季語・歳時記

【春の季語】鳥曇

【春の季語=仲春(3月)】鳥曇

秋に日本に渡ってきた「雁」や「鴨」や「白鳥」などの冬鳥が、北の繁殖地に帰っていく頃の曇った天候のこと。七十二候でいうと「玄鳥至」に、「鴻雁北」がつづく。

帰る雁にちがふ雲路のつばくらめこまかにこれや書ける玉章   西行

燕と交代するようにして北方に帰っていく鳥の代表は、かりがねである。新古今に〈古里に帰る雁がねさ夜ふけて 雲路にまよふ声聞こゆなり〉が見えるように、渡り鳥は敵に見つからないよう、あえて雲にまぎれるように帰っていく。

そのような様子を「鳥雲に入る」(長いのでしばしば略して「鳥雲に」)という季語で言い表す。


【鳥曇(上五)】
鳥曇ニツポニアニツポン生きゐて絶ゆ 三橋敏雄
鳥曇漂着物みな懐かしき 宇多喜代子
鳥曇り口シア寺院を出でし火夫 攝津幸彦

【鳥曇(中七)】

【鳥曇(下五)】
また職をさがさねばならず鳥ぐもり 安住敦
供花さげて母が遅るる鳥曇 古賀まり子
気休めにひもどく一書鳥曇 宇多喜代子 
アイロンは汽船のかたち鳥曇 角谷昌子
嚙み合はぬ鞄のチャック鳥曇 山田牧


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】和蘭陀獅子頭
  2. 【春の季語】旧正月
  3. 【新年の季語】初夢
  4. 【秋の季語】終戦記念日/終戦日 終戦の日 敗戦日 敗戦忌 八月十…
  5. 【新年の季語】どんど焼
  6. 【秋の季語】草の花
  7. 【冬の季語】冬薔薇
  8. 【冬の季語】雪達磨

おすすめ記事

  1. いつの間に昼の月出て冬の空 内藤鳴雪【季語=冬の空(冬)】
  2. 日が照つて厩出し前の草のいろ 鷲谷七菜子【季語=厩出し(春)】
  3. 秋草の揺れの移れる体かな 涼野海音【季語=秋草(秋)】
  4. 【新年の季語】去年今年
  5. 肉声をこしらへてゐる秋の隕石 飯島晴子【季語=秋(秋)】
  6. ひそひそと四万六千日の猫 菊田一平【季語=四万六千日(夏)】
  7. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年12月分】
  8. 春や昔十五万石の城下哉 正岡子規【季語=春(春)】
  9. 寒いねと彼は煙草に火を点ける 正木ゆう子【季語=寒い(冬)】
  10. 【春の季語】桜蘂降る

Pickup記事

  1. 「けふの難読俳句」【第1回】「直会」
  2. 1 名前:名無しさん@手と足をもいだ丸太にして返し  湊圭伍
  3. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第3回】
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月10日配信分】
  5. こんな本が出た【2021年2月刊行分】
  6. 五十なほ待つ心あり髪洗ふ 大石悦子【季語=髪洗ふ(夏)】
  7. 【秋の季語】臭木の花/花臭木 常山木の花
  8. 手袋を出て母の手となりにけり 仲寒蟬【季語=手袋(冬)】
  9. 新蕎麦のそば湯を棒のごとく注ぎ 鷹羽狩行【季語=新蕎麦(秋)】
  10. 白鳥の花の身又の日はありや 成田千空【季語=白鳥(冬)】
PAGE TOP