夏の季語

【夏の季語】桐の花

【夏の季語=三夏(5月〜7月)】桐の花

【ミニ解説】

桐は、ノウゼンカズラ科のキリ属に分類される広葉樹。

奈良時代から平安時代にかけて中国から日本に伝えられた。

春から初夏にかけて釣鐘型をした薄い紫色の上品な花を枝先に咲かせる。

季語としては「花桐」「桐咲く」としても使う。

「桐の実」は秋の季語。


【桐の花(上五)】
桐の花湯上りの子は栗のように 古沢太穂
桐の花ひびくものみな地に沈む 桂信子
桐の花姦淫の眼を外らしをり 上田五千石
桐の花わが老いしこと母知らず 伊藤政美
桐の花遠くばかりがよく見えて 鹿野佳子
桐の花会ひたき人のみな来る日 西村麒麟

【桐の花(中七)】
もし呼んでよいなら桐の花を呼ぶ 高梨章
捨猫や桐の花ふる生垣に 樫本由貴

【桐の花(下五)】
天領の境にさくや桐の花 河東碧梧桐
癌病めばものみな遠し桐の花 山口草堂
校長のかはるうわさや桐の花 久保田万太郎
電車いままつしぐらなり桐の花 星野立子
誕生日午前十時の桐の花 平井照敏
いつも誰か杖休めをり桐の花 古賀まり子
日光に底力つく桐の花 飯島晴子
はろかなるものに昨日と桐の花 岡本眸
なつかしき遠さに雨の桐の花 行方克巳
山々に麓ありけり桐の花 小島健
青空の名残のやうな桐の花 岩淵喜代子
自転車に乗ればひとりや桐の花 森賀まり
逢はぬ間に逢へなくなりぬ桐の花 中西夕紀


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】左義長
  2. 【冬の季語】寒
  3. 【春の季語】啓蟄
  4. 【秋の季語】茸(菌)
  5. 【秋の季語】秋刀魚
  6. 【夏の季語】泰山木の花
  7. 【春の季語】四月馬鹿
  8. 【新年の季語】松飾る

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】コレラ/コレラ船
  2. 【冬の季語】花八手
  3. こすれあく蓋もガラスの梅雨曇 上田信治【季語=梅雨曇(夏)】
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年4月分】
  5. 【冬の季語】年惜む
  6. ストーブに判をもらひに来て待てる 粟津松彩子【季語=ストーブ(冬)】
  7. 永遠とポップコーンと冬銀河 神野紗希【季語=冬銀河(冬)】
  8. 【冬の季語】冬うらら
  9. 【春の季語】雛
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第30回】暗峠と橋閒石

Pickup記事

  1. 朝貌や惚れた女も二三日 夏目漱石【季語=朝貌(秋)】
  2. 帰農記にうかと木の芽の黄を忘ず 細谷源二【季語=木の芽(春)】
  3. 台風や四肢いきいきと雨合羽 草間時彦【季語=台風(秋)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第85回】土肥あき子
  5. 金閣をにらむ裸の翁かな 大木あまり【季語=裸(夏)】
  6. もち古りし夫婦の箸や冷奴 久保田万太郎【季語=冷奴(夏)】
  7. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月20日配信分】
  8. 湯の中にパスタのひらく花曇 森賀まり【季語=花曇(春)】
  9. 「野崎海芋のたべる歳時記」アボカドと蟹のムース
  10. 春の水とは濡れてゐるみづのこと 長谷川櫂【季語=春の水(春)】
PAGE TOP