季語・歳時記

【春の季語】鳥曇

【春の季語=仲春(3月)】鳥曇

秋に日本に渡ってきた「雁」や「鴨」や「白鳥」などの冬鳥が、北の繁殖地に帰っていく頃の曇った天候のこと。七十二候でいうと「玄鳥至」に、「鴻雁北」がつづく。

帰る雁にちがふ雲路のつばくらめこまかにこれや書ける玉章   西行

燕と交代するようにして北方に帰っていく鳥の代表は、かりがねである。新古今に〈古里に帰る雁がねさ夜ふけて 雲路にまよふ声聞こゆなり〉が見えるように、渡り鳥は敵に見つからないよう、あえて雲にまぎれるように帰っていく。

そのような様子を「鳥雲に入る」(長いのでしばしば略して「鳥雲に」)という季語で言い表す。


【鳥曇(上五)】
鳥曇ニツポニアニツポン生きゐて絶ゆ 三橋敏雄
鳥曇漂着物みな懐かしき 宇多喜代子
鳥曇り口シア寺院を出でし火夫 攝津幸彦

【鳥曇(中七)】

【鳥曇(下五)】
また職をさがさねばならず鳥ぐもり 安住敦
供花さげて母が遅るる鳥曇 古賀まり子
気休めにひもどく一書鳥曇 宇多喜代子 
アイロンは汽船のかたち鳥曇 角谷昌子
嚙み合はぬ鞄のチャック鳥曇 山田牧


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】梅雨茸(梅雨菌)
  2. 【冬の季語】聖夜劇
  3. 【冬の季語】冬日和
  4. 【冬の季語】枇杷の花
  5. 【秋の季語】秋彼岸
  6. 【春の季語】雛
  7. 【冬の季語】日向ぼっこ
  8. 【秋の季語】葛の花

おすすめ記事

  1. 金閣をにらむ裸の翁かな 大木あまり【季語=裸(夏)】
  2. きつかけはハンカチ借りしだけのこと 須佐薫子【季語=ハンカチ(夏)】
  3. ひまわりと俺たちなんだか美男子なり 谷佳紀【季語=ひまわり(夏)】
  4. 夕づつにまつ毛澄みゆく冬よ来よ 千代田葛彦【季語=冬隣(秋)】
  5. 落椿とはとつぜんに華やげる 稲畑汀子【季語=落椿(春)】
  6. 宝くじ熊が二階に来る確率 岡野泰輔【季語=熊(冬)】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第54回】倉田有希
  8. 恋ふたつ レモンはうまく切れません 松本恭子【季語=レモン(秋)】
  9. 三角形の 黒の物体の 裏側の雨 富沢赤黄男
  10. 山又山山桜又山桜 阿波野青畝【季語=山桜(春)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第58回】守屋明俊
  2. 泉に手浸し言葉の湧くを待つ 大串章【季語=泉(夏)】
  3. 【秋の季語】立秋
  4. 【秋の季語】運動会
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月2日配信分】
  6. 【冬の季語】待春
  7. 蝦夷に生まれ金木犀の香を知らず 青山酔鳴【季語=金木犀(秋)】 
  8. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【19】/鈴木淳子(「銀漢」同人)
  9. シゴハイ【第2回】青柳飛(会議通訳)
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第127回】鳥居真里子
PAGE TOP