鳩と化して大いに恋をせよ 仙田洋子【季語=鷹鳩と化す(春)】
  10. 【冬の季語】冬至
PAGE TOP